ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2019バックナンバー > 【40通目】
書籍『君が生きる意味 人生を劇的に変えるフランクルの教え』(ダイヤモンド社)の案内画像

40通目《心の成長2》成人発達理論!

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

       《心の成長2》
      19.04.25【40通目】
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 ハナミズキ 通りを彩り 二度見する

いかがお過ごしでしょうか?

2019年の卯月(4月)も終盤となっています。

東京は桜が終わり、ハナミズキの出番です。

今年は桜が長い間、咲いていました。
我が家の近所では、かなり葉桜になっていますが、
まだ花をつけているソメイヨシノもあります。

桜前線は北上し、
北国は今、満開のところもあれば、
北海道はきっとこれからですね!

GWに北海道に行った時、桜を見た記憶があります。

GWといえば今年は10連休!

お休みのご予定はいかがでしょうか。

そして、GWの真っ只中で、いよいよ元号が変わります!

またひとつ大きな時代の区切りです!

私が小学生の時、先生が言っていたのを記憶しています。

「君たちは運がよければ、3つの時代を生きることになる」

その時は、「そうなのかな~」ぐらいで、
まったく現実味はありませんでした。

あれから40年近くの時が流れ、先生の予言が的中するとは!

このメルマガも平成最後のお届けです!

~~~

さて、前々通の「38通目」では、

『リーダーシップに出会う瞬間 成人発達理論による自己成長のプロセス』
(著)有冬 典子   (監修・解説)加藤 洋平 
日本能率協会マネジメントセンター
http://www.amazon.co.jp/dp/4820731637/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

この本を紹介しながら論を進めました!

「成人発達理論」について「つづき」としておきながら、
前通では、季節もの企画で「新入社員に贈る言葉」を優先してしまったので、
本通で「成人発達理論」について、述べていきます。

【38通目】をお読みでない方は、お手数ですが、バックナンバーをご覧ください。
 ↓↓↓
http://www.earthship-c.com/melmaga108/2019/190228.html

【成人発達理論とは?】────────────

「成人発達理論」は、「発達心理学」のひとつであり、

「成人以降の知性発達理論」
「成人以降の意識発達理論」

とも呼ばれています。

大人になってからの「心の発達」を研究し
理論化したものが「成人発達理論」です。

人の発達における心理学的研究といえば、なんといっても
赤ちゃんから幼児となり、そして青年期を経てゆく
人間の成長の著しい段階のものが有名です。

その段階は、数多くの学者が研究しています。

ですので、成人以降、つまり大人になってからの
「心の発達」については、研究が手薄だったのです。

1980年代以前ですと、
「大人になってから心は成長しない」
と言い切る心理学者もいたそうです。

その断定的意見を覆していったのが、
ハーバード大の成人発達論の世界的権威ローバート・キーガン氏です。

「成人発達理論」は、現在、人材育成の新潮流として注目されています。

FBI(連邦捜査局)やCIA(中央情報局)が、
人事評価や人材育成の場面で活用しているとのこと…。

「成人発達理論」の日本での第一人者は、加藤洋平氏です。

加藤氏はロバート・キーガンの下で学んでおり、
現在はオランダの大学で教鞭を執っています。

「成人発達理論」を対話形式でわかりやすく解説している
加藤氏の本があります。
 ↓↓↓ 
『なぜ部下とうまくいかないのか』
(日本能率協会マネジメントセンター)
http://www.amazon.co.jp/dp/4820719459/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

『リーダーシップに出会う瞬間』は、女性が主人公ですが、
『なぜ部下とうまくいかないのか』は、妻と二人の子供のいる、
45歳中間管理職(課長)の男性「山口光」が主役です。

大手製造企業で、順調にキャリアを積み重ねてきた。
だが、毎年、春に行われる人事評価は、期待を大きく下回るものだった。
部長から指摘されたのは次の2点。

1)「部下とのコミュニケーション能力の向上」
2)「人間としてのさらなる成長」

1)のコミュニケーション能力については、
「言うは易し、行うは難し」だなと思い、
2)の「人間としてのさらなる成長」に至っては、
あまりに指摘が抽象的で、じゃあ、どうすればいいのかわからない。

山口課長は、頭を痛めます。

そんな鬱々としている折に、立ち寄ったワインバーで、
「成人発達理論」に精通しコーチングを行える
人材開発コンサルタントの室積に出会います。

山口課長は室積のコーチングを受けることとなり、
鬱々とした状況を乗り越えてゆくのです。

~~~

「成人発達論」では、発達の5段階が想定されています。

【成人発達理論の5段階】──────────

【発達段階1】 具体的思考段階

【発達段階2】 道具主義的段階(利己的段階)

【発達段階3】 他者依存段階(慣習的段階)

【発達段階4】 自己主導段階

【発達段階5】 自己変容・相互発達段階

───────────────────────

【1】具体的思考段階

は、成人以前の子どもの段階です。
「具体的」の反対は「抽象的」ですね。

抽象的思考といえば、

「人はなぜ生きるのか?」
「なぜ私たちは働くのか?」
「人生の意味とは何か?」

など、哲学的な思考がその代表例です。
子どもがこうした抽象的な概念を扱うのは困難です。

「おもちゃが欲しい」
「勉強したくない」
「お腹が空いた、ご飯が食べたい」

など、より現実的、具体的なことを考えがちです。
よって、子どもの段階は、具体的思考段階と呼ばれます。

───────────────────────

【2】道具主義的段階(利己的段階)

は、自己中心的な意識の強い段階です。
自分の欲を満たすことに囚われていて、
他人を道具のように扱うことがあります。

そのため道具主義的段階と言われます。

───────────────────────

【3】他者依存段階(慣習的段階)

は、意思決定の基準が組織や他者に依存している段階です。

自分なりの確固とした考え方がなく、
他人の言うことに流されやすいのが特徴です。

ちなみに、慣習的段階の「慣習」を、辞書でひくとこうあります。

「ある社会で歴史的に成立・発達し、一般に認められている、
 伝統的な行動様式。ある社会一般に通ずるならわし。」

例えば、会社(組織)の「慣習」を
思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

会社の慣習とは、会社の決まりごとや常識のことです。

他者依存段階(慣習的段階)にある人は、
その会社(組織)に根付く常識に従おうとする傾向が強くあります。

───────────────────────

【4】自己主導段階

は、他者依存段階をくぐり抜けて、
自分の意見を持ち自律的に行動できる意識段階です。

自分で考え自分の意見を持ち自ら動く人です。
自分なりの行動基準を自ら創り出せる段階です。

自己成長することに強い意欲を持ち、
自分を自分で主導する
セルフ・リーダーシップを発揮できる人材といえます。

会社の常識がもし世間とずれていたら、

「それはおかしい」

と意見を言うことができ、会社の慣習をぶっ壊して、
正しい常識を組織に創り出そうとする。

そんな創造的破壊をできるのは、自己主導段階に到達した人です。

───────────────────────

【5】自己変容・相互発達段階

は、自分の価値観に固執することなく、
他人との関わりのなかで、多様な価値観を受け入れながら
自己変容を遂げていく意識段階です。

【4】自己主導段階で構築した
自分なりの意見を捨て、壊すことを厭わず、
常に自身の価値観や行動指針をバージョンアップさせます。

そして、自己成長ではなく、他者を成長させることに
強い関心を持つようようになるのです。

それは、他者が発達をとげてゆくことによってこそ、
自分も発達できるという
相互発達のメンタリティーを持っているからです。

───────────────────────

以上、あくまで簡単にですが、
成人発達理論で想定されている5つの発達段階について述べました。

詳しくは、ぜひ、加藤洋平氏の著を読んでみてください。

~~~

私はリーダー研修で、(プログラム次第なのですが)
「成人発達理論」について触れることがあります。

この知識が有用だと思うのは、
人間の成長に関する指針が明確に理解できるからです。

山口課長のような人事評価を受けて、
首を傾げたり、頭を痛めたミドルマネジャーは多くいます。

☆「人間としてのさらなる成長」

と言われても、まあ言葉はわかるけど、
もっと具体的に、どういったことなんだ?と…。

この疑問に対する答えが「成人発達理論」にあるのです。

~~~

年齢を重ねたからといって、
必ず発達段階5に至るわけではありません。

20代で自分の意見をしっかり持っている人もいれば、
40代、50代になっても、子どもみたいに自己中心的な人はいます。

【発達段階2】利己的段階で「心の成長」がとまってしまっているのです。

こうした話しを研修ですると、受講者の表情に一瞬、変化が見られます。

「なるほど!」とうなずく人もいれば、
「なんだそれは!」と、あからさまに不快な顔をみせる人もいます。

不快な顔を見せる人は、もしかすると、何か自分に心当たりがあって、
防衛心理が働き、怒りで自分を守ろうとしたのかもしれません。

怒って守ってばかりでは、人間としての成長はありません。
チームを疲弊させ、組織に迷惑をかけてしまいます。

自分の「心の動き」に無自覚になるのではなく、

「あっ、自分は今、不快に感じたな、なぜだろう?」

と、自分の感情を客観的にとらえようと意識的になることが、
大人の心を発達させていきます。

成長痛という言葉がある通り、時に、それには痛みが伴います。

守っていたものを手放すのは辛いことです。
同じ段階に居続けたほうが楽です。

でも、淀んだ水がやがて濁るように、
同じ段階に居続けては硬直化して
心の視野の極めて狭い人間になってしまいます。

40歳になっても、50歳になっても、60歳になっても、
向かうべき次の段階があると知っていることは、
それだけでも、心に恩寵をもたらすのです。

「成人発達理論」の世界的権威ロバート・キーガンはこう書いています。

───────────────────────

「どうすれば、人々が成長するための最良の土壌をつくり出せるのか?」

と自問するリーダーは、成功に最も近づける。

人が新しいチャンスを活用したり、新しい試練に対処したりするためには、
未来の新しい可能性に合わせて成長することが不可欠だ。

『なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己変革の理論と実践』
(ローバート・キーガンほか 訳池村千秋 英知出版)p24
───────────────────────
http://www.amazon.co.jp/dp/4862761542/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

~~~

平成という時代が終わろうとしてます。

あと5日ほどで幕を下ろします。

時代の大きな節目です。

平成から令和へ。

時代が次の段階へと進んでいくように、
私たちも「心の成長」を遂げて
令なる自己(よい自分)となって
それぞれの与えらた場所で、
世界に誇れる「和」のある場をつくり出したいものです!

新たな時代が幕を開けます!

新たな自己成長段階へ向かう幕開けの時です!

~~~

本日は、これにて。

さあ、10連休がやってきます!
どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
残りわずかの平成が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい時間で満たされることを心からをお祈りしています。

   令和になっても!
    
 「元氣・勇氣・やる氣」で!

      (^人^)        
 

                 敬具

平成三十一年四月二十五日

              松山 淳より 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆自問自答◆

1)私は、人としての成長に意識的になっているだろうか?

2)私は、他人の成長にも日頃から意欲的になれているだろうか?

3)私は、令和という新たな時代でどんな未来を築きたいだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆追伸◆

「令和」と、聞いて、どうでしたか?

「令」は、「命令」「律令」という漢字で使われるので、
最初、私はちょっと堅苦しいなと感じました。

でも、「令」に、

「令月」(めでたい月)
「令名」(よい評判)

といった熟語があり、
「よい」「すぐれている」という意味があると知り、
なかなかいいかな、今は思えています!

令和に、

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」

そんな思いを込めたとか…。

英語では、

「Beautiful Harmony」(美しい調和)

という言葉で、諸外国に説明したそうですね。

時代が美しい調和を奏でるためには、そして、
人々が美しい心を寄せ合うためには、
なんといっても人の「美しい心」が大切でしょう!

「令和」に「令心」ですね!

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』8,032いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────

 リーダーへ元気・勇気・やる気を贈り続け15年。本メルマガ購読をご希望の方は、下記のフォームよりご登録ください。配信は月1回程度です!

■ 『リーダーへ贈る108通の手紙』登録・解除フォーム

ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。


2011年からスタートし8年目に突入!いいね数(読者登録数)8,000人突破!
Facebookページ『リーダーへ贈る人生が輝く言葉』を運営しています。
1年365日、1日ひとつ。気持ちが前向きになり元気になれる言葉をUPしています!
部下に贈る言葉としてリーダー(上司)の皆さんが、日々、活用しています!


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4

e-mail:j@earthship-c.com