ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2014バックナンバー > 【61通目】

【61通目】「小さな言葉」新人育成のポイント

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《小さな言葉》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
           http://www.earthship-c.com

                                14.06.13
                                 61通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 拝啓 雨の日が あるから晴れが ありがとう

 いかがお過ごしでしょうか?

 2014年、水無月(6月)も中盤へと向かい
 東京はゲリラ豪雨が、たびたび街を襲い、
 梅雨の真っ只中を思わせる日が続いています。

 「ゲリラ豪雨」というと何だか恐ろしい感じもしますが、
 「スコール」といえば、どうでしょうか?

 福山雅治さんに同名の名曲がありました。
 または「通り雨」なんて日本語もあります。

 強く降る雨は、決して長続きしない。
 
 私もスコールにやられて、傘が役に立たず
 何度もずぶ濡れになっていますが、
 ビルの軒先で「雨宿り」して、見知らぬ人と、

 「いや〜すごい雨ですね」「ホントに」
 「すぐに、止みますかね?」「たぶん大丈夫ですよ」
 「ところで・・・」

 などと、「小さな言葉」で会話が生まれるのも、
 この季節からのプレゼントですね! 
    
 〜〜〜

 さて、研修期間が終わって、5月病の季節を乗り越えて、
 皆さんの職場でも、新人さんたちが奮闘していることと思います。
 
 若手との世代の違いよる価値観のギャップは、
 時に、「眉間にシワをよせる」原因となるわけですが、
 私たちリーダー世代も、かつて、
 自分たちの上司の眉間に、たくさんのシワをこさえたわけですので、
 ここは「自分の番が回ってきたのだと」考えて、
 ストレスを感じることも多いかと思いますが、
 腰をすえて、忍耐という言葉を友として、
 じっくりと若手育成に取り組んでいきましょう!

 6/10の日経新聞に、新人育成にまつわる記事がありました。

 ◆川崎重工で新人の指導員を務める飯塚隆則さんは、こう言っています

 ──────────────────────────────────
 「仕事の姿勢を言葉で教え込むのは難しい。
  肌で感じてもらるための課題を探し、見極めるのが指導員の役割」
 ──────────────────────────────────

 研修で教わったことが、現実の仕事では役に立たない、
 または、「思っていた以上に、仕事は厳しいものだ」と知るのが、
 「五月病」の季節を乗り越え、
 自分の担当する仕事が本格化する6月です。

 ここで「心が折れて」しまわないように、
 上司たち指導役の人たちが、言葉で支えながら、
 本人たちが取り組むべき課題を探し出して、
 それをサポートしながら乗り越えていくことで、
 若手社員たちに自信をもたせるのが、6月の大きなポイントですね!

 ◆ソフトバンクテレコムの組織人事1部の坂元翔さんは、こう言います。

 ──────────────────────────────────
 「おかしな敬語を使ったり、失礼な文面のメールを送ったりしたら
  すぐに注意し、具体的に指摘するよう心掛けた。
  すぐに褒めたり叱ったりする方が、
  時間を空けるより相手の印象に残りやすい。
  特に過ちを正すにはその場で反省を促す方が相手もなぜ叱られたのか、
  納得もしやすいためだ」
 ──────────────────────────────────

 これは、「鉄は熱いうちに打て」の格言よろしく

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「スグ褒め」「スグ叱り」の原則
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ですね。人間の心理を考えても、
 スグに言ってもらったほうが、記憶に残りやすく、
 何を自分を正せばいいのか、具体的に理解できます。

 〜〜〜

 さて、この【「スグ褒め」「スグ叱り」の原則】を
 実践したほうがいい、もうひとつの理由があります。   

 経営学者ヘンリー・ミンツバーグは、実地で働くマネジャーたちを
 つぶさに研究したことで有名な人で、
 彼の著『マネジャーの実像』(日経BP社)に、
 マネジャー(管理職)の状況、仕事の特徴について、こんな記述を見つけます。 
  
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ○いつも時間に追われている。
   ○さまざまな活動を短時間ずつおこなう
   ○互いに関連性のない業務を細切れにおこなう
   ○頻繁に自分自身でものごとを実行する
   ○非公式・口頭のコミュニケーションを好む
   ○人との接触の多くをヨコの人間関係が占める
   ○しばしば目に見えない形でコントロールをおこなう 

      『マネジャーの実像』(H.ミンツバーグ 日経BP社 )より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  いかがでしょうか?
  ご自身の仕事の状況で、いくつか思い当たるものがあるでしょうか?

  ここで取りあげたいのは、上からの3つです。

  ─────────────────────────────  
  ☆マネジャーは、細切れの時間で、関連性のない仕事を行う
  ─────────────────────────────

 部下の報告を聞き終え、次週の役員会の資料をつくっていると、
 電話が鳴って顧客対応して、電話が終わると、部長に呼ばれ
 「あれ、どうなっている?」という質問に答えて、
 席に戻ると、部下がデスクの前に立っていて、
 「立案書に判子を押してください」と言われ、
 デスクから判子を取りだそうとしていると、
 「おーい、明日の会議、よろしく頼むよ」
 と、遠くから別の部署の課長(同期)に声をかけられ、
 「OK、任せておいて」と答え、(そういえば判子だっけ・・・)。

 こうした細切れの時間で、「今すべき仕事」への中断を求められ、
 その中断を拒否することはできず、
 次から次へと「今すべき仕事」を中断しながら
 求められる仕事への対応を連続的に行っていくのが、
 マネジャーの実像であり、「どっしりとデスクに座って」というのは、
 映画の世界であり、幻想だと指摘したのが、ミンツバーグさんでした。

 ですので、H.ミンツバーグはこう言います。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   好ましいマネジャーとは、カリスマリーダーでも戦略家でもなく、
   次々に降りかかる「いまいましい問題」とエンドレスに付き合える
   タフな実務家にほかならない。

      『マネジャーの実像』(H.ミンツバーグ 日経BP社 )より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 〜〜〜

 そこで、話を戻しまして、

  「スグに褒めたり、スグに叱ったりしほうがいい」

 その理由は、褒める叱るの効果が「スグ」のほうが高いからであって、
 もうひとつ理由は・・・、

  「細切れの時間を上手に使うため」ですね。
 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   「スグ褒め」「スグ叱り」の原則。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これは、上司のタイム・マネジメントの観点からも
 「そうしたほうがいい」と言えるわけで、
  
  ───────────────────
   褒める叱るの機会損失の最小化
  ───────────────────

 が、その大きな目的とも言えます。

 褒めることがあったら、
 部下のモチベーションを高めるチャンスです。
 叱ることがあったら
 部下の自己成長を促すチャンスです。

 部下を育てるチャンスは、
 日常の細切れの時間の中にたくさん潜んでいます。

 だから、リーダーは、とても大変なんですけれど、
 細切れの時間だからこそ、立派な、長々しい言葉もよりも、
 部下の「心の隙間」を埋めるためには、むしろ、
 「隙間サイズ」に合わせた
 誠実な「小さな言葉」を日常的に使う方が有効だと思うわけです。

 拙著『「上司」という仕事のつとめ方』にも引用しましたが、
 日本経済新聞「NIKKEIプラスワン」の調査(2006年2月4日)で、
 こんな結果が出ていましたね。
 バレンタインの時の特集で「チョコよりうれしいひと言」でした。

 ────────────────────────────────────
 《男性がうれしい女性のひと言》

   1位 「おはようございます」               1101票
   2位 「お疲れさまでした」「ありがとう」         471票
   3位 「おかげさまでうまくいきました」「助かりました」  404票
   4位 「またお願いします」                352票
   5位 「期待しています」                 199票
   6位 「ちょっと教えてください」             186票
   7位 「◎◎さんがほめていました」            160票
   8位 「何かできることありますか」            120票
   9位 「遅くまでがんばっていましたね」          104票
  10位 メールで励ます「がんばって」            101票

 ────────────────────────────────────
 《女性がうれしい男性のひと言》
   1位 「お疲れさまでした」「ありがとう」         875票
   2位 「おはようございます」               772票
   3位 「また頼むよ」                   497票
   4位 「おかげでうまくいったよ」「助かった」       349票
   5位 「◎◎さんがほめていたよ」             195票
   6位 「遅くまでがんばっていたね」            180票
   7位 「期待してるよ」                  155票
   8位 「具合悪そうだね「無理しなくていいよ」        96票
   9位 メールで励ます「がんばって」             94票
  10位 「気にするなよ」「たいしたことないって」       91票
 ──────────────────────────────────── 
     ※60の言葉から「うれしい言葉」を5つ選択。(有効回答数1040) 

 いかがでしょうか?

 「そのひと言」が、案外、欲しいものです!
 また、「そのひと言」が無いために、部下がやる気を失ってしまうのが
 マネジャーの実像です。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆リーダーが「言葉を節約」すると、部下が「やる気を節約する」。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 この原則も、思い出していただきまして、
 目が回る細切れの時間にあっても、
 上にあるような「小さな言葉」であれば、
 部下に「言葉のプレゼント」をなんとかできると思います。

 どうぞご自身のためにも、マネジメントの質を高めるためにも、
 「小さな言葉」を大切にする6月になさってください。

 〜〜〜

  本日は、これにて。
 
  傘をさす日の多い季節です。
  どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2014年の水無月が、松山淳さんにとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十六年六月十三日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、部下育成にどんなポリシーを持っているだろうか?

 2)私は、細切れの時間でどんな工夫をしているだろうか?

 3)私は、「小さな言葉」を大切にしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
================================================
 ◆104℃ WORD◆

                           「小ゆえに大なり」
     
==〈ホウ・レン・ソウ〉===================================
 
《自己の「強み」を知る〜MBTIを活用したオープンセミナーのご案内》

「MBTI自己分析メソッド」を活用したセミナー開催いたします。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         『自己を深め人間の奥深さを知る4時間半』
   〜世界45カ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用して〜
       http://www.earthship-c.com/seminar/MBTI.html
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◆開催日:2014年7月5日(土)
  ◆時 間:13:00〜17:30(開場:12:45)
  ◆場 所:ちよだプラットフォームスクウェア(本館)【401号室】
  ◆参加費:
      A)12,000円(MBTI初受講の方)
      B) 6,000円(MBTI再受講の方)
      C )8,000円(新版テキスト希望の方)
  ◆夜話会(懇親会):講演会会場近くの居酒屋さんにて(2時間程度)
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ご参加、お待ちしていま〜す!
  ↓↓↓ 
 http://www.earthship-c.com/seminar/MBTI.html

=================================================

 ◆追伸◆
  
 ☆【ビジネス・メール実態調査2014】
  ビジネス・メールのマナー向上、教育に取り組んでいる
  一般社団法人日本ビジネスメール協会の平野友朗さんが、
  8年続くアンケート調査を、今年も行います。

  回答は5分〜10分で終わりますので、もしよろしければ!
    ↓↓↓ 
  http://business-mail.jp/research2014

  メール教育は、特に新人さんにとって、とても重要なタスクになりましたね!
  私も回答しました〜!

 ☆このメルマガを始めた2003年、幼稚園生だった長男も、
  今年の4月で、中三となり、いよいよ高校受験です。
 
  「この高校は見学会がある、ない、来週は、来月は、どこそこの高校が・・・」
 
  などという会話が家の中で交わされ、だんだんと慌ただしくなり、
  「自分もそうだったのか?」と、遠い記憶を思い出そうとしていますが、
  どうもうまく思い出せません(笑) 

  息子さん、娘さんの高校受験を終えた先輩パパさんママさん、
  もし、何か気をつけることなどあれば、教えてくださ〜い!  

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(45才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』3,028いいね!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■メッセージ: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
      『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://www.earthship-c.com/melmaga108/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────
【ことば】
 
 『成功するマネジャーは、誰よりも大きな自由を手にしている人物ではなく、
  手持ちの自由を最大限活用できる人物のようだ』

                            (H.ミンツバーグ)

           『マネジャーの実像』(H.ミンツバーグ 日経BP社)より 



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com