ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2016バックナンバー > 【8通目】

8通目《ポジティブ・ストレス-2》ストレスのよい面

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

    《ポジティブ・ストレス-2》
      16.12.02【8通目】 
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 富士の山白く染まる候

いかがお過ごしでしょうか?

2016年の師走(12月)が始まっています!
本年、最後の月となりました。

街を移動している時に、
ふと遠くに見える富士山は真っ白です。

東京も銀杏並木が色づき、
その落ち葉で道が黄色に染まっています。

紅白の出場歌手の発表があり、
季節は確かに、
年の瀬へ向けて流れていきます。

~~~

さて、前通から続きです。

健康心理学者ケリー・マクゴニガル氏の著
『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』(大和書房)
を参考にしながら、
「ストレス」について考えていました。

「ストレス=悪」

と短絡的に考えるのではなくて、

「ストレスにもよい面がある」

よい面に着目していくことで、
上手にストレスとつきあっていけるというお話しです。

と・・・、その前に、「ストレス」という言葉は、
とても広い意味がありますね。

ストレスってどんな時に発生するのでしょう?

ここでマクゴニガル氏の定義をおさえておきます。

────────────────────
「ストレスとは、
 自分にとって大切なものが脅かされた時に生じるものである」
────────────────────

人には大切にしているものがたくさんあります。

愛する家族であったり、仕事であったり、趣味であったり、
それはもう、人によって様々です。

例えば、職を失うというのは、経済的なことを考えても
非常に大きなストレスとなります。
大切な人を失うというのも、同じですね。

日常にある、人間関係のいざこざは、
「大切な自分」という存在が脅かされる状況です。
これまたやはりストレスです。

ただ、こうしたストレス状況が発生した時に、
人はストレスに対するポジティブな考え方をもつことで、
身体反応を変えることができる。

これが心理学的な知見です。

〜〜〜

【ストレス実験】

例えば、こうしたストレスに関する実験があります。

ひとりの人が椅子に座りベルトで縛られ、
何かを喋ろうとすると、数人から大きな声で、徹底的に否定される。
罵声をあびせられる。
実験だとわかっていても、強いストレスを感じる状況です。

この過度のストレスを体験する前に、
ストレスに関する講義を受ける。

・Aグループは「ストレスにはよい効果がある」
・Bグループは「ストレスは害になる」

という内容の話し聞く。

その上でストレス状況を体験してもらい、
唾液からストレスホルモンを検出する。

すると、結果はご想像の通り、
Aグループのほうが
ストレス反応は軽度で済んだということです。

こうした多種多様な心理実験の結果、
自分がどのような考え方を持つかによって
現実の効果に変化のあることがわかっています。

これを・・・

──────────────
☆「マインドセット効果」
──────────────

といいます。

例えば、老化に関するこんな調査があります。

米国の「ボルチモア老化縦断研究」が
18歳から49歳までの成人を38年間に渡って追跡調査をしました。

その結果、
年齢を重ねることをポジティブにとらえている人と、
そうでない人とでは、
寿命や健康状態に差のあることがわかりました。

「年齢を重ねることは素敵なことだ」と肯定的に考える人は、
「年をとるなんて嫌なことだ」と否定的に考える人よりも
健康で寿命が長い傾向があるというデータを見出したのです。

これも「マインドセット効果」のひとつといえます。

~~~

では、「ストレスのよい面」をどう考え出せばいいのでしょうか?

それは、ストレスを乗り越えて成長できた体験を、
独りで書き出したり、誰かに話しをしたりして意識化すればいいのです。

人生、20年、30年、40年と重ねていけば、
辛いことのひとつやふたつがあったはずです。

でも、それを乗り越えてきたから、今があります。

その時、ストレスを経験したからこそ、得たものもあったはずです。

得たものは何でしょうか?
どんなことを学んだでしょうか?

──────────────
大切なものを脅かされた時、私たちは、何が大切だったかを知る。
──────────────

これは「ストレスのよい面」のひとつです。

仕事は独りでできると社内で天狗になっていた人が、
仕事で大きな失敗をして、同僚や部下に助けてもらう。
その時、人の支えや助けが身にしてみて考え方が変化する。

「俺が稼いでいるんだから文句を言うな」と、
妻に子育ては任せて仕事に没頭していたら、
家族関係がおかしくなっていき、
家に帰っても気が休まらない。
会社でもストレス、家でもストレス。
その時、家族や家庭の大切さに思いがおよび、
ワークスタイルを変えていこうと決意する。

そんな風に、現実がネガティブにふれた時にこそ、
人は、何か学び、同時に、人として成長していくことができる。

こうしたポジティブな側面がストレスにはあるのだと
マインドセットに組み込むと、
それは生涯にわたり効果を発揮していきます。

──────────────
大切なものを脅かされた時、私たちは、何が大切だったかを知る。
──────────────

「ストレス=悪」

という固定観念を変える、ひとつの考え方です。

 

さてさて、師走の忙しい時。

ストレスのかかりやすい時ですので、
ストレスについては、次通でもふれていきたいと思います。

~~~

本日は、これにて。

北風が身にしみる季節です。
大切なおからだを、
くれぐれもご自愛なさってください。
   
2016年の師走が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい日々で満たされることを
心よりお祈りしています。

 

   「元氣・勇氣・やる氣」で!

        (^人^)        
 

                 敬具

平成二十八年十二月二日

              松山 淳より 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆自問自答◆

1)私は、ストレスをどう考えているだろうか?

2)私は、ストレスのかかる状況から逃げてばかりいないだろうか?

3)私は、どんなコトを大事にして仕事をしているのだろうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆追伸◆

ご縁がありまして、財務コンサルタント森岡寛さんの著

『マンガで入門!管理会計が面白いほどわかる本』(ダイヤモンド社)
http://www.amazon.co.jp/dp/447806671X/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22 

を読みました。

「入門」ということと、「漫画」ということで、
若手社員向けかな〜と思いつつ・・・、

店舗を経営しているけれど数字の苦手な方であれば、
年齢に関係なく「管理会計」の基本的なことを
物語を楽しみながら、ざっくりと学ぶことができると思います。

「会社の数字」というのは、どうもとっつきにくいので、
漫画やストリーを交えながら、楽しく理解するのがいいですね!

私も数字は苦手なので、勉強せねば・・・汗)

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳(48才)
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』4,587いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com