ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2012バックナンバー > 【26通目】

【26通目】「打つ手は無限」 誰かが悪いは、もうやめよう!

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《打つ手は無限》 

          Merry Xmas and Happy New Year!!!
                               

          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                12.12.25
                                26通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様 へ

 拝啓 聖夜きて ポインセチアが 輝いて   

 いかがお過ごしでしょうか?

 2012年の師走、暮れも押し迫ってきました。
 昨日、クリスマス・イブはいかがだったでしょうか。

 我が家は、自由が丘で小さなケーキを買いまして、
 部屋を暗くし、クリスマスツリーの電飾にスイッチを入れ、
 ローソクに火に灯し、「きよしこの夜」を家族そろって歌いました。
 どこにでもあるような平凡な時間でした。

  ───────── 
   ☆平凡は奇跡
  ───────── 

 私の「座右の銘」のひとつです。
 平凡な時の流れに潜む笑顔のかけらを拾い集めてみれば
 今年も記憶に残る楽しいクリスマス・イブとなりました!
  
 日本では、今日(12/25)も「クリマス・パーティーだ〜!」と、
 聖夜でも、たくさんの人で街は賑わいます。
 ところが、欧米の都市だと、12/25は街中が静まりかえるそうですね。
 パリやニューヨークやロンドンでは、
 街にあるお店というお店が閉まってしまうとか。
 
 人はどこに行ってしまうのか、というと、
 多くの人が、里帰りをして、家族のもとに集まるわけですね。
 
 日本と比べると想像がつかないと、一瞬、思うのですが、
 欧米でのクリスマスは、日本の「お正月」みたいなものと
 考えればいいのですね。
 日本の街も、元旦はさすがにひっそりしています。
  
 さて、今日が終われば、明日からお正月飾りが街中にあふれ
 一気に新年を迎える準備です。

 このメルマガも本年は最後となります。

 終わりよければ全てよし!

 2012年の年末を笑顔の時間でしめくくりましょ〜!

 〜〜〜 

 さて、「笑顔の時間」と書きつつも、日本の経済状況を考えると、
 なかなか笑顔になりきれません。

 皆さまにとって、2012年は、どんな1年だったでしょうか?

 今年の後半に入ってから、社長アンケートなどの調査結果では、
 「景気悪化」という回答が多く、あまりみたくない4文字が、
 新聞紙面からなかなか消えてくれませんでした。

 円高、高い法人税率、電力不足など「六重苦」という言葉も生まれ
 企業を停滞させる6つの要因が、クローズアップされました。 

 時代の混沌ぶりは、世相を反映し、
 選挙の結果にも大きな影響を与える結果となりました。

 こうした時代の雰囲気を大人はもちろんですが、
 子どもたちも敏感に感じているようです。

 先日、日経新聞に掲載されていた調査結果をみて、
 ちょっと「ぎくり」としてしまいました。

 小学校5年生から中学校3年生の男女200人を対象にしたものです。

 ────────────────────────────
 「2012年の社会のようすを漢字1文字で表すと・・・」
 ────────────────────────────

 ちなみに、清水寺で発表された「今年の漢字」は、

  ☆「金」

 でした。金環日食、ロンドン五輪の活躍、スカイツリー開業、
 そして、山中教授のノーベル賞受賞など
 「多くの金字塔が打ち立てられた」ことが選定の理由でした。
 昨年は「絆」でしたね。

 これに対して2012年、子どもたちが選んだ漢字は、
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
    1位 「耐」・・・29票    
    2位 「苦」・・・26票
    3位 「混」・・・26票
    4位 「滞」・・・22票
    5位 「絆」・・・19票
    6位 「変」・・・17票
    7位 「衰」・・・16票
    8位 「動」・・・12票
    9位 「楽」・・・10票
   10位 「悲」・・・10票

         『日本経済新聞』(2012.12.22 朝刊)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 
 いかがでしょうか?
 1位から4位の上位にある漢字は、
 決してポジティブで明るいものとはいえません。
 
 1位「耐」では、「景気が悪いから」
 と答える小学生男子の声もありました。

 私が小学生のとき、オイルショックなど経済的危機がありましたが、
 鼻水垂らして友だちと遊び回っていて、
 「景気」のことなんか、何にも考えていなかったな〜と、
 でもそれは、私が単に脳天気な子どもだったからなのかな・・・(笑)。

 それにしても、子どもに「苦」「耐」「悲」という言葉を書かせるほどに、
 今、社会が混沌としているのか。

 「たかが子どものアンケートじゃないか」

 そうした声も、もちろんあると思うのですが、
 大人ならまだしも、子どもたちが、ある意味とても正確に、
 2012年の社会を見通していたことに
 ちょっとショックを受けたのです。

  ☆子どもは、大人以上に真実への理解が透徹している。

 よくそう言われ、私も子育てを13年間してきた経験から
 「子どもの想像を越える力」を確信しています。そして・・・、

  ☆子どものもつ希望の度合いが、その国の活力のバロメーター
 

 だとするならば、経済的な数値や「経営者の声」からだけではなく、
 これは、腕組みして「う〜ん」と唸る事態なのだと
 新聞でデータをみて、改めて思い知らされました。
  

 〜〜〜

 しかし、腕組しているだけではいけないわけです。

 かといって居酒屋談義で「政治が悪い」「学校が悪い」「教育が悪い」
 などと、どこかに社会を悪くしている総責任者がいて
 その責任者を追及し解任すれば社会の事態が好転する
 という他責的妄想による錯覚を軸とし
 気炎をあげて時間と言葉を費やすよりも、
 例え、社会から会社から評価されなくても、
 泥沼で足を引きずるような感覚がありながらも、
 誰からも賞賛されないという無力感がありながらも、
 「雨垂れ石を穿つ」の精神で、
 大人だからこそできる、具体的な「打ち手」を
 着実に継続して実行していくことが、
 この混沌の時代に求められている
 社会の変革者である大人たちの行動パターンであり、
 リーダーシップの真の姿がそこにあると、私は思います。
 
 その「打ち手」とは、新聞に掲載されるような大それたことではなく、
 起業とするとか、まなじりを決してボランティアに参加するとかでもなく、
 目の前に落ちているゴミを拾うとか、
 信号機の青が点滅しても横断歩道を渡り切れない老人に手を貸すとか
 職場で落ち込んでいる人がいたら声をかけるとか、
 そうした日々の生活のなかにあって社会に潤いを与える
 しようと思えば無限にある些細で平凡なことの実践にすぎません。

 東日本大震災があって、「悲」しいことがいろいろとあって、
 2012年は、「混」沌とした社会であったかもしれません。
 とても「苦」しい状況を「耐」え忍ぶことを、
 時代は、会社にも、人にも、そして子どもたちにも要請しました。
 経済は「滞」り、アジア諸国の競争力のある企業に翻弄され
 かつての栄華は虚しく、「衰」退してしまったかに見える企業も出ました。 

 しかし、思うのです。

 陰きわまって陽。

 混沌の時代から新たな何かが始まるのは、歴史の性(さが)。

 子どもが希望をもてる社会へ、
 子どもたちが「明」「楽」「笑」という明るい漢字をしたためる
 そうした社会へと「変」わっていくために、
 私たち大人も「絆」の大切さをもう一度、確認して、
 ひとりひとりがリーダーシップを発揮し、
 「誰かが悪い」というのは、ほどほどにして
 「誰かが状況を変えてくれる」という他責はドブに捨てて
 自らが考えつく最良の「打つ手」を、ひたすら実践していく。

 知行合一。

 行「動」していく。「動」いていく・・・。

 「動く」ことで、子どもたちが「楽」しいと感じる社会、
 その1年をつくりあげていく。

 来年、2013年は、「動」の1年だと、私は思います!

 もちろん、いろいろな状況があって、
 動くに動けない人がいることも、重々承知しております。

 健康の問題ともなれば・・・私は言葉を失うしかありません。
 ただ、そうした苦しい状況において、
 例え、どこかへ出かけて、何かができなくても、

  ☆「逆境においてどういった人間で在るか」

 という、あのアウシュビッツから帰還した
 心理学者V・E・フランクルがいったような
 

  ──────────────
   ☆「存在による貢献」 
  ──────────────

 というものを、人は為しうることができます。

 「存在による貢献」をしたなら、それは、間違いなく
 社会に希望をもたらすとても意味ある大きな行動だと、私は思うのです!

 〜〜〜

 本年最後のお手紙となりました。

 それでは最後、2013年、新たな年にむけて、
 私の大好きな詩をお贈りし、本文を終えたいと思います。
 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   
     「打つ手は無限」  滝口 長太郎

    すばらしい名画よりも とてもすてきな宝石よりも
 
    もっともっと大切なものを 私は持っている

    どんな時でも どんな苦しい場合でも 愚痴を言わない

    参ったと泣き言を言わない

    何か方法はないだろうか 何か方法はあるはずだ

    周囲を見回してみよう いろんな角度から眺めてみよう

    人の知恵も借りてみよう 必ず何とかなるものである

    なぜなら打つ手は常に 無限であるからだ

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 〜〜〜
 

  本日、本年は、これにて。
 
 
  クリスマス寒波がやってきて、厳しい寒さが続いています。
  どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさってください。
   
  2012年の「師走」、そして2013年という新たな年が、
  あなた様にとって、生涯忘れられないような
  笑顔のあふれる日々で満たされることを心よりお祈りしています。

    
     
          Merry Xmas and Happy New Year!!!
     

              2013年は「動」の時代!
  
 
         新年も「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

            

                  (^人^)        
 

                                 敬具

   平成二十四年十二月二十五日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、会社がよくなるために、何をしているだろうか?

 2)私は、社会がよくなるために、何をしているだろうか?

 3)私は、世界がよくなるために、何をしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆104℃ WORD◆

                         「無名の偉人たち」
     
==========================================================

 ◆追伸◆

  今年も、拙いメルマガにおつきあいいただきまして
  本当にどうもありがとうございます。
  いよいよ来年、2013年7月に、このメルマガは、
  発行10周年をむかえることになります。

  2003年に始めるとき、「10年は続ける」と決意しました。
  ところが、人生、そんな甘くなく、
  途中、何度か「これは無理かな」と挫折しそうになりました。

  それでも続けてこられたのは、今日の本文で書いたように
  私にとって、このメルマガが、社会をよくする些細な「打つ手」の
  ひとつだと思っているからであり、
  そして何より、読んでくださっている人たちがいてくれてこそで
  本当に、心から感謝しております。
  
  電子書籍の時代もやってきました。
  10周年を記念して、来年は、このメルマガを電子書籍化することも
  目標にしたいと思います。    
  
  と、その前に、10年前に誓ったゴールテープをしっかりと切ることを目標に、
  コツコツと、がんばっていきます。

  皆さまにとって、2013年が、どうぞ実りの多い1年でありますように!

  それでは、よいお年をお迎えください。\(^_^

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(44才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』1,328人突破!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
 『歴史から忘れ去られた多くの人物が
             文明と社会の進歩に多大な影響を与えている』

                           (S・スマイルズ)

             
           
           『自助論』(著 S・スマイルズ 三笠書房)より

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com