ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2016バックナンバー > 【6通目】

6通目《忘れ上手》忘れることは元気の源

☆─────────☆─────────☆

  『リーダーへ贈る108通の手紙5』
    http://www.earthship-c.com

       《忘れ上手》
      16.11.4【6通目】 
☆───────────────────☆

リーダー様 へ

拝啓 紅葉の葉色づく候

いかがお過ごしでしょうか?

2016年の霜月(11月)が始まっています。

東京は10月に、季節外れの暑さがあったものの、
11月となりぐっと冷え込んでいます。

今年も、残り2ヶ月を切りました。
いや〜早いものです。

20代の頃、40代、50代の人たちが

「年をとると、1年があっという間だぞ」

と諭されて、そうなんですか、
と納得したような顔して、でも、心の中では、

「何、言ってだろ?」

などと、いぶかっていました。

いざ自分がアラフィフ世代となってみて・・・

「本当にその通り!」

苦笑いの日々です(笑)

~~~

さて、年齢を重ねてきますと、時が過ぎるのもそうですが、
若い頃と比較して、あれこれデメリットをとりあげて、
ついつい、ぼやきたくなります。

体力はもちろんのこと、記憶力もそのひとつです。

「最近、物忘れがひどくなったな〜」

そんな風に、愚痴った経験が、一度や二度は、
あるのではないでしょうか?

NHKのテレビ番組『ためしてガッテン』で、
「加齢による物忘れ」をテーマした回を見たことがあります。

番組によると、実は、年齢とともに記憶力が落ちている
と感じるのは、私たちの錯覚なのだそうです。

落ちるのは、記憶力ではなくて、

「思い出す力(リマインドの力)」

だということです。

例えば、日常よくあるこんな会話。

上司「あの人の名前なんだっけ、ほら、あの人、あの会社のあの人、
   顔はちゃんと思い浮かぶんだけどな〜、名前が出てこない・・・」
部下「それって、田中さんのことですか?」
上司「そうそう!田中さん!田中さん!最近、記憶力がな〜」(苦笑)

この会話で、上司は田中さんの顔は覚えている。
そこで、部下に田中さんと言われて、

「そうそう!」と言える。

これは、田中さんの名前を記憶していると考えます。

つまり、記憶力は落ちていないのです。

では、何が落ちているかというと、それは記憶力ではなくて、

「思い出す力(リマインド力)」。

リマインドする力が鈍っているということです。

そうは言われても、

「思い出す力(リマインド力)」

の落ちることが、仕事の面で、
いろいろと悪影響を及ぼすのであって
つい愚痴りたくなるのは、似たようなものです。

そこで・・・発想を転換したいと思います。

「思い出す力(リマインド力)」

が落ちることによってのメリットを考えます。

~~~

「あの人は、丸くなったよ。昔は全然、違ったんだけどな!」

こんな表現を、日常的に、私たちは使います。

例えば、若い頃、短気でトゲトゲしかった上司が、
とても穏やかになった時など、そう言うことがあるでしょう。

人は、年齢とともに、よりよく変化していきます。

年を重ねて、素敵に変わっていきます。

それは・・・、

☆「人間としての成長」

であり、「人として円熟味を増す」というこです。

性格分析の観点から言えば、ミドル以降に、
その人が意識化できていなかった心の機能が開発されてきて、
円熟味を増してきたと解釈できます。

一方で、脳機能の観点から、
この「円熟味」にプラスの作用を及ぼすのが、

「思い出す力(リマインド力)の低下」

だと言えます。

〜〜〜

人間、生きていれば、また、仕事をしていれば、
毎日ハッピーで、いいことばかりではありませんね。

辛いこと、嫌なことも、たくさんあります。

経験したネガティブな出来事をひとつひとつ克明に記憶していて、
事あるごとに、鮮明に思い出していたら、どうなるでしょう?

いつもイライラしていて怒りっぽくなったり、
憂鬱な気分が続き、落ち込みやすくなったりします。

けれど人は、「忘れる」という武器をもっています。

忘れてしまうことによって、心のスペースを作り出し、
そこから人としての余裕が生まれ、穏やかな人になっていく。

これが、「丸くなっていく」ということです。

ここでいう「忘れる」とは、
「記憶していない」ではなくて、
「思い出さない」ということです。

人は、思い出さないことによって、
心の健康を維持し、人として円熟味を増していくのです。

心は生涯を通して、成長しつづけます。

確かに、忘れっぽくなるのは、嫌なものです。

でも、忘れっぽさが、人としての成長によい作用をしている、
そう思えれば、くよくよすることなく、
「物忘れ」とも余裕を持って向き合えます。

失うことによって、得られるものがある。

欠けることによって、満たされるものがある。

年齢を重ねることで、完成されていくものがある。

それが、世のことわりですね!

ですので、忘れっぽさをポジティブにとって、
どんどん「忘れ上手」になりましょう!

忘れ上手は、健康の要、成長の追い風です。

堂々と「忘れ上手」になって、

今年も残り2ヶ月、元気でいきましょう!

~~~

本日は、これにて。

夕方になるとぐっと冷えこむ季節です。
大切なおからだを、
くれぐれもご自愛なさってください。
   
2016年の霜月が、あなた様にとって、
笑顔あふれる美しい日々で満たされることを
心よりお祈りしています。

 

   「元氣・勇氣・やる氣」で!

        (^人^)        
 

                 敬具

平成二十八年十一月四日

              松山 淳より 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
◆自問自答◆

1)私は、何かと年齢のせいにばかりしていないだろうか?

2)私は、年をとることを悲観ばかりしていないだろうか?

3)私は、年齢を重ねてさらに人間を磨いているだろうか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆追伸◆

先日、仕事の移動で、新湘南バイバスを
車で走りました。

夕焼けの綺麗な時間帯でした。
天気はよく、遠くに富士山が見えます。

その横に、龍の形を思わせる大きな雲が
いくつも群れになって居座っています。

それらの龍雲は、夕刻の太陽に照らされ、
まばゆいばかりに輝いています。

よそ見運転をしてはいけないと思いつつ、
あまりに神々しい風景に目を奪われました!

自然の芸術。

若い頃から忘れっぽい私ですが、
これは忘れたくない、感動の瞬間でした!

──────────────────────
アースシップ・コンサルティング 松山淳(48才)
http://www.earthship-c.com

『リーダーへ贈る人生が輝く名言』4,547いいね!
http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ:j@earthship-c.com

■著 書
『機動戦士ガンダム』が教えてくれた新世代リーダーシップ』
『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     
■バックナンバー
http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
──────────────────────


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com