サーバント・リーダーシップ研修

Servant Leadership

HOME >サーバントリーダーシップ研修
サーバント・リーダーシップ研修の画像

サーバント・リーダーシップの本の画像 サーバント・リーダーシップとは、AT&Tマネジメント研究センター(米国)の所長を務めたロバート・K・グリーンリーフが、1970年代に提唱したリーダーシップに関する考え方です。

 サーバント・リーダーシップは、米国にてそれまで主流であった、「有能さ」や「力強さ」を前面に押し出すカリスマ型リーダーシップ論とは対照的であり、リーダーが部下などフォロワーに「尽くす」「奉仕する」スタンスをとります。

 リーダーシップとは、他者に「影響力」を及ぼし人を巻き込み、ビジョンや目標を達成していく力です。「有能さ」「力強さ」は「影響力」の一形態ですが、「奉仕する」というスタンスを「影響力」の源泉としてチームを導き、リーダーシップを発揮することもできます。従来あったリーダーシップ論とは一線を画すリーダーシップの哲学として、サーバント・リーダーシップは日本企業の組織において注目されています。

サーバント・リーダーシップの本の画像 管理職(リーダー)研修のプログラムにおいて、「サーバント・リーダーシップ」について解説すると、研修最後の「ふりかえり」の時間や研修受講後のアンケートの中で、「サーバント・リーダーシップ」についてふれる人たちが多くいます。

 「自分は強気な性格タイプではないので、強いリーダーシップの発揮を経営陣から求められ悩んでいました。ですが、サーバント・リーダーシップの考え方を聞いて楽になれました。これで、自分なりのリーダーシップ・スタイルを貫けそうです」(管理職 30代)

 この感想にみられるように日本企業の組織において「強いリーダーシップ」が求められることは、今も昔も変わりません。「管理職になりたいか?」という質問に対して、男女あわせて75.2%もの人が「管理職になりたくない」と回答している調査結果が、『日本経済新聞』(2015.1/5)に掲載されていました。

 女性だけに絞ると、8割弱もの人が、「管理職になりたくない」と答えています。

 管理職になりたくない要因は様々ですが、働く人たちの思い浮かべるイメージとして、従来型の「強くて有能な上司像」や「カリスマ型リーダーシップ」が根強く残り、「管理職になったら強いリーダーにならなければいけない」という精神的なプレッシャーが管理職への出世を拒否する理由として考えられます。

 「尽くす」「奉仕」を基本スタンスとするサーバント・リーダーシップの考え方は、強いリーダーシップの発揮に自信をもてないリーダーたちにとって、上司(リーダー)像のパラダイム・シフトがおきます。その結果として、上記の感想にあったように、自分なりのリーダーシップを追及し、リーダーとしての自信を高めることができます。サーバント・リーダーシップの本の画像

 「管理職になりたくない社員」が増加する時代にあって、また、西洋諸国に比べ「女性の管理職登用」が大幅に遅れ、それが日本企業の喫緊の課題となっている今、サーバント・リーダーシップの考え方を知りながら、魅力にあふれる新たな上司(管理職)像を構築していくことが、日本企業に求められています。

サーバント・リーダーシップ研修の画像


○Goal1:サーバント・リーダーのマインドセットの獲得

米国におけるサーバント・リーダーシップの発信基地である「グリーンリーフ・センター」のラリー・スピーアーズ所長は、サーバント・リーダーの10の特性をあげました。「01傾聴」「02共感」「03癒し」が並ぶ、この10の項目を知るだけでも、従来型の「強いリーダー論」との違いを知ることができます。

 先頭に立ってぐいぐい力強く引っ張るリーダー論ではなく、10の特性を理解しながら、「奉仕」「尽くす」というサーバント型リーダーならではのマインドセット(思考様式・心構え)を身に付けます。


○Goal2:自分への気づき(Self-Awareness)

 サーバント・リーダーシップでは、「04気づきAwareness」を大切にします。フォロワー(部下)へ尽くそうとするリーダーは、自分の「強み」に気づいています。その上で、他者にも「強み」のあることを理解し、その「強み」を引きだし活かそうとします。自己への気づき(Self-Awareness)を深めることは、自己承認を促し、他者に奉仕しようとする心を余裕を生み出します。

 本サーバント・リーダーシップ研修では、心理テスト「エゴグラム」を用いて自己分析をし、他者と対話するなどワークを通して「自分への気づき」(Self-Awareness)を深めていきます。


○Goal3:スキルの獲得(アクティブ・リスニング&コーチング)

地位や権限を利用して指示命令に終始するマネジメント過多のリーダー・スタイルに慣れたリーダーたちにとって、「黙って人の話を聞くアクティブ・リスニング」のワークは、新鮮な体験となり日頃のリーダーシップ・スタイルに気づきをもたらします。

 本研修では、サーバント・リーダーシップを実践するスキルとして「アクティブ・リスニング」と「コーチング」についてベーシックな知識と技術を習得するために、ロールプレイを行いそのトレーニングを行います。


サーバント・リーダーシップの本の画像◆対象者:新任管理職や部課長   
◆人 数:制限なし   
◆時 間:7時間   
◆研修費:216,000円(税込み)    
※エゴグラム質問紙&解説資料の人数分代金は別途。   

《タイム・スケジュール》

・09:30-10:00 講師自己紹介、研修のねらい、アイスブレイク(30分)

・10:00-10:50 サーバント・リーダーシップ概論(50分)

 サーバント・リーダーシップの理論や事例などについてお話しします。

・11:00-12:00 心理検査エゴグラムの実施/集計/解説(60分)

エゴグラムを実施し自己の性格を把握した上で、5つの心の機能について解説し人の性格における心理学的な知識を身につけ、自己の「強み」を把握します。

・12:00-13:00 昼食/休憩(60分)

・13:00-13:40 「気づき(Self-Awareness)のワーク」(40分)

 エゴグラムからわかった自己の「強み」を、「1対1」でプレゼンし合う。相手をかえて3回繰り返す。グループに戻り、気づきをシェアする。

・13:40-14:00 「アクティブ・リスニング」理論の講義(20分)

・14:10-14:50 「アクティブ・リスニング」のロールプレイ(40分

 傾聴スキルの基本である「無条件の受容」「共感」「自己一致」を「1対1」の対話を通して体験し、アクティブ・リスニングの基本スキルを習得する。

・15:00-15:20 「コーチング」理論の講義(20分)

・15:20-15:50 「コーチング」のロールプレイ(30分)

「閉じた質問」「開かれた質問」などコーチングの基本的なスキルを屈指しながら、コーチングを「する側」「される側」の双方を体験しコーチングを実践できるスキルを習得する。

・16:00-16:20 サーバント・リーダーシップから学んだ「マインドセット」作成(20分)

・16:20-16:40 サーバント型リーダーの「マインドセット」について個人発表(20分)

・16:40-17:10 ディスカッション&グループ発表

サーバント・リーダーシップで「大切にしたいひとつのコト」をディスカッションし、ひとつに絞りグループの意見として全員の前で発表する(30分)

・17:10-17:30 質疑応答、総括(20分)

【リーダー研修・講演実績】
 杉並区役所/トリンプ・インターナショナル・ジャパン/楽天/カブドットコム証券/市光工業/ヒロセ/経済人コー円卓会議事務局/三鱗印刷/東京商工会議所 / 国立大学(管理職職員向け) / 財団法人海外産業人材育成協会(ベトナム人経営者対象)/三井住建道路 / 大成ロテック /コープ静岡/茨城県信用組合 ほか多数

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com