ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2014バックナンバー > 【51通目】

【51通目】「使命」働くことは使命を果たすこと!

『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』(SB Creative)
 【著】松山淳 5つのリーダーシップでしなやかなリーダーへ〈2月25日発売!〉
           http://www.earthship-c.com/GUNDAM/gundam.html
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《使命》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                14.01.30
                                 50通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 朝焼けと月へ響くよシュート練

いかがお過ごしでしょうか?

 ここ数日の日中は、気温があがりましたが、
 長期予報があたりまして、
 東京は、冷え込む日が続いています。
 
 長男(中1)は、部活でバスケをしていて、大会が迫り、
 体育会出身の親父としては、ひと肌ぬぐかと、
 朝早く起きて、練習につきあっています。

 公園にバスケのゴールが設置してあり、
 夜明け前から、ハアハア息をはずませ、
 パスの練習やデェイフェンスの相手をかってでて、
 息子と一緒に汗を流しています。

 からだを動かすことは、もちろん、健康にいいわけですが、
 私が楽しみにしているのは、朝焼けの光景です。

 今は、朝焼けに月が重なってみえます。
 夜から朝へと空が段々とかわっていく、その色は、
 冬の透明な空気だからこそ見える独特の色合いで、
 都会ながら、なかなか素晴らしい光景です。

 早起きは、三文の徳。

 まさにその通りで、昔の人はよくいったものだな〜と
 早朝の空を眺めて、宇宙を感じる、今日のこの頃です。

 〜〜〜

 さて、ヘッダーに記しました通り、昨年から告知してきました新刊について、
 関係各署から、許可がおりまして、やっとこさ、
 情報をオープンにすることができます。

 新刊は、ガンダムに関する本で、来月2月25日発売となります!

 ────────────────────────────────
 『「機動戦士ガンダム」が教えてくれた新世代リーダーシップ』 
                (著 松山淳 SB Creative) 
   http://www.earthship-c.com/GUNDAM/gundam.html
 ────────────────────────────────
 〈アマゾン予約ページ〉
 http://www.amazon.co.jp/dp/4797374519/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22 
 ────────────────────────────────

 ところで、ガンダムってご存知でしょうか?

 また、ガンダム・ファンの方は、いらっしゃいますでしょうか?

 サイトで表紙をみていただければ、おわかりの通り、
 ブライト、シャア、アムロ、ドズル、ランバ・ラルなどの姿が装丁を飾り、
 本書は、ガンダムの制作会社「サンライズ公認」の本となっています。

 「ガンダムなんて、小学生の時に見たきりだよ!覚えてないな〜」

 そんな方でも、表紙を見ると、幼い頃の記憶が少しは、
 よみがえってくるのではないかと思います。

 発売までまだ約1ヶ月近くあり、現在、本の制作段階としては、
 最終校正の局面を向かえようとしています。

 本の情報はすでに書店に流れていて、なんと早いもので
 アマゾンの予約画面はもうできています。
 全国の書店から、順調に注文が寄せられていると、
 出版社の方から聞いていて、今のところ順調な滑り出しだそうです。

 感謝、感謝、これもお陰さまと、嬉しいかぎりです!

 〜〜〜

 それにしても、人生、わからないものだな〜と、つくづく感じます。

 小中高大と、私を知る旧友たちは、

 「なんで松山(まっちん)が、ガンダム書くの?」

 と、目を丸くし、腰を抜かし、笑い転げて、
 中には、信じようとしない輩もいると思います・・・(笑)

 ただ、私にとって本書は、自分の殻を破る大きなチャレンジであり、
 自分の「使命」を実現するための行動のひとつであり、
 「ブレはない」と、思っております。

 私の「使命」は次のものでした!

  ──────────────────────────────
   リーダーの自己成長を支援し、人と組織を元気にすることで
         世界中の家族に笑顔を広げる。  
  ──────────────────────────────

 編集の方から声をかけられ、「ガンダムのことが自分に書けるか?」と
 不安がよぎった時に、ふと思ったのは、この「使命」であり、
 執筆の期間も、くりかえし、確認しました。

 国内で地味に活動しているため、
 「世界中の家族に」という点で、時々、笑われてしまうこともあるのですが、

  ─────────────
    ☆念ずれば花開く
  ─────────────
  
 詩人坂村真民さんの、この言葉通りでして、
 前著『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)は韓国版が出て、
 今回の本は、すでに2カ国から問い合わせが来ているというのです。

 アニメは、「クール・ジャパン」のひとつであり、
 世界中に日本のアニメ・ファンがいることは、皆さんもご存知の通りです。
 ガンダムの応援をえながら、自分の積み重ねた言葉が、
 日本を飛び出し、海外の人に読んでもらえることは
 「使命」にそったことであり、私にとって望外の幸せです。

 〜〜〜

  ・リーダーは使命をもて 
  ・リーダーはビジョンを描け
  ・リーダーは生き方の哲学を明確にせよ

 巷の本では、こうした、いや、もっとさまざまな表現で、
 リーダーが自分の仕事やその行動に対する基本的な考え方を明確にする、
 その大切を訴えています。

 しかし、どうでしょう?

 目の前に次から次へとふってくる仕事に忙殺されていたら、
 哲学だ使命だなんて、そんな悠長なことはいってられません。

 仕事を片付けることで手一杯で、
 そうしないと、家に帰ることもできませんし、
 家族との時間ももてません。

 「哲学だ使命だなんて、考えられない忙しさ」

 私は、それはそれとして、
 ひとつの肯定すべき人生のかたちなのだと思います。

 なぜなら・・・、

  ─────────────────────
   ☆「幸せを考えると、幸せが逃げていく」 
  ─────────────────────
  

 という言葉がある通り、つまり、
 考え過ぎて立ち止まっているよりも、
 何かひとつでも、自分の仕事をもって、
 精一杯、働くことができているのであれば、
 それは、社会に役立つ大きな価値ある行為であり、
 その働きのなかに「使命や哲学」は自ずと宿っていると考えるからです。

  ────────────────────────
   無意識に果たされる無名の使命によって、
   社会は前進し、未来は創られていく。
  ────────────────────────
 

 つまり、愚痴をもらしながら、泣きたくなることもありながら
 あれやこれやと働くコトに忙しい時間のなかで、
 私たちは自分の「使命」を、しっかりと、果たしているということです。

 そうした、使命を意識しない忙しさを通して、
 もし何か自分の「使命や哲学」が浮き彫りになってくるであれば、
 それはそれは確かな、自分でみつけた人生の宝ものなのだと思います。

 もちろん、その道程はとても大変なことだと思いますが、
 大変だと感じられている方に、この言葉を贈ります!

 1960年代、ドイツから日本に招聘され、サッカー日本代表の基礎をつくり、
 「日本サッカーの父」といわれる、デットマール・クラマー氏の言葉です。
   
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   「君は今、大変なことをやろとしている。
 
    大変なことだから素晴らしいのだ。
 
    素晴らしいことをする人間がくじけてはいけない」

    
             『日本経済新聞「春秋」』(2010.6.26付け朝刊)              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 
 人生、くじけたくなることもありますが、

     まさか私がガンダムの本を書くように、

          未来で何が待っているか、わかりません。

 その待ち受けているものは、あなたの使命を果たすための、
 大変な顔をした素晴らしいことが多い。
 
 大変なことだから素晴らしい。

 だからやっぱり、素晴らしいことをしているあなたが、

 くじけてはいけません!

 〜〜〜

  本日は、これにて。
 
  冬は、これからが本番です。
  どうぞ風邪など召されませんよう大切なおからだを、
  くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2014年の残り少ない睦月が、あなた様にとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十六年一月三〇日

                             松山 淳より 

===================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、考え過ぎて行動がおろそかになっていないだろうか?

 2)私は、自分の仕事を自分で否定し過ぎていないだろうか?

 3)私は、自分のことを肯定できているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
===================================================
 ◆104℃ WORD◆

                          「使命の無名性」
     
====================================================

 

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(45才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』2,667いいね!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
 「思わなければ何も実現しない、このことは仕事のみならず、
  人生における鉄則でもあるのです」

                         (稲盛和夫)

                『働き方』(稲盛和夫 三笠書房)より



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com