ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2013バックナンバー > 【48通目】

【48通目】「その先へ」創造性は使命感によって引き出される!

☆『これからリーダーになる君に伝えたい7つのシンプルなこと』(ごきげん出版)
 若手リーダーたちに知っておいてもらいたい、とても大切なこと!
 電子書籍(Kindle版)にて、発売開始で〜す!→ http://amzn.to/1eRQSUq
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《その先へ》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                13.12.09
                                 48通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 吐く息の 白さを競う 通学路

 いかがお過ごしでしょうか?

 2013年も、いよいよ最後の月「師走」となっています。
 街はすっかりクリスマス・イルミネーションで彩られ
 郵便局の前には「年賀葉書」を宣伝するのぼり旗が、
 冷たい風にゆれています。

 そんな季節、只今、執筆中の本は、来年の2月発売が決定しました!

 となると、全体を一回書き終える締め切りが年内でして、
 10月から悪戦苦闘の日々で、只今、山場をむかえております。
 今回は全体が5章構成で、今、4章の真ん中を登っている途中です。

 執筆は、ほんとに山登りといいますか、
 長距離マラソンのような感覚が強いものですね。

 今回の本は「企画もの」でして、いただいた「テーマ」が、
 特に男性のアラフォー世代の人たちであれば、
 多くの人がよく知るものなので、内容をしっかりとおさえて、
 リーダーの皆さんが参考にできる、よりよいものにできたらと思います。
 
 その「テーマ」については、また発表できる段階になりましたら、
 このメルマガでも、お知らせいたします。
 
 ***

 さて、過日、私の企画サイト『リーダーの言霊』に、
 海外の展覧会にも積極的に作品を発表し続け
 世界を股にかけて活躍する藤原敬介氏に登場していただきました。
  ↓↓↓
 http://www.earthship-c.com/leader_word/6_fujiwra/fujiwra6_1.html

  ☆「デザインとは、人が生きる行為そのもの」
 

 藤原氏のこの言葉から、
 自分の仕事を「狭義の意味」に閉じ込めるのではなく、
 自らが行う「仕事の意味」を拡大、飛翔させようとする
 創造性へのあくなき挑戦心と強い責任感を感じました。
 
 その藤原氏が、本を出版しました。

 『インテリアデザイン 美しさを呼び覚ます思考と試行』(藤原敬介 丸善出版)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4621087304/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

 これまで藤原氏が手がけてきた商業空間や作品を例にとって、
 それができあがる具体的なプロセスや
 どんな思い、考えでデザインがされていったのか、
 創造性の過程が、詳述されています。
 
 クリエイティブであろうとすること、創造的でありたいと願うことは、
 デザイナーや芸術家に限ったことではなく、
 ビジネス・リーダーにも共通するマインドです。
 
 この本で、藤原氏はこう記しています。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  「今、ぼくがデザインを通してものを生み出すことで、
   何かを達成したいと考えていることは、
   社会に対して、そして未来に対して「きっかけ」という小さな種を
   蒔くことだと思っています。(中略)

   デザインとして世に提示したものがきっかけとなり、
   メーカーの人々や技術者たちが新たなことに挑戦すること、
   またさまざまな分野のクリエイターの創作活動に
   インスピレーションを与えること、
   さらに人々がライフスタイルを見直すこと、
   こうしたことに関して、デザインを通して役に立てることを
   常々考えており、そこにデザインの意義の重さを感じています」
   

         『インテリアデザイン 美しさを呼び覚ます思考と試行』
                         (藤原敬介 丸善出版)     
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 この本全体を通して、あるいは、上記の言葉からも感じることは、
 藤原氏の仕事に通底している、次のことです。

  ────────────────────────
   ☆デザインのその先にあるものへの強い使命感
  ────────────────────────

 クライアントからの依頼に応じてデザインをして納品する。
 これが「狭義の意味」でのデザイナーの仕事でしょう。
 しかし、藤原氏は、そこにとどまることを「よし」としません。

 例えば、氏のHPのトップページを下にスクロールすると、左下に
 「5 P.M. in the Summer」と名付けられた
 独特な色つやのある、チタンの椅子があります。
 海外の展覧会でも高い評価を受けたものです。
  ↓↓↓
 http://www.keisukefujiwara.com

 この椅子は、世界的デザイナー倉俣史郎氏の作品づくりを陰で支えた
 「イシマル」という会社の協力があってこそ、成立したもので、
 「チタンの陽極酸化」という難しい技術が応用されているのだそうです。
 
 つまり、藤原氏の仕事には常にデザインの可能性を押し広げようとする、
 その先への強い意識があるのです。それが以下のことにつながっている。
 
  「メーカーの人々や技術者たちが新たなことに挑戦」
  「クリエイターの創作活動にインスピレーションを与える」
  「人々がライフスタイルを見直すこと」

 つまり、そうしたデザインやデザイナーの仕事が生み出す

  ☆「社会的プラスアルファ(+α)」

 の要素を自らに課された使命としてデザインがなされていて、
 この「+α」への思考と試行を繰り返す強い意識が
 私たちから「クリエイティビティ」を引き出すのだと感じます。

 〜〜〜

 私は藤原氏の本を読み、「森のイスキア」を主宰する
 佐藤初女さんの言葉を思い出しました。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   「ある線までは誰でもやること。
  
    そこを一歩越えるか越えないかが、

    人のこころを響かせるものになる」
   

      『いまを生きる言葉「森のイスキア」より』(佐藤初女 講談社)                              
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 
 この仕事への姿勢は、まさにリーダーシップに通じるものであり、
 こう定義することもできるでしょう。

 
 「リーダーシップとは、その先にあるものを見据えて、
  ある線を一歩越えてゆくこと」
    

 仕事を通してできることは、
 私たちが考えているよりも常により大きな社会的な意味を含むものです。

 「まあ、こんなものでいいんじゃない」とすぐに妥協してしまうのではなく、
 「後少し何かできないか」と、粘ってみる。考えてみる。人に相談してみる。

 人のこころを響かせる何かをクリエイティブするために、

 私たちリーダーのできることが、たくさんあります!

 〜〜〜

  本日は、これにて。
 
  朝、子どもたちが吐く息の白さを競い合いながら学校へゆく季節です。
  どうぞ風邪など召されませんよう大切なおからだを、
  くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2013年の師走が、あなた様にとって、
  生涯忘れられないような笑顔のあふれる日々で
  満たされることを心よりお祈りしています。

    
     
 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十五年十二月九日

                             松山 淳より 

==================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、ある線を一歩越えようとしているだろうか?

 2)私は、仕事の先にあるものを見据えているだろうか?

 3)私は、人の心に響く仕事をしようとしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
===================================================
 ◆104℃ WORD◆

                           「その先へ」
     
====================================================

 ◆追伸◆

 【これからリーダーになる人へ向けた電子書籍発売】

 メルマガ発行10周年の今年、このメルマガを何らかの形でまとめることが
 2013年の目標のひとつでした。

 『これからリーダーになる君に伝えたい7つのシンプルなこと』(ごきげん出版)
  http://www.gb-books.jp/ebooks/jn-matsuyama/leader.html

  ・アマゾンKindle → http://amzn.to/1eRQSUq
  ・楽天Kobo→ http://bit.ly/17Yizf9

 お陰さまで、なんとか形になり、目標をひとつ達成しました!
 本のタイトル通り、これからリーダーになる20代〜30代前半の若手社員を
 意識して書いたものです。
 若手社員へのご紹介など、もしできましたら、
 どうぞよろしくお願いいたします。

 【Yahoo!ビジネスニュースに記事投稿】

 先月のことですが、Yahoo!「ニュースBUSINESS」に執筆し記事が掲載されました!
 Yahoo!のトップページ「トピックス」にも出て、
 数十万を超えるアクセスがあったと、聞いております。
 やっぱり、Yahoo!の力はすごいですね!
      ↓↓↓
 http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20131106-00010000-biz_sbcr-nb

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(44才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』2,657人突破!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)
      『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────
【ことば】
 
 「デザインとは造形を通して
  文化の創造に寄与することを大切な目的としています」

                (インテリアデザイナー藤原敬介)

『インテリアデザイン 美しさを呼び覚ます思考と試行』(藤原敬介 丸善出版)より

http://www.amazon.co.jp/dp/4621087304/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22



松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com