ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2014バックナンバー > 【55通目】

【55通目】「転機の力」不安を味方にする

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《転機の力》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                14.03.26
                                 55通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 気の早い ソメイヨシノの 咲き姿

 いかがお過ごしでしょうか?

 2014年の弥生(3月)も終盤となりました。
 ハクモクレンが艶やかな白で春の風景を演出し、
 彼岸桜が満開となりました。
 我が家の花壇では、黄色の水仙が花開き、
 越冬した赤と白のシクラメンが凜と咲いています。

 そして、なんとびっくり、昨日、
 自由が丘まで続く桜(ソメイヨシノ)並木の道を歩くと、
 桜の花たちも、いろいろな性格の子がいるようで、
 なんと!もう咲いている桜がありました!

 薄紅色の桜の花を見ると、繰り返し経験した、
 卒業式や入学式を思い出します。

 私が、新入社員として会社に入ったのは、
 1992年(平成4年)のことでした。
 新入社員研修を受けている時、桜好きの上司が講師役で来て、
 研修会場近くの桜の前で、
 同期みなと一緒に、撮影した日を思い出します。

 不安もあるけど、希望も感じる「転機」の季節、春!
 自分を変えてゆく、次のステージに行くのだと決意するに、
 もってこいの季節です。
 
 〜〜〜

 さて、そんな「転機」の季節に、
 2夜連続大型ドラマ『LEADERS』が放映されました。
  ↓↓↓
 http://www.tbs.co.jp/LEADERS2014/

 ご覧になった方も多いと思います。
 トヨタ自動車の実質的な創業者である
 「豊田喜一郎」氏をモデルにしたドラマです。

 主役は佐藤浩一さんで、香川照之、椎名桔平、
 山口智子、宮澤りえなど豪華キャストで物語が展開しました。
 
 実は、私のサイトのアクセスが、
 放映日のあった土日(3/22,23)で
 急激に伸びていました。

 週末はとても少ないのにです・・・。

 「どうしてだろう?」と、アクセス解析をみると、
 「日銀 高梨壮夫」のキーワードで検索されていました。 

 そして、アクセスされたページは、
 私が昨年、元トヨタ自動車社長豊田英二氏の死去を機に書いた
 このメルマガのバックナンバーでした!
  ↓↓↓
 【46通目】「地道な一歩」
 http://www.earthship-c.com/melmaga108/2013/130926.html

 なるほどです! 

 『LEADERS』では、名優香川照之さんが
 日銀名古屋支店「高梨壮夫」のモデルとなる
 山梨良夫役を演じていました。
 
 私は【46通目】で高梨壮夫にふれていて、
 この言葉が検索にかかったわけです。

 〜〜〜

 【46通目】にも書いたことで、繰り返しになりますが、
 今や世界企業であるトヨタ自動車にも、
 戦後、倒産の危機がありました。

 この危機をくぐり抜けようと命をかけて奮闘したのが、
 「豊田喜一郎」氏であり、資金面でバックアップしてくれたのが、
 日銀名古屋支店の「高梨壮夫」氏でした。

 トヨタ自動車の社長を約15年間務め、
 昨年亡くなった豊田英二氏は、『LEADERS』の中では、
 「愛知正二」という名で椎名桔平さんが演じていました。

 豊田英二氏は、『決断 私の履歴書』(豊田英二 日本経済新聞 )の中で、

 「高梨さんの努力がなければ、間違いなく潰れたであろう」

 と書いています。

 ただ、日銀がバックアップするのに、
 従業員の解雇が条件としてついていました。
 1000人を越える大量解雇です。
 労働組合員が黙っていません。

 組合員が暴走し工場を破壊するシーンが、
 ドラマでは描かれていました。

 組合との衝突は、実際にあったことであり、
 トップ・リーダー豊田喜一郎氏は、
 最後、従業員の解雇を決断し、自ら社を去ります。

 ドラマでは、多くの従業員の前で演説をして、解雇を実施すること
 そして、会社を辞めることを発表します。
 喜一郎役の佐藤浩一さんは、演説でこういっていました。 
  
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    「苦しい時こそ、大きな夢をもってほしい!」
 
   
                  ドラマ『LEADERS』(TBS)より              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 

 この言葉をひっくり返せば、こうも言えます。

 
  ─────────────────────────
   ☆夢は、苦しい時にこそ、育まれるのだ!
  ─────────────────────────

 〜〜〜

 春は「転機」の季節。

 人事異動が決定し、新たな職場に向かう方もいると思います。
 昇進して、管理職となる人も・・・。
 転職をして4月から新しい会社に移る人もいるでしょう。

 希望に満ちあふれつつも、心のどこかでに、
 少しの不安を感じているかもしれません。

 その不安は、あって当然のものです。

 不安があるから、人は備えるのであって、
 不安は、ヨットを動かす風のようなものです。

 不安を感じるからこそ、
 「これから先、その不安が現実化しないように」と、
 私たちは、準備をし、最善の道を歩もうと努力します。
 不安という風を受けて人を行動するのです。

 確かに、不安は、時に苦しみとなって私たちに襲いかかります。

 でも、不安の襲撃は、私たちの人間を磨き
 自己を飛躍的に成長させるために用意された研磨石であり、
 自己を磨く経験を通してこそ、
 自らの目標や夢や志や「人生で大切にすべきコト」が
 より明確になり、育まれていきます。

 だから・・・、

  ☆「全てのコトに意味がある」

 そう考えることは、私たちが苦しい時に信じていい、
 先人達から贈られた確かな教えです。

 〜〜〜

 転機(トランジション)という概念に着目した
 臨床心理学者であり組織コンサルタントでもある
 ウィリアム・ブリッジズは、著『トランジション』で、こう書いています。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「何かが今、達成できたとしよう。
   それを行ったのはあなたなのだ。
   みんながあなたを、そのことをやってのけた人物として見ている。
   彼らの目を通して自分を見ると、自信とは何かがわかるだろう。
   あなたは自分自身を、
   それほどのことができる人間として認識するのである」

    
           『トランジション 人生の転機を活かすために』
           (著ウィリアム・ブリッジズ パンローリング)より              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
  
 「転機」が来るのは、それまで、確かに何かをした証です。
  
 そこに「悔いる過去」が、例えあったとしても、 
 「将来の不安」があったとしても、
 これまで何かをしてきた自分がいるから「転機」が訪れ、
 だから、転機の春は、自分を認めてあげる季節だと思うのです。

             春。

 それは自分を認め、新しい自分へと生まれ変わる時間です!

 〜〜〜

  本日は、これにて。
 
  さあ、花見の準備ですね。ただ、花冷えという言葉もありますので、
  どうぞ風邪など召されませんよう大切なおからだを、
  くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2014年の弥生が、あなた様にとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十六年三月二十六日

                             松山 淳より 

====================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、次のステージに進もうとしているだろうか?

 2)私は、人生の課題と向き合っているだろうか?

 3)私は、より高みを目指そうとしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
====================================================
 ◆104℃ WORD◆

                              「転機はジャンプの時」
     
====================================================

 ◆追伸◆

 今年2014年は、ガンダム放映開始35周年。
 それを機に、いろいろなプロジェクトが始動しているようです。
   ↓↓↓
 http://www.gundam35th.net

 今年7月には、東京と大阪で「ガンダム展」が開催され、
 来春には、シャアが幼かった頃の話が映像化されます。
 
 ────────────────────────────────
 『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』 
                (著 松山淳 SB Creative) 
 http://www.earthship-c.com/GUNDAM/gundam.html
 ────────────────────────────────
 〈アマゾン〉
 http://www.amazon.co.jp/dp/4797374519/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22 
 ────────────────────────────────   
 
 先月2月、上梓した拙著ですが、
 当初、企画の段階では、昨年の秋頃の出版を目指していました。

 ところが、サンライズさんから
 年が明けて2月にというお話があり、変更になりました。

 なるほど!

 こうした35周年との絡みもあったのではと、
 今考えると、納得できます!

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(45才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』2,818いいね!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────
【ことば】
 
 『「終わり」と「始まり」の間には、空虚と発芽がある』

                       (ウィリアム・ブリッジズ)

              『トランジション 人生の転機を活かすために』
              (著ウィリアム・ブリッジズ パンローリング)



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com