ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2014バックナンバー > 【83通目】

【83通目】「自分の味方」クリスマス・キャロルに学ぶ自己変革!

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《自分の味方》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                14.12.25
                                 83通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 1年を過ごし笑顔でありがとう

 いかがお過ごしでしょうか?

 2014年の今日はクリスマスで、
 いよいよ、今年も本当に残り少なくなりました。 

 昨夜は、サンタ役をされたお父さんたちも多かったと思います。

 小2の娘は、サンタに手紙を書いていました。
 まだ、サンタがいると信じています。

 手紙には、4つの質問があり、
 それへの答えを、昨夜は、せっせとパソコンで打って、
 プレゼントと一緒に枕元に置いておきました。

 手で書きますと、娘は、私の字を知っているので、
 すぐにばれてしまいます(笑)

 今朝、起きましたら「手紙がきた〜!手紙がきた〜!」
 と大喜びしまして、どうもプレゼントより、
 手紙のほうが、嬉しかったようです。

 親としましては、毎年のこととはいえ、
 思わず笑みがこぼれ、こうした平凡でよくある家族風景の
 「ありがたさ」を実感するクリスマスの朝でした。
 
 〜〜〜

 さて、2014年、最後のお手紙をお届けいたします。

 クリスマスになると、毎年、私の思い出すのが
 英国の文豪ディケンズが書いた『クリスマス・キャロル』です。

 その作中にある印象深い言葉を、もう何度もご紹介していますが、
 今年もやはり、記しておきたいと思います。
   
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
   人によっては彼が別人のようになったのを見て笑ったが、
   彼はそういう人たちを笑うがままにしておき、
   少しも気にかけなかった。
   彼はこの世では何事でも善い事なら必ず最初にはだれかしらに
   笑われるものだということをちゃんと知っていたし、
   またそういう人々は盲目だということを知っていた。

           『クリスマス・キャロル』(C・ディケンズ 新潮社)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

 『クリスマス・キャロル』は、
 ケチで意地悪で狡猾で強欲なスクルージという登場人物が、
 クリスマスの日に、三人の幽霊に、過去、現在、未来を見せられ、
 これまでの自分を後悔し、とても優しく大らかな人になる、という
 そんな素敵な聖夜のお話です。

 スクルージは、自分を変えることができましたが、
 でも、もし、三人の幽霊に出会わなかったら、
 きっと、彼の人間性は、変わらずそのままだったことでしょう。

  ────────────────
   ☆人間性における慣性の法則
  ────────────────

 私たちは、自分に対するイメージ、
 「セルフ・イメージ」をもっています。
 そのイメージは、20年、30年という時間をかけて
 築き上げてきたもので、自分にとって馴染みのある自分で、
 自己を安定させることができます。
 
 そのイメージのままの自分でいることが、とても楽です。

 そこで、一度つくりあげた人間性には、
 そのままの現状を保持しようとする力が働きがちです。

 スクルージは、どんなに周りの人たちから言われようと、
 ケチで意地悪で狡猾で強欲な人間性に固執し、
 自分を変えることができませんでした。

 それを変えたのは、3人の「幽霊」たちでした。 
  
 〜〜〜
 
 「クリスマス・キャロル」は、ファンタジーであり、
 「幽霊」が出てきますので、現実を超越したお話しです。

 ですけれど、物語とは、私たちの現実的な「こころの動き」と
 何かしら一致する、通じるものがあるから、
 「こころを動かされる」わけですね。

 この「幽霊」を「意識化されていない自分」、
 つまり、「無意識に存在する自分」と考えると、どうでしょう?

 無意識にある自分は、夜、「夢」となって
 私たちにメッセージを贈り届けてくれます。

 夢分析では、夢に出てくるもの全てが
 自分自身の分身だと考えるの基本です。 

 例えば、こんな夢がよくありますね。

  何か得たいの知れない恐ろしいものが追いかけてくる。
  からだに力を入れようとして、ものすごい勢いで走っているのだけれど、
  なぜか、まったく力が入らず、前に進むことができない。
  そして・・・追いつかれそうになる、

  と、そこで、恐ろしさのあまり目を覚ます。
 
 私たちは、夢の世界で「力を入れられない」という
 魔法にかかっているわけです。
 
 でも、その追いかけてくるものが、
 「自分」だと設定すればどうでしょう。 

 夢は、無意識の自分から
 意識されている自分へのメッセージです。

 なぜ、恐ろしい得たいの知れないものとして
 登場するのかといえば、その人に、
 より大きなインパクトを与えようとしているからです。

 つまり、普段の自分ではまったく気づかない大切なことを、
 無意識の自分が、意識されている自分にどうしても伝えたいから、
 目が覚めても覚えているような、
 恐ろしい夢の状況設定となるわけです。

 でもその時、メッセージを無視して、
 逃げてばかりいると、繰り返し同じ夢を見ます。

 そのメッセージを受け取り、「わかった、わかった」と、
 普段の自分が理解し、何らかの行動変容への一歩を踏み出し始めると、
 その「恐ろしい夢」を突然、見なくなるということが起きます。

 夢は非現実的で、UFOも怪獣も幽霊もご先祖様も妖精も、
 さまざまなものが登場し、現在はもちろん、過去にも未来にも行けます。

 夢は、まさにファンタージの世界ですが、
 「夢を見る」ということは、現実に起きていることです。
 
 〜〜〜

 すると、「クリスマス・キャロル」の設定を、
 心理学的にとらえると、
 セルフイメージに執着するスクルージの人格を変容させようと、
 無意識にいる自分が、「もういい加減にしろよ!」と、
 「幽霊」になって現れてきたという構造で考えることができます。

 物語には、「3つの・・・」というパターンがあります。

 「桃太郎」では、桃太郎に「犬とキジと猿」です。
 「西遊記」では、三蔵法師に「孫悟空、猪八戒、沙悟浄」です。
 「ウルトラセブン」では、カブセル怪獣としてですが、
 「ウインダム、ミクラス、アギラ」が登場し、セブンを助けます。

 この「3つの」者たちは、
 それぞれ、主人の従者でありつつ、主人の分身と考えることもでき、
 冒険や戦いの難局にあって知恵を働かせたり、思わぬ力を発揮したりして、
 主人を助けることになります。

 「クリマス・キャロル」では、スクリージが「過去・現在・未来」の
 3人の幽霊によって、自己変容をとげて、すばらしい人間性を手にしました。

 つまり、これが今日の「言いたいこと」となりますが、

  ─────────────────────────────
  ☆自分の味方は、自分とは違う自分として、自分のなかにいる
  ─────────────────────────────

 ということです。

 〜〜〜

 2014年は、あなたにとって、どんな年だったでしょうか?

 いい年だったという人もいれば、
 なかなか思うようにいかなかない年だったという人もいると思います。

 いずれにしましても、幸多く笑顔にあふれる新たな年を迎えられるよう、
 今年1年をふりかえる時期です。

 その時、自分のなかから、どんな要素をもった「3つの者たち」が登場すると、
 よりよい自分になれるのだろうか?と考えてみることは、
 なかなか刺激的であり、こころに有効に作用いたします。

 そして、3つの者たちが、いつでも味方でいると信じることで、
 人生の難しい場面を乗り越えていくことができます。

 自分の味方は、自分!

 自分を信じることは、何より大きな力になります!

 ご自分のまだ知らぬ力を信じて、

 どうぞ、よいお年をお迎えください!

 〜〜〜         
 
  本年は、これにて。
 
  しばらく、ぐっと冷え込む日々が続きます。
  大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2015年の新たな年が、あなた様にとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

 

                  2015年も、
 
           「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            Merry Christmas & Happy New Year!  

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十六年十二月二十五日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、どんな自分ならば理想だろうか?

 2)私は、どんな風に自分を変えていけばいいだろうか?

 3)私は、今年、どんな風に成長できただろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆104℃ WORD◆

                       「味方は、いつでも、すぐそばに」
     
==========================================================
『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
 テレビ東京モーニングサテライトの「リーダーの栞」で紹介されました!
 http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/bookmark/post_78922/
=========================================================

 ◆追伸◆

 今年、1年、本当にどうもありがとうございます。
 2014年は、お陰様で34通のお手紙を届けることができました。

 本日が83通目ですので、そう考えると、
 来年は「108通」のゴールになんとか到達できそうです。
 
 今年は、10代の頃から「いつかは成し遂げるぞ」と思っていた、
 あるコトに挑戦し、それを達成することができました。
 ほぼ30年、先延ばしにしてきたわけです・・・(笑)
 
 目に見える成果があるわけではないのですが、
 先延ばしにしていた「夢のひとつ」に着手し、
 区切りをつけるというのは、それを体験してみて、
 やっぱり、なかなか「よいものだな〜」と感じました。

 2015年は、「108通」という山の頂に到達することも
 ひとつの目標にして、また、コツコツを歩んでいこうと思います。

 それでは、新たな年となり、お会いできることを楽しみにしております! 

 2014年、本当にどうもありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(46才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』3,209いいね!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
      『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────
【ことば】
 
   
 「あなたがなれたかもしれない人になるのに遅すぎることはない」

                         (ジョージ・エリオット)
        

                 『「人を動かす」英語の名言』(講談社)



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com