ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2017バックナンバー > 【14通目】

14通目《3つの言葉》新入社員に贈る言葉2017!

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

       《3つの言葉》
      17.04.19【14通目】
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 葉桜が目を癒してくれる季節

いかがお過ごしでしょうか?

2017年の卯月(4月)も中盤が過ぎようとしています。

三寒四温。

寒と温を繰り返しながら、ひと雨ごとに、暖かくなってきました。

東京の昨日は25度を越えて、夏を思わせる暑さでした。

「暖かい」を通り越して一気に「暑い」となると、体もびっくりです!

満開だったソメイヨシノたちは葉桜へと姿を変え、
新緑の季節が始まることを伝えています。

またひとつ季節のページがめくれ、
新たなコトを始めるには、よい季節ですね!

~~~

さて、4月も中盤を過ぎると、街には、この季節の風物詩ともいえる、
まだスーツを着こなせていない新入社員らしく若者たちをよく目にします。

私のサイトでも、3月の下旬頃から、
「新入社員に贈る言葉」関連のページにアクセスが集まっています。

新入社員研修が2ヶ月~3ヶ月という企業もありますが、
多くの会社は、1週間~3週間程度の研修期間です。

そうしますと、4月の中旬から下旬にかけて、
あるいは、ゴールデンウィーク明けに、
新人が配属されるというケースが多いと思います。

そこで、今年も「新入社員に贈る言葉」について
何かしら、書いていきたいと思います。

日頃、皆さんから厳しくも優しい評価をいただく・・・(笑)
FBページ「リーダーへ贈る人生が輝く言葉」から
今年に入って、特に「リーチ数」が高かった言葉を
ピックアップしていきたいと思います。

~~~

それではトップバッターは、
今なお人気の高い、昭和の名経営者である、この方です!

┌──────────────

 本田宗一郎(ホンダ創業者)

「学問や仕事がいくらできようと、
 人間的に評価が悪かったらダメですよ。
 だからぼくはすべて人間評価からはじまり、
 人間評価において終わると思うな。
 仕事も大事だけれど、人間関係があってこそ、
 仕事が成り立つんですからね。
 どっちが上かといえば、人間関係ですよ。
 人間関係がうまくいかなければ、
 人間評価はしてもらえませんよ。」

『やりたいことをやれ』(本田宗一郎 PHP研究所)
└──────────────
リーチ:8,818人

人と人が出会い仕事が生まれます。
人と人が語り合いアイディアが生まれます。
人と人が手をとりあい仕事が前に進んで行きます。

仕事ができれば「それでいい」
成果をあげれば「それでいい」
結果を出せば「それでいい」。

そんな私心にまみれた「それでいい」をかき集めていると、
見せかけの自由や一時の表面的な心地よさは手に入りますが、
いつか「それではよくない」事態に陥ります。

「それではよくない」場面に遭遇し、困り果てた時、
最後の最後、助けてくれるのはやっぱり、「人」なのです。

──────────
人との関係を大切にする。
──────────

社会の入り口に立った時、このことを胸に刻みましょう!

~~~

つづいて、スポーツ界のレジェンドとして、
記録を更新し続けているこの方です!

┌──────────────
 三浦知良(プロサッカー選手)

「自分一人で全部をできる状況などないのだから、
 周りの人の走力、体力、知恵と共存しなきゃ。
 周りに助けられ、自分もチームのためにすべてを尽くす。
 自分だけを抜き出して評価するのでなく、
 周囲との関係性においてどうかを見ていかないといけない。
 周りに関わり、良くしていくことで自分も良くなっていく。」

『日本経済新聞「サッカー人として」』
(2017.3.3付朝刊「スポーツ面」)
└──────────────
リーチ:7,156人

自分が成長していくのを
自分だけに頼るのは、限界があります。

人と関わり、人からフィードバックを受けて
自分という存在は成長していくものです。

なぜなら、人には常に盲点があるからです。

自分では気づくことのできない自分がいるのです。

怠慢になったり、傲慢になったり、高慢になったり、
「よくない自分」に気づけないのが人間です。

そんな「盲点の自己」に気づかせてくれるのは、
いつでも他人という存在なのです。

どんどん自分を成長させていく人は、
「盲点の自己」が自分や他者に悪影響を及ぼすことを知っていて
他人からのフィードバックを常に求めるという特徴をもっています。

社会人になったら、これまで以上に、
耳に痛いことを聞く機会が大事です。

耳に痛いことを言ってくれる人が大切です。

自分をもっともっとよくするために、
フィードバックを受け入れる度量を持ちましょう!

~~~

それでは、最後、僭越ながら、私の言葉を!
┌────────────── 

 感謝を忘れない人は、忘れられない人になる。
 感謝を怠らない人は、何事も怠らない人になる。
 感謝を大切にする人は、大切にされる人になる。
 
 支えてくれる人たちへ、ありがとう。
 いつも、ありがとう。

 感謝の念が、道を拓く。

└──────────────
リーチ:8,533人

人から感謝をされると嬉しいものです。
気分が明るくなり、働く意欲も湧いてきます。
時には、幸せな気分にもなります。

このように、「ありがとうございます」という言葉には、
人をポジティブな方向へと導くすごい力があります。

「ありがとうございます」を言わないと失礼になります。
お客さんを怒らせることがあります。
だから「ありがとう」を言うべきです。

マナーの観点から「ありがとうございます」を
考えることも、もちろん、悪くはありません。

ですが、義務としての「ありがとうございます」ではなく、
「ありがとうございます」が、本当に人を明るくし、
自分の運命すら変えうるのだという、
もっとポジティブな文脈でその言葉を認識し、
日頃から積極的に口にしたいものです。

社会人になるということは、
「社会に貢献する人になる」ということです。

もし、あなたが仕事を通して、
誰かひとりの人を、幸せな気持ちにできたなら、
あなたは社会に貢献したいことになります。

だからこそ、「ありがとうございます」は、
とても大切にしたい言葉なのです。

感謝の気持ち。

どんな時でも感謝の念を持ちつづけ、
「ありがとうございます」を大切にすれば、必ず道は拓けます。

***

こう書いてきますと、新社会人に贈る言葉は、
私たちリーダーにとって「仕事の初心」を
思い出させてくれる言葉だと感じました。

今年も社会にたくさんの若者が旅立ちます!

どうぞ厳しくも暖かい目で見守ってあげてください。

~~~

本日は、これにて。

暖かくなってきたとはいえ、ぐっと気温の下がる日もあります。
どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
2017年の卯月が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい日々で満たされることを
心よりお祈りしています。

   「元氣・勇氣・やる氣」で!

 
        (^人^)        
 

                 敬具

平成二十九年四月十九日

              松山 淳より 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆自問自答◆

1)私は、人との関係を大切にできているだろうか?

2)私は、耳に痛い言葉を受け入れているだろうか?

3)私は、日頃から「ありがとう」を口にしているだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆追伸◆

先日、熱海近くの「網代」にて釣りをしました。

貸しボートを借りまして、
二人の子どもを乗せて、海へと漕ぎだします。

素人同然でしたが、真鯛とカイワリが釣れました。

カイワリは、釣るのも見るのも初めてでした。

ボートの宿主いわく、実はとても貴重な魚だとのこと。
漁にかかることが少なく、味は最高で、
地元の漁師さえ欲しがる魚らしいです。

そんな風に、宿主と話していると、
網代で釣りをして数十年という大ベテランの方が
あがってきました。

クーラーボックスを見ると、魚で満載。

「うわ~すごい!」

子どものびっくりしている姿が嬉しかったのか、
なんと、イトヨリと黄鯛をくれました。

どちらも高級魚です。
黄鯛は、生まれて初めて見ました。

真鯛、カイワリ、イトヨリ、そして黄鯛。
全て刺身にして、食べました。

ほっぺが落ちるとは、このことで、
最高の贅沢でした!

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳(48才)
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』4,841いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com