ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2018バックナンバー > 【36通目】
書籍『君が生きる意味 人生を劇的に変えるフランクルの教え』(ダイヤモンド社)の案内画像

36通目《未来の可能性》ディケンズの『クリスマスキャロル』に学ぶ!

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

      《未来の可能性》
      18.12.25【36通目】
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 チキンにケーキ 平凡で素敵なクリスマス 

いかがお過ごしでしょうか?

2018年も、いよいよ年の瀬となり、終わりが近づいています。

今日はクリスマスですね!

昨日、イブはいかがでしたでしょうか?

我が家は相変わらずで、
家族で食卓を囲み、チキンとクリスマスケーキを食べながら、
テレビから流れるクリスマスソングに耳を傾け、
なんとも平凡なとても素敵なクリスマス・イブを過ごしました。

今日、クリスマスが終わると、街は一気に年末年始モードです。

それは、1年を振り返るにふさわしい時間でもあります!

あなたにとって、2018年は、どんな年だったでしょうか?

2018年、年の瀬。

1年を、ゆっくりじっくりふりかえり、
新たな年、2019年に素敵なバトンを渡しましょう!

~~~

さて、クリスマスの雰囲気が街にあふれる先週、私にとって、
とても嬉しい少し早めのクリスマス・プレゼントが届きました。

今年7月に出版した『君が生きる意味』(ダイヤモンド社)ですが、
その拙著に、台湾と中国での出版オファーが来たのです。

このまま順調にいけば、
台湾と中国の人たちに『君が生きる意味』を
その国の言葉で読んでもらうことになります。

細かな契約関係は、ダイヤモンド社の編集担当の方に
お任せすることになります。

これから、台湾と中国の出版社で、本づくりが始まります。
どのような本になるかは、私はタッチせずで、もう、完全にお任せです。

とにかく嬉しかったのは、『君が生きる意味』を評価してもらえたことです。
海外出版に値しなければ、出版オファーはないけわけです。

編集の方から、オフォーの関連書類を見せてもらったのですが、
その内容を高く評価する言葉を見ることができました。

~~~

小さいおじさんが登場して、楽しくフランクル心理学のエッセンスを語る。

そのアイディアは、ある出版社で一度、NGになっています。

NGの連絡をもらった時、

「これはダメかな…」

と、お蔵入りを覚悟し、気落ちしました。

ですが、めげずに縁をたぐりよせ、ダイヤモンド社で企画が通り、
そして今年、本になり、2018年の師走、海外からオファーが来ました。

まさかの出来事です!

もし、あの時、あきらめてしまっていたら…。

台湾で、中国で、『君が生きる意味』の発売チャンスを
もらうことはありませんでした。

それは、まさにフランクルの言う通りでした。

フランクル心理学は未来志向です。
未来の可能性を信じ、その可能性にかけてゆく心理学です。

人生、何が起きるかわかりませんね。
未来は決まっていません。

未来で待っている人や、未来で待っている何かが、
(その人や何かとは、時に、とても素敵な)どんな人にもあるです。

一度、ダメ出しされた企画が、海外出版の形になってゆくように…。

~~~

NGがOKになり、海外へ!

そんな神様に応援されているような幸運な出来事を体験し、
今日がクリスマスであることを思うと、やはり、あの言葉が思い出されます。

文豪ディケンズの『クリスマスキャロル』にある、大好きな言葉です。

────────────────────

人によっては彼が別人のようになったのを見て笑ったが、
彼はそういう人たちを笑うがままにしておき、
少しも気にかけなかった。
彼はこの世では何事でも善い事なら必ず最初にはだれかしらに
笑われるものだということをちゃんと知っていたし、
またそういう人々は盲目だということを知っていた。

『クリスマス・キャロル』(C・ディケンズ 新潮社)

────────────────────

『クリスマス・キャロル』の主人公は、スクルージといいます。

スクルージはケチで意地悪で狡猾で強欲な人物です。

その、とても人格者とはいえなキャラクターが、
クリスマスの日、三人の幽霊に、自身の「過去」「現在」「未来」を見せられ、
これまでの自分を悔い、そして改め、とても優しく大らかな人格者になる、
という、素敵な聖夜のお話が『クリスマス・キャロル』です。

上記の一文は、人格者になったスクルージのことを言っていて、
小説の最後の方に出てきます。

ケチで強欲な人間を笑うのが「人」であれば、
人格者としてよりよく変わったのに、それをまた笑うのも「人」です。

~~~

何かをしようとすれば、
そこに反対があり批判があり嘲笑がある。

ダメだしされることも、当然のごとく起きる。

例えそれが、「皆のためになるよいこと」であっても…。

変革を導こうとするリーダーであれば、なおさら、
そういったネガティブな事態に巡り合わせる可能性は高くなりますね。

それでリーダーという仕事が、嫌になってしまうこともありますし、
投げ出したくなることもあります。

その時、ぜひ、思い出してほしいのです。

ディケンズの言葉を、さらに、

未来は決まっていない、というフランクル心理学の考え方を!

どんな人にも、
未来で待っている何かがあり、未来で待っている人がいる。

その何かや人が、運命を好転させることがある。

人生は何が起きるかわかりません。

わからないから人は不安になりますが、
わからないから、そこに大いなる可能性を見い出せるのです。

「未来に可能性がある」という考え方やその感覚は、
私たちの行動力に影響を及ぼします。

未来は不確実で不安に満ちていると思えば、
行動も萎縮してしまいがちです。

かといって短絡的に「未来は明るい」とは、とても言えませんが、
自分の努力次第で、「変えてゆける可能性がある」とは言えると思います。

そうした「未来への可能性」「自分の可能性」をあきらめることなく、
受け入れていくことが、自分から自分に贈るクリスマス・プレゼントになります。

2018年、どんな年でしたか?

そして、2019年は、どんな年にしますか?

未来は可能性に満ちています。

この年の瀬で2018年をふりかえり、

その学びを「新たな年」でいかす

素敵な新年を迎えることをお祈りしています。

本年は、これにて。

年末から寒さが厳しくなるようです。
くれぐれもおからだご自愛ください。
 

  新たな年、2019年も、

 「元氣・勇氣・やる氣」で!

Merry Christmas & Happy New Year!

      (^人^)        
 
                敬具

平成三十年十二月二十五日

             松山 淳より 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆自問自答◆

1)私は、未来の可能性を信じているだろうか?

2)私は、自分の可能性を信じられているだろうか?

3)私は、2019年をどんな年にしようと考えているだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆追伸◆

このメルマガも今年、15歳の誕生日を迎えました。
すると次なる目標は、20年目ということになります。

それは、2023年ですね。

東京オリンピックも終わっていて、
なんだか遠いような、でも、近いような…。

2003年の発行当初は、10周年を目標に考えていたのですが、
気づけば今年15年となり、次なる目標を意識する時となりました。

こうして歳月が流れていきますと、このメルマガを
読んでくださっている皆さまにも様々な変化があります。

今年、研修のお仕事をするご縁をいただいた某企業の部長さんは、
実は、このメルマガずっと読んでくれていた人でした。

課長時代に、ちょっとした悩みがあり、このメルマガを読むようになり、
時が流れに流れ、部長になって、私に声をかけて頂いたのです。

なんとも光栄なことです!

LINE、Instagramなどなど、様々なSNSが発達する時代です。

「メルマガは、もう時代遅れかな…?」

なんて、ふと思ったりしますが、
こうしてご縁がつながる瞬間に立ち会いますと、
続けてきてよかったと、心が震えます。

ですので、時代遅れと笑われながらも、
20周年にむけて発行を続けていきたいと思います。

2019年は、このメルマガにとって、
2023年にむけた「最初の一歩」の年。

初心忘るべからず!

2003年の初心を忘れることなく、
未来は可能性に満ちていることを信じて、
発行を継続していきたいと思います。

新たな年も、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、どうぞよいお年をお迎えください!

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』7,534いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4

e-mail:j@earthship-c.com