ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2018バックナンバー > 【30通目】
書籍『君が生きる意味 人生を劇的に変えるフランクルの教え』(ダイヤモンド社)の案内画像

30通目《生きる意味-4》ホモ・パティエンスとは?

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

      《生きる意味-4》
      18.07.05【30通目】
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 目をこすり 侍たちの躍動に 胸躍り

いかがお過ごしでしょうか?

2018年の文月が始まっています!

サッカーW杯の熱戦は続いていますが、日本代表は残念でした!

私は、3時間だけ仮眠して、
3時に目を覚まし、キックオフからベルギー戦をテレビ観戦しました。

後半に入り、原口と乾がゴールを決めて、2点先行した時には、

「よし、これでいける!初のベスト8だ!」

と拳を握りしめ勝利を確信したものの、まさかの逆転・・・。

でも、ハリルホジッチ監督の電撃解任からゴタゴタして、
マスコミに選手もたたかれ、ネットに散々書かれて、
それらを乗り越えて、大きな目標であった決勝トーナメンに進出し、
世界3位のベルギーを向こうに回して、決してヒケをとらなかったのですから、
大きな拍手を送りたいなと、純粋に思います。

批判は、勲章ですね!

ありがとう!侍ブルーたち、ありがとう!日本代表!

***

さて、本通も前通からの続きで、
フランクル心理学について何かしら書いていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「悩める人を救うフランクル心理学」
~強い心を手に入れる7つの知恵~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. セルフ・トランスセンデンス(自己超越)「小さな自分を越えてゆけ!」
2. リフレーミング「現実を意味豊かに再定義せよ!」
☆3. ホモ・パティエンス「悩んで人は成長する!悩む自分を肯定せよ!」
4. ミッション「今、目の前にある仕事が使命だ!無我夢中になれ!」
5. オプティミズム(楽観主義)「自分の未来を、自分の可能性を信じよ!」
6. スピリチュアリティ「崇高な精神性で自己を支えよ!」
7. スマイル「自分を笑い者にして、苦悩を笑い飛ばせ!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前通では、2番目の「リフレーミング」(reframing)につい書きました。

本通では3番目の「ホモ・パティエンス」について書きたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「ホモ・パティエンス」(Homo Patience)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これはフランクルが考え出したオリジナルの概念です。

「ホモ・サピエンス」(Homo Sapiens)

この言葉は、皆さんご存知だと思います。
小学校か、中学校か、どっちだったか私も記憶は曖昧ですが、
確かに習っています。

それが「人間」を意味していることは、記憶にあります。

でも、よく考えているみると、

『サピエンスって何のこと?どんな意味?』

と、疑問がわいてきます。

「ホモ」は人間のことで、サピエンスは「知恵」です。

つまり「ホモ・サピエンス」とは、「知恵のある賢い人」という意味です。

他の動物に比べて高度に脳が発達し、複雑な思考を展開できる人間は、
「知恵」をもつことができます。

それが人間であり、この「賢さ」に人間の本質があります。

~~~

これと同じように、フランクルは、
他の動物にはない人間の本質を見極め、そこで、

「ホモ・パティエンス」といいました。

「パティエンス」とは、
「苦悩に耐える」ことであり、苦悩するのが「人間の本質」だと、
フランクルは考えたのです。

フランクルが生きた時代から研究は進み、
今、チンパージーなどが、私たちの考えている以上に、
複雑な思考をしていることも明らかになっています。

ですので、そう簡単に言い切れないのですが、
とはいっても、確かに、人間以外の動物は、
人間のように、自身の「生きる意味」について深く悩んだりしません。

「人生に意味があるか、ないか」で苦しんだり、クヨクヨしません。

そう考えると、確かに、苦悩することは、人間に特有のことのように思えます。

それにしても、人間の本質が「苦悩」とは、ちょっと気分が重くなる話です。

あまり嬉しくないような……。

でも、そう思うのは、
この言葉の意味を半分しか理解していないからでしょう。

フランクルは、自身の著でこう書いています。

────────────────────

忍耐、少なくとも、まことの運命を正しく誠実に苦悩する
という意味での忍耐は、それ自体がひとつの行為です

いや、それどころではなく、たんにひとつの行為であるばかりでなく、
人間に許されている最高の行為です。

こうして私たちは、ヘルマン・コーエンの

「人間の最高の尊厳は苦悩することである」

ということばをも理解できるのであります。

『生きがい喪失の悩み』(中村友太郎 訳 講談社) p134
────────────────────

前通で、「リフレーミング」について述べました。

思考の枠組みを変えて、現実の捉え方を変化させる思考手法です。

私たちは・・・私など特にそうですが、
人生の壁にぶつかり、うまくいかなくて、悩んでしまうと、
その悩むという行為そのものが、価値の低いことに思えてきます。

極端な見方をすれば、

悩む=最低の行為

といったネガティブな思考フレームに囚われて動けなくなってしまいます。

そんな時、フランクルは、悩むとは、そうではないぞ、

「人間に許されている最高の行為」

だと言ってくれ、心に「救い」をもたらしてくれます。

ヘルマン・コーエンの

「人間の最高の尊厳は苦悩することである」

もまた、同様であり、悩める時に読むとより胸に響く言葉です。

~~~

京セラ創業者で世界から尊敬されている
偉大な経営者である稲盛和夫氏は、こう言ってましたね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【人生の方程式】
人生・仕事の結果=考え方×情熱×能力

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「稲盛和夫OFFICAL SITE」より
https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy03.html

どう考えるのか、その考え方ひとつで、
現実は、運命は大きく変わっていくのです!

「逆境とは神の恩寵である」

そんな言葉があります。

逆境という「闇」に深く分け入り「光」のありがたさを知るように、
私たち人は、ネガティブな状況にあっても、
そこにポジティブな光を見い出せる、その辛い状況にも「意味」を感じ取れる、

「ホモ・パティエンス」なのです。

ナチスの強制収容所に囚われたフランクルは、
死と隣り合わせの絶望的な状況にあって、それでもなお
「生きる意味」を見失うことがありませんでした。

苦悩の真っ只中にいる自分が、それは同時に、

「人間に許されている最高の行為」をしているという確信があり、

そうした「考え方」をすることの効用を知っていたからです。

苦悩することに「意味」がある。

そのことを信じられば、
「今・ここ」から希望は生まれます。

希望が生まれれば、未来へと心の視野は広がっていきます。

未来から現在を考えられるようになります。

未来には、まだ会うこのとない「待っている人」がいます。

未来には、まだ知ることのない「待っている何か」があります。

その人や、その何かのために、今、できることが必ずあります。

だから、今の悩み、その苦しさに耐える価値があるのです。

さあ、希望をもって、歩んでいきましょう!

~~~

本日は、これにて。

台風が近づき天候が不安定になっています。
どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
2018年の文月が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい時間で満たされることをお祈りしています。

       
   「元氣・勇氣・やる氣」で!

        (^人^)        
 
                 敬具

平成三十年七月五日

              松山 淳より 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆自問自答◆

1)私は、悩むことをネガティブにとらえ過ぎていないだろうか?

2)私は、未来から今の自分をとらえているだろうか?

3)私は、未来に希望をもって人生を歩んでいるだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆追伸◆

『君が生きる意味』の出版をきっかけにして、
「ダイヤモンド・オンライン」で12回の連載を担当することになりました。

タイトルは、こういたしました。

『フランクルの「名言」に学ぶ心を強くする考え方』
 ↓↓↓
https://diamond.jp/articles/-/173715

かつてひとりの読者として、よく目を通していたサイトです。

「まさか!ここに自分が書くことになるとは…」

本当に人生とは、わからないものですね!

もし、お時間がありましたら、目を通してやってください。

それから、今週7/7の出版記念講演会は、【残席4名】となりました。
  
『悩める人を救うフランクル心理学の真髄~強い心を手に入れる7つの知恵』
 ↓↓↓
http://www.earthship-c.com/seminar/Seminar0707.html

当日は、本の販売もし、サインが必要であれば、もちろん、しますので、
お会いできることを楽しみにしておりま~す!

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳(49才)
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』6,485いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4

e-mail:j@earthship-c.com