ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2014バックナンバー > 【58通目】

【58通目】「想像力」組織で活躍する人の特徴とは?

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《想像力》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
           http://www.earthship-c.com

                                14.05.12
                                 58通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 木漏れ日が 青葉を照らし 風の声

 いかがお過ごしでしょうか?

 2014年のゴールデン・ウィークが終わり、
 皐月(5月)が、進行中です。
 
 「目に青葉」の季節で、新緑が太陽に照らされて
 キラキラと光っています。

 週末は、「神宮の森」を散策し、
 東京とは思えない深い森に身をゆだねました。

 大木がつくる緑のトンネルをてくてく歩くと、
 青葉が風でこすれあい、ざわざわと音をたてていました。

 その音に耳を澄ますと、都会の喧噪が記憶から消去されて、
 東京から離れたどこか遠くの森にいる錯覚に陥ります。

 それは、想像力のなせる技でしょう。

 想像力があるから人は、その場でその時にもたらされる意味を
 2倍にも3倍にも深めていけます。
  
 アインシュタインは、
  
  ☆「想像力は知識より大切である」

 といいました。

 想像力を発揮して、
 心豊かな皐月の時をお過ごしになってください。
  
 〜〜〜

 さて、ちょっとお知らせをさせてください。

 【人材開発・社員研修ご担当者へ】 

 ヘッダーに書きました通り、未熟者ながら、
 日本最大級の人事フォーラム「HRサミット2014」に登壇することになりました!
 私が個人セッションや研修で活用しているMBTI(R)自己分析メソッド
 について1時間ほど、お話しいたします。

 ────────────────────────────
 「人の強みを活かすポジティブ・アプローチのリーダー育成」
 ────────────────────────────
  2014年6月3日(火)10:40〜11:40 
        at 東京スクエアガーデン(東京都中央区京橋)

              詳細は→http://goo.gl/eBUEWL

 MBTI(R)は、50年以上の歴史がある自己分析メソッドで、
 全世界の企業が活用しているものです。

 昨年10月に出版されたハーバード大教授ロバート・キーガン氏が書いた
 『なぜ人と組織は変われないのか』(英治出版)には、
 こんなことが書かれてありました。
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「重要なのは、MBTIが性格の評価を目的としたものではないという点だ。
   性格タイプに優劣はなく、どの性格タイプにも強みと弱みがある。
   このような価値判断をともなわない指標を用いれば、
   自己防衛的発想に陥ることなく率直に自己分析ができ、
   性格タイプを理由にほかのメンバーを非難することも避けられる」

           『なぜ人と組織は変われないのか』(英治出版)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 この本には、キーガン教授が実施したMBTI(R)を活用しての
 組織変革の事例が掲載されています。

 キーガン教授のコメントから読み取れるように、
 MBTI(R)は、人の「強み」を浮き彫りにしてくれるものです。
 よりポジティブに人をとらえようとする開発者の思想が
 その根底に色濃く流れ、テキストにも反映されています。

 自分の「強み」「よさ」を知ることは、人生を豊かにしてくれます。

 私はフリーランスの強みを活かして、

 「中小企業で人材育成の予算があまりとれないのだけど・・・」
 「研修の経費を削減したいのだけど・・・」
 「社員3人だけでMBTIの研修を受けたいのだけど・・・」

 などなど、様々な「だけど・・・」を「だけど・・できます」に変えています。
 いろいろなケースに柔軟に対応していますので、
 社員の成長を願いつつ「だけど・・・」があって「できていない」のあれば、
 そんなもったいない話はありません。

 人材の成長が、会社の成長です。

 右のメールアドレスまで、
 いつでも、何なりとご相談ください。→ j@earthship-c.com

 ちなみに「HRサミット2014」は4日間開催され、
 ネットからの予約で参加は無料だそうです。
 http://www.hrpro.co.jp/summit/
 
 社員の成長を願う中小企業経営者の皆さま、
 または人材開発、社員研修のご担当者さま
 もし、ご興味がありましたら、6/3、会場でお会いしましょう!
     ↓↓↓
 http://goo.gl/eBUEWL
 
 〜〜〜

 少々、お知らせが長くなり、失礼しました。
 それでは、早速、本文にうつりたいと思います。

 本通では、先日私のサイトにアップした
 「第7回リーダーの言霊」の主人公である 
 市光工業株式会社の篠原稔人事部長の言葉を頼りにして、論を進めます。

 市光工業(株)は、トヨタ、日産、ホンダなど世界の大手自動車メーカーに
 ランプやミラーなどの自動車部品を提供する東証一部上場企業です。

 「第7回リーダーの言霊」は、こちらのページで読むことができます!
   ↓↓↓
 http://www.earthship-c.com/leader_word/7_shinohara/shinohara7_1.html

 篠原部長は、日産自動車、モトローラ、アディダス、ゴールドマン・サックスなど
 大手グローバル企業の人事部門でキャリアを積まれてきた方です。

 「第7回リーダーの言霊」では、
 篠原部長のキャリアの流れをメインに、お話をお聞きしました。

 そのインタビューで、
 多くの人材を様々な会社で見てきた篠原部長の経験から、

 「組織において活躍する人の特徴としてどんなことがあげられますか?」

 と、聞いた時に、次のキーワードを篠原部長はあげていました。

  ──────────────────
   ☆当事者意識&オーナーシップ
  ──────────────────

 そして、こうおっしゃっていました。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  
   優れた人は、

    「もし、自分がこの会社を経営していたらどうするだろう」
   
   と考えています。
   自分の担当で決められた以上の仕事をするのです。 

                    市光工業株式会社 篠原人事部長
                     『第7回リーダーの言霊』より              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 篠原部長は、現在、市光工業のなかで人事制度を刷新したり
 新たな人材育成プログラムを導入したり、組織変革に取り組んでいます。

 私が有資格者であるMBTI自己分析メソッドを活用する研修も、
 その「組織変革」の一環として、取り入れていただけました。
 (こちらの研修の紹介ページに篠原部長のコメントがあります)
   ↓↓↓
 http://www.earthship-c.com/training/index.html  

 「変革」・・・「何かを変える」ことには、
 「今ある何かを捨てる」という作業が伴います。
  
 今あるものを「捨てる」というと、人は「損をする」と考えがちです。

 損はしたくないので、人は捨てることに抵抗します。
 だから、変革の場には、必ず、抵抗勢力が生まれ、
 変革を推進する人の前に立ちはだかります。
 
 でも、変革を前へ前へと進めていく人は、こう考えています。

  ☆「捨てないから、もっと損をしている」
  

 「もっと損をしている」ことに気づけない事態に陥るのが
 人や組織の性(さが)です。
 
 この「もっと損をする」のが何なのかについて、
 当事者意識、経営者意識をもって危機感を抱くのは、
 
  ─────────
   ☆「想像力」
  ─────────
 
 この力が人間に備わっているからだといえます。

 〜〜〜

  
  「もし、自分がこの会社を経営していたらどうするだろう?」

 と、自分に問いかけ、答えを導きき出すのは「想像力」ですね。

 つまり、オーナーシップをもち、上から指示命令されてなくても、
 自分の担当を越える仕事を実際にする人というのは、
 「豊かな想像力」を発揮を続けている人なのだともいえます。

 「自分の担当を越える仕事」といっても、それは、
 「大きな仕事ではなく、自分にできる小さな仕事」
 から始めればよいと思います。

 なぜならば、大きな変化は、小さな変化の積み重ねによって
 引き起こされることがあるからです。
 
 日航を再生した京セラ創業者稲盛和夫氏の本に、こんな言葉をみつけます。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   小さな歩みの一歩一歩が積み重なり、相乗効果を生み出していきます。
   日々の地道な努力が生む小さな成果は、
   さらなる努力を生み出す原動力となるのです。   
   そしてこの努力は、さらにより大きな結果をもたらします。
   あきらめずに続けてゆけば、いつか信じられないほどの高みにまで
   私たちを運んでくれるのです。
  
                『成功への情熱』(稲盛和夫 PHP)より              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  

 その小さな善行を積み重ねていくことで、
         どんな「高み」に自分を運んでいけるでしょう?

 「高み」とは、決して社会的な評価や地位の高さや仕事の成功だけではなく、
 
 「自分が理想とする自分」
 「自分が納得できる自分」
 「自分がOKを出せる自分」

 そうした、未来で待っているステキな自分を
 「高み」ということもできます。 

 仕事で成果をあげて、成功しているけれど、
 周囲の人に迷惑をかけて、困らせている、苦しめている
 というのでは、それは「高み」とはいえないでしょう。 

 どんな「高み」へと自分を運んで行くのか?

 これをイメージするのも「想像力」であり、

  ───────────────────────────────
   ☆「高み」に到達した自分であれば、今、どう行動するだろう?
  ───────────────────────────────

 と、想像力を働かせることも、
 「自分の担当で決められた以上の仕事」
 を手がけていく原動力になると思います。 

  目には青葉 山ほとどぎす 初がつお

 どうぞ、豊かな「想像力」とともにあらんことを・・・! 

 〜〜〜

  本日は、これにて。
 
  
  過ごしやすい季節になりました! 

  どうぞ大切なおからだを、
  くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2014年の皐月が、あなた様にとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十六年五月十二日

                             松山 淳より 

==================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、当事者意識を失っていないだろうか?

 2)私は、経営者意識をもっているだろうか?

 3)私は、想像力を屈指して仕事に取り組んでいるだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
===================================================
 ◆104℃ WORD◆

                         「想像力は創造力」
     
===================================================

 ◆追伸◆

 【風船葛(フウセンカズラ)の種プレゼント!】
 
 皐月となり、「グリーン・カーテン」をつくる季節になりました!
 今年の夏も、暑くなりそうです。

 昨年も実施しましたが、今年も、我が家でとれた
 「風船葛の種」をプレゼントいたします!

 風船葛は、育てるのが簡単で、
 グリーン・カーテンをつくるにはもってこいです。
 
 昨年、「数が多いので、沖縄の知人にも送りました」
 という方がいらして、お陰さまで、我が家の種が全国へ広がりました。

 「風船葛」の育て方は、こちらのページにありますよ〜。
   ↓↓↓
  http://yasashi.info/hu_00034.htm

 「風船葛の種」をご希望の方は、件名を【種希望】として、

  1)お名前 2)送り先住所

 を記載して下記のアドレスにメールしてください。
      ↓↓↓
   j@earthship-c.com
 

 地球に、グリーンをおひとつ! 

 どうぞよろしくお願いいたします\(^_^

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(45才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』2,949いいね!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
      『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────
【ことば】
 
  『個々の人生においても、企業経営においても、
      「一歩ずつたゆみなく歩む」ということが、
            夢の実現に至る、唯一の確実な方法なのです』

                            (稲盛和夫)

                   『成功への情熱』(稲盛和夫 PHP)より



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com