ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2013バックナンバー > 【33通目】

【33通目】「自然は教師」リーダーは、自然から学び成長する!

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《自然は教師》
                                             

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                13.05.21
                                 33通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 砂浜で 穴ほる大人の 幼な顔

 いかがお過ごしでしょうか?

 2013年の皐月も、はや、下旬へと・・・。
 東京は気温があがったりさがったりと
 洋服の調整に困る日が続いています。
 「半袖で今日はいける」と思ったら、その翌日は、
 「一枚上着をはおらないと肌寒い」というような五月です。

 そんな五月ですが、GWが明けて、
 出版予定の本の校正作業を終えて一段落したので、
 日帰りで伊豆のほうへ家族でドライブに出かけました。
 砂浜に小さなテントをはって、海で1日を過ごしました。

 海に着いた時は、太陽の光を雲がさえぎり
 気温もあまり上がっていなかったのですが、
 雲が風に流されてどこかの街へと「さよなら」すると、
 太陽が顔を出して、気温がぐんぐんあがり、
 光が目に痛いほどになりました。

 「これは泳げるな〜」

 と、私がつぶやくと、
 子どもたちは「やった〜」とはしゃぎ始め、
 でも、他に泳いでいる人たちはいないので躊躇したのですが、
 
 「でも、まあ、いけるか」

 と、駐車場にとめた車から浮き輪をもってきました。

 子どもたちは、浮き輪を手にして、海へとダイブ。
 私も水着になって、海へ・・・。
 さすがに水温はまだ冷たかったものの、
 ちょっと早い今年初の海水浴を楽しみました!
 
 私たちが泳ぎはじめると、うらめしそうにみていた、
 他の子どもたちも、水着はないものの、
 海へざぶりとはいって、近くにいた親たちは、
 「まったくしょうがないわね」といった顔をしつつ、
 でも顔は笑っていて、自然に帰った子どもたちを
 嬉しそうにみつめていました。
 
 自然は、やっぱりいいものです!

 〜〜〜

 さて、先日、私が資格をもっている性格検査MBTI(R)を紹介しながら、
 ある経営者の集まりで講演をいたしました。

 その導入部分で「運命を変える3つの出会い」という話しをしました。
 「運命を変える」などというと、大袈裟ですけれど、
 この「3つの出会い」を通して、誰もが運命をかえてきたという
 それはそれは、再確認に過ぎない、ささいなお話です。

 そのなかのひとつは、何かといいますと、

  ─────────────
   ☆「自然との出会い」
  ─────────────

 自然は人間の思考に影響を与え、思想をつくります。
 砂漠で生まれた思想が、「一神教」で、
 自然豊かな我が国は、「八百の神々」です。

 たくさんの神を受容する精神性は、
 多様性を許容し、互いの違いを認め、許し合う心を育みます。

 でも、自然から切り離された生活をすると、
 地球の多様性を肌で感じることができずに、
 心のたおやかさが劣化していきますね。

 感動的で雄大な自然の光景を目すると、
 
 「あ〜なるほど、生かされているんだな〜」

 と、人間のちっぽけさに気づき、謙虚さを取り戻す。
 そうした話はいろいろな人からよく聴かれるものです。

 自然の力を感じとる光景は、都会にもあります。
 アスファルトの隙間から、力づよく芽吹く雑草たち。
 傘の骨を折るような強風をともなう大型の台風が去った後の朝にみる
 露をのせた花のしなやかな強さ。
 人が歩くのもやっとという強い風が吹き荒れ、
 風をきる電線の音が薄気味悪く一晩中、鳴り響いていたのに、

 「なんでこんな小さな花が
  何事もなかったかのように凜として咲いているのか」

 と、近所のスーパーにて150円で買ったベランダにある小さな花に、
 やけに感動してしまう。

 そんなことを考えていると、ふと仕事のアイデアを思いつき、
 そこから何かが生まれて、運命がかわっていくことがある。

 〜〜〜

 世にある技術革新で、自然からヒントに得たものは、多数あります。
 スティーブ・ジョブズは、「技術とリベルラル・アーツの交差点に立つ」
 という言葉を生前、よく口にしていたといわれていますが、
 公式伝記『スティーブ・ジョブズ』では、こんな言葉を残しています。
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   
  「21世紀のイノベーションは、生物学とテクノロジーの交差点で
   生まれるんじゃないかと思う。
   僕が息子くらいのころデジタル時代がはじまったように、
   いま、新しい時代がはじまろうとしているんだ」
    
  
  『スティーブ・ジョブズ』(ウォルター・アイザックソン 講談社)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 人間が科学の力を使って、人工的につくりあげてきたものは、
 恐らく遠い未来、同じ科学の力で、イノベーションがおこり
 全てが「自然なもの」に集束されていくのではないかと、私は思います。

 つまり、科学が進化すればするほど、自然と人工物との融合すすんで
 より自然なものへと帰っていく。

 例えば、現在は、建築材として、鉄やコンクリートが主流ですが、
 今、研究がすすんで、鉄に負けない「強度」をもった「木材」が
 開発されて、建築の現場で普及しつつあるそうです。

 日本では建築法で、長きにわたり都心のビルなどで
 木材を使うことは禁止されてきました。
 強度の問題もありますが、
 火事になった時、延焼を加速させる原因となるので、
 これが、大きな問題でした。

 ところが、火にも強くビルの建築に使用可能な
 「木材」が、今はあるというのです。

 なんとも、すばらしい話しですね!

 もし、都会のビル群が全て木材建築でできたら、
 まさに都市全体が「森」となって、
 ヒートアイランド現象も、ぐっと軽減できるのではないでしょうか。
 学校や図書館が「木」でできたら、
 シックハウス症候群で苦しむ子どもたちの苦痛を減らすことも・・。

 と、そんな単純な話しではないと思いますが、
 大手ゼネコンには、すでにその専門部署もあるとのことで、
 ぜひ、「都会の森」を実現してもらいたいな〜と、
 私は、ひそかにエールを送っております。 

 〜〜〜

 そんなことを書いていると、ふと、
 司馬遼太郎さんの遺言ともいえる、子どもたちに向けて書いた
 『二十一世紀に生きる君たちへ』の一節が、頭をよぎりました。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  『「人間は、自分で生きているのではなく、
   大きな存在によって生かされている」
   と、中世の人々は、ヨローッパにおいても東洋においても、
   そのようにへりくだって考えていた。

   この考えは、近代に入ってゆらいだとはいえ、右に述べたように、
   近ごろ再び、人間たちはこのよき思想を
   取りもどしつつあるように思われる。

   この自然へのすなおな態度こそ、二十一世紀への希望であり、
   君たちへの期待でもある。
   そういうすなおさを君たちが持ち、
   その気分をひろめてほしいのである。
 
   そうなれば、二十一世紀の人間は、
   よりいっそう自然を尊敬することになるだろう。
   そして、自然の一部である人間どうしについても、
   前世紀にもまして尊敬し合うようになるにちがいない。
   そのようになることが、君たちへの私の期待でもある。』
  
  
     『二十一世紀に生きる君たちへ』(司馬遼太郎 世界文化社)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 http://www.amazon.co.jp/dp/4418015043/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
 
 
  自然にふれることで、人間どうしが尊敬しあうようになる。

  なぜなら、自然の畏れを感じ取ることができれば、

  人は、ひとりでは決して生きられないと、知るからである。

  私たちは、決してひとりでは生きられない。
  
  そうした存在だからこそ、

  自分以外の誰かを大切にしようと意識し、そこから絆が生まれて、

  その絆の尊さを強く自覚していくことで、

  二十一世紀に生きるリーダーとして、

  私たちは、自然とともに、より大きな人間へと成長していく。

  自然は、優しく厳しい、偉大な教師である!

 
  
 〜〜〜
 

  本日は、これにて。
 
  今年の5月、6月は気温の上下が続きそうですので、
  どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
  そして2013年の皐月があなた様にとって、生涯忘れられないような
  笑顔のあふれる日々で満たされることを心よりお祈りしています。

    
     
 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十五年五月二十一日

                             松山 淳より 

==================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、風の音に耳を澄ましているだろうか?

 2)私は、自分も自然の一部だと自覚できているだろうか?

 3)私は、すぐそばにいる人を大切にできているのだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==================================================
 ◆104℃ WORD◆

                          「自然は、告げている」
     
==================================================

 ◆追伸◆

 現在進行している本ついて、遂に、発売日が決まりました!

 【2013年7月17日 配本】

 ということで、正式に社内で決定したと、編集の方から教えていただきました。
 恐らくアマゾンには、6月下旬には、アップされるとのことです。
 先週、初校を出版社に戻しまして、今週、再校正が出てくる予定です。
 校正は苦手ですが、これをやりきって、夢の実現へと後一歩です。

 今回、お世話になっている出版社は「ソフトバンク・クリエイティブ」です。
 本の形態は、「新書」となります。

 実は・・・、「いつか新書を出版できる人間になる」というのは、
 私の10年来の夢でして、それが実現することになりそうです。

 時代の変遷で、新書に対するイメージも、随分と変わりましたが、
 やはり「新書とは、その道の専門家が書くもの」というイメージが
 私にはまだまだありまして、そんなことから、
 いつか新書を書くことをビジョンのひとつにして、この道を歩んできました。

 なんとか、そのビジョンが実現できそうで、
 私はホントに「運がいい」といいますか、
 とにかく、「ありがたい、ありがたい」と、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 本当に、どうもありがとうございます(^人^)


 ──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(44才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』2,254人突破!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
 「自然物としての人間は、決して孤立して生きられるようにはつくられていない」

                            (司馬遼太郎)

             
           
      『二十一世紀に生きる君たちへ』(司馬遼太郎 世界文化社)より

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com