ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2015バックナンバー > 【84通目】

【84通目】「真善美」感動すること、感動をもたらすこと!

☆───────☆☆☆────────☆
《真善美》
                                             

 『リーダーへ贈る108通の手紙4』
 http://www.earthship-c.com

                15.01.05
                 84通目
☆───────☆☆☆────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 年始め 幸多いこと 手を合わせ

 明けましておめでとうございます!
  
 新たな年、2015年が始まりました。
 今日から仕事始めの方も多いと思います。

 早朝、駒沢公園で軽くジョギングして、
 氏神様の自由が丘にある熊野神社に寄ると、
 スーツ姿の人たちが行列しているのを目にしました。

 朝一番、新年のご祈祷に社員の皆さんで
 やってきていたようで、本殿の中に
 次から次へと吸い込まれていきました。

 年始の見慣れた光景ですね。

 今日は「社長訓辞」を聞いたら、近くの神社へ社員の皆さんで
 初詣に行かれる方も多いことでしょう。
 
 冬の透明な空気のなかで、
 今年1年が幸多い時でありますように…と祈ることは、
 心を前向きにしてくれます。

 あなた様にとって、
 2015年が幸多く飛躍の年になることを
 心からお祈りいたします。
 
 〜〜〜

 さて、今年はひつじ年ですね!
 今朝、新聞を読んでいましたら、「羊」を含む漢字には、
 新年にふさわしい前向きな言葉があることを知りました。

 ─────────────
  「善」「美」「義」
 ─────────────

 よくみると、これらの漢字には「羊」が入っています。

 その理由について、かの漢字研究の第一人者白川静夫氏は、
 漢字の原型ができた頃に、神事に「羊」を用いていたからだと
 ある本で解説しているそうです。

 「神事に羊」

 というのは、日常的に「生きている羊」と縁の薄い私たちにとって、
 すぐには想像がつきません。
 
 古代中国において「羊」は貴重な食料源で、
 それを頂くことで、人は生きることができました。
 そう考えると、日々、「羊」と密接な関係にあった古代中国人は、
 「羊」を神聖視し、神への捧げ物にしていたのではないかと推測できます。

 それにしても、今朝の記事を読むまで、「善」「美」「義」の中に、
 羊が隠れていたとは、まったく知りませんでした・・・汗)

 〜〜〜

 さてさて、「善」「美」と続くと、
 自然と「真・善・美」という言葉が思い出されます。

 京セラ創業者稲盛和夫氏の著『生き方』(サンマーク出版)にて、
 稲盛氏は、人間の心の多重構造を5つに分類し説明しています。
   
 
 1)知性:後天的に身につけた知識や論理
 2)感性:五感や感情などの精神作用をつかさどる心
 3)本能:肉体を維持するための欲望など
 4)魂 :真我が現世での経験や業をまとったもの
 5)真我:心の中心にあって核をなすもの。真・善・美に満ちている。

 
 私たちが、意識するのは、
 食べる・寝るなど「3)本能」をベースに生まれてくる欲求です。
 これは心理学で繰り返し言われることです。

 けれど人間は、他の動物と違い高度に脳を発達させています。 
 「本能のまま」「気分のおもむくまま」にだけ生きるのではなく、
 「2)感性」「1)知性」を備え、
 より「人間らしさ」を発揮しながら生きています。

 その「人間らしさ」をつくる心の核に、「真・善・美」に満ちた
 「5)真我」の存在を、稲盛氏は認めます。

 そして、こう書いています。
 
 人間は真・善・美にあこがれずにはいられない存在ですが、
 それは、心のまん中にその真・善・美そのものを備えた、
 すばらしい真我があるからにほかなりません。
 あらかじめ心の中に備えられているものであるから、
 私たちはそれを求めてやまないのです。

 『生き方』(稲盛和夫 サンマーク出版)
 

 人は、さまざまな物や事に「感動」し、時に涙を流します。
 「真の芸術」や「見返りを求めない人の善行」や「美しい自然」など・・・。

 この世界にあふれる「真・善・美」と、
 心の中核に満ちる「真・善・美」とは、呼応しているかのようです。

 大きな感動は、心に刻印され、
 人の生き方を、がらりと変えてしまうことすらあります。

 「真・善・美」というと、何か哲学すぎてしまい、きれい過ぎてしまい
 どうも生きる指針となりにくい感じがいたします。
 
 でも、何かに感動できた時に、私たちは自らの「真・善・美」にふれ
 心の芯にある部分を揺り動かし、そして、
 心を成熟させていっているのだと考えると、
 自らが「感動体験」をすること、あるいは、
 他者に、社会に、この世界に「感動体験」をもたらすことが、
 生きるうえでのひとつの指針になると思えます。

 そして、その「感動体験」とは、
 世界の絶景を観に行くこともひとつであれば、
 通勤経路に咲く名の知らぬ花を愛でることひとつであり、
 部下に「ありがとう」と心を込めた感謝の言葉を贈ることもひとつであり、
 コンビニのレジに置いてある募金箱に10円玉を入れることもひとつであり、
 決して目の眩むような大業ではなく、
 そうした人それぞれの日々のささやかな行いと、
 そこから生まれる「感動」こそが、私たちの生活に潤いをもたらし、
 社会をよりよく変えていくのだと思います。

 
   ☆ 「感動」とは、「感じて動く」と書く  

 

 人の行動の源には、「真・善・美」にふれる感動がある!

 ひつじ年の2015年。

 どんな感動が、待ち受けているのでしょうか?
 その感動から、どんな行動をとっていくのでしょうか?

 ひとつでも多くの感動を味わい、
 ひとつでも多くの感動を誰かにもたらす年でありますように、
 あなた様のご活躍を心からお祈りしています。

 

              2015年が始まりました!
 
           「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十七年一月五日

                             松山 淳より 

==========================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、2015年、どんな感動体験をしよう?

 2)私は、2015年、誰にどんな感動を届けよう?

 3)私は、2015年、仕事を通してどんな感動を生みだそう?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
=======================
 ◆104℃ WORD◆

「感じて動く」  
=======================
『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
 テレビ東京モーニングサテライトの「リーダーの栞」で紹介されました!
 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/bookmark/post_78922/
========================

 ◆追伸◆

 家の前には門松が立ち、お店には謹賀新年の文字が躍り、
 新年の雰囲気がまだまだ色濃い1月の初旬。
 今年の目標をつくり、それを行動に移していく時季ですね。
 
 目標は誰かに言ったほうがいいのか、言わないほうがいいのか?

 この問いについての答えは、
 本を読んでも、人から聞く話でも論が分かれます。

 会社で書く「目標管理シート」などは上司と共有するので、
 公言するパターンですね。
 他人に言うことによって「一貫性の心理」が働き、
 約束を守ろう、信頼される人間でいようとして、行動力の源泉となります。 

 これがプライベートでの目標・夢になると、
 誰かに「言う」「言わない」は自由です。

 「他人にまず言って」、そして目標へと自分を追い込んでいくという人と、 
 「他人に絶対に言わない」という人で、ふたつに分かれます。

 後者の人たちは、
 「他人に言うと、エネルギーのガスが抜けるような感覚がある」といいます。

 その感覚、よくわかりまして、私も「目標は他人に言わない」タイプです。
 そちらの方が、目標達成できているという事実があります。
 
 どちらがいいのかは、どうもこれは人によるようで、
 さてさて、あなた様は、どちらでしょうか?

 どちらにしましても、新たな年です、
 今年たくさんの目標が達成されることをお祈りしています!
 
────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(46才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com

■Facebook:『がんばれ!ニッポンの上司たち』3,210いいね!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著 書:『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
     『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(SB新書)
     『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
     『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
     『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
     
■バックナンバー:http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
 ※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────

【ことば】
 
「世のため、人のためというきれいな心をベースにした思い、願望というのはかならず成就します。」

(稲盛和夫)
        

『生き方』(稲盛和夫 サンマーク出版)

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダー研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 プロフィール

MBTIのリーダー研修

世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修の資料(PDF)をプレゼントしています!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com