ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2012バックナンバー > 【3通目】

【3通目】「自分軸」『ラ・マンチャの男』に学ぶリーダーの心得!

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《自分軸》

                               
          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                12.02.09
                                 3通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

 リーダー様へ

 拝啓 寒いほど まばゆい朝陽 ありがとう

 いかがお過ごしでしょうか?

 東京もここ数年、味わったことのない寒さが続いています。
 都心に久しぶりの雪が降ったのは、1月23日の夜からでした。

 あれから2週間いじょうの時間が流れようとしています。
 つい先日まで我が家の近所には、ところどころ、雪が残っていました。
 それだけ今年は寒かったのです。

 あまり寒いと、からだが固まります。
 朝、おきるのが辛くてしかたありません。
 早朝のジョギングをなんとか習慣にしたい私にとって、寒さは難敵です。

 温かな布団の魔力の強いこと、強いこと・・・。
 でも、その魔力からのがれ、
 まだ暗いなかを白い息を吐きながら走り、
 朝陽がのぼってくるのを眺めると、
 「今日も走ってよかったな〜」と、しみじみ思います。

 冷えこみが厳しければ、厳しいほど、空気は透明で、
 夏では考えられないほどきれいな日の出、
 そのすばらしい輝きを味わうことができます。

 二十四節気の「立春」をすでに過ぎ、
 これから曇り空の日も多くなることでしょう。
 雲ひとつない空から太陽が昇るのを見ることは難しくなる。

 でも、雲のむこうにいつでも太陽はあって、
 地球を、私たちを、照らしている。
 
 日の出が見られても、見られなくても、
 心に太陽を思い描き、寒さに負けず、
 なんとか早朝ジョギングを続けてきたいと思います。

 〜〜〜
 
 さて、お知らせがひとつ。

「お知らせ」グラデーションをかけながら
 「本論」へと入っていきます。

 ヘッダーに記しましたとおり、
 「笑門108倶楽部」セミナーを
 第4回は、3月10日(土)に開催いたします。
  ↓↓↓
 http://www.earthship-c.com/108club/108CLUB_4.html 

 土曜にしたのは、ちょっと時間がかかるからです。
 私が資格を保有し、企業での研修で活用している
 【MBTI】(R)をベースにしたセミナーを実施いたします。

 【MBTI】(R)は、世界で最も活用されている性格検査のひとつです。
 米国では、年間200万人が受検するといわれ、
 リッツカールトンホテル、サウスウエスト・エアラインズなど
 フォーチュン100社のうち7割の企業が
 何らかのかたちで活用しているといわれています。

 欧米諸国を中心に世界45カ国以上の国のさまざまな組織にて、
 人材開発メソッドとして用いられています。
 大リーグでも【MBTI】(R)は、使われているそうです。

 「一般社団法人日本MBTI協会」に、
  詳しい【MBTI】(R)の説明があります。
     ↓↓↓
  http://www.mbti.or.jp/what/

 【MBTI】(R)の特徴のひとつは、その人の

   ────────────
   ☆「生まれもった性格」
   ────────────

 を知ろうとする点です。

 親や兄弟や友達や教師など
 多くの人から影響をうけて育まれる後天的な性格ではなく、
 その人が「本来もっている性格」に着目していくのです。
 
 自分に一番フィットする「性格タイプ」を様々なワークをとおして、
 4時間ちかくかけて、見出していきます。

 と、なんだか下手な広告みたいで、仰々しく書いてはいけませんね。

 実のところ、私は、初めて【MBTI】(R)を受けた時に、
 質問紙に回答して導きだされた結果(性格タイプ)と、
 今、自分で「これが本来の自分」と思っている性格タイプが違っていました。

 自分の「生まれ持った性格」が、
 当時、自分で考えていたものと「違う」ことを受け入れる、
 あるいは、そのことが腑に落ちるのに半年ちかくかかりました。

 そもそも、人をあるタイプにおしこめるというか、
 決めつけること自体にも、抵抗があったのです(笑)

 これまた私の性格タイプのなせる技のような・・・汗)
 (おっと、性格タイプのせいにばかりしては、いけません)

 で、今どうかといいますと、
 あの時、どうして「今しっくりきている性格タイプ」を
 受け入れるのに抵抗があったのか、不思議でしかたないのです。
 それほど今のタイプは「自分らしいな〜」と実感しています。
 本来の自分を知り、受け入れ、今はとても楽です。

 もちろん、仕事で失敗して、うまくいかなくて、
 「あ〜辛いな〜、苦しいな〜」と思うことは山ほどあります。

 でも、そうした壁にぶつかった時に、どんな反応をするのかも、
 生まれ持った性格によって、かなり違うわけで、
 自分らしく落ち込んでいる自分は、「自分らしいな〜」と思えてきます。
 なんか変な話しなんですけど・・・(笑)
 
 【MBTI】(R)は、人の能力や性格が「いい、悪い」をみるものではありません。

 例えるなら、どんな「種(タネ)」なのかを見るものでしょう。
 自分で自分の「種」に水をやる・・・つまり努力して、がんばって、
 自分に磨きをかけなければ、「種」から能力という芽は出てきませんし、
 花も咲きません。  
  
 「種」には、芽になり、茎になり、葉になり、
 花になるものすべてが、ぎゅっとつめこまれている。
 人の成長に関する考え方は、ほんとにいろいろとあり、
 そのなかで、私は、この言葉が好きです。

 
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆「自分が、どんどん『自分』になっていく」
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 禅問答みたいな言葉ですけれど、後者の『自分』が、
 心理学の専門用語でいうところの「自己(セルフ)」でしょう。

  ☆「自己実現」

 という言葉は、本来、「自分の夢を叶える」という程度の話ではなくて、
 人生において、辛いこと苦しいこと楽しいこと嬉しいこと、
 いろいろな経験をしながら、
 「自己」、つまり「本来の自分」にどんどん近づいていく、
 「自己」を実らせ、体現していくのだいう意味あいがあります。 

 【MBTI】(R)によって、「自己(セルフ」を知ることができる、
 といったら、語弊があるでしょう。

 ただ、「本来もっている性格」を知るというのは、
 これは私の感覚ですが、
 自分にとっての「心の故郷(ふるさと)」を知っておくようなものです。
 
 「心の故郷」を別の言い方をするなら
 自分の「原点」、「軸」、「芯」、「核」、あるいは
 「回帰すべき自分」「立ち戻りるべき自分」などなど
 いろいろな表現ができると思います。

 私は「自分軸」という言葉が、やっぱり、しっくりきます。
 
 ことあるごとに、【MBTI(R)】のテキストで
 自分の性格タイプが解説されているページを、私は読みこみます。

 そうすることで、「自分軸」が意識化でき、
 自分に対してぶれないようにできるからです。

 〜〜〜
 
 なんだかセミナーの宣伝ばかりだな〜叱られてしまいますが(笑)
 リーダーにとって、「自分軸」をもつことが、
 やっぱり大事なのだと思う、というお話です。

 「孫子の兵法」にもあります。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ☆彼を知りて、己を知れば、百戦危うからず
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 敵を知ることも大切ですが、「己」を知ることも、やっぱり大事!

 先日、なんともうれしいご縁に恵まれ、
 私のサイトにある企画ページ『リーダーの言霊』において、 
 経済人コー円卓会議日本委員会の事務局長であり、
 関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科 准教授の石田寛氏に
 インタビューをすることができました。

 日本のCSR(Corporate Social responsibility:企業の社会的責任)活動の
 先駆的事例は、日産が有名です。
 この日産のCSR活動を陰でサポートし続けたのが、石田氏です。

 (インタビューにご興味のある方は、こちらのページです)
   ↓↓↓
 『リーダーの言霊』
 http://www.earthship-c.com/leader_word/3_ishida/ishida3_1.html

 石田氏は、大企業へのCSRに関するコンサルティングのほか、
 現在は、企業の幹部候補生、次世代リーダーの育成に精力的にかかわっています。

 私は、石田氏に、「次世代リーダーにどんなことを伝えているのですか?」
 と素朴な質問をなげかけました。
 すると、間髪をおかず、力強い言葉がかえってきました。
 
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  

  石田 とてもひと言では言い切れませんが、ひとつあげるとすれば
     「ぶれない判断軸をもってもらいたい」ということです。
     「自分軸(プリンシプル:Principle)」といってもいいでしょう。
     「自分軸」をしっかりと持つことがグローバル社会で
      通用する人材として、とても大切なことです。

  松山 「自分軸」をみつけるためには、
      どんなことをしていけばいいのでしょうか?

  石田 それは自分で徹底的に深く考えることです。
     自分が何を大切にしているのか、自分の価値観とは何か、
     何を心のよりどころとしているのか。
     そうした問いを自分にぶつけて自分を掘り下げて考えてみる。
     そのベースになっているものは、宗教でもいいし、
     恩師からの教えでもいいし、何でもいいと思うのです。
     私は、「自らを正し、誰が正しいかではなく、何が正しいのか」
     という言葉を大事にし、迷ったときの判断軸にしています。
     自分が大切にしている、大切にしたいことを明確に意識することが
     「自分軸」をつくるスタートラインです。

         『リーダーの言霊』(第3回インタビュー 石田寛氏)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
 http://www.earthship-c.com/leader_word/3_ishida/ishida3_2.html
 〜〜〜
 
 【MBTI】(R)を受けなくても、
 自己成長や自己実現が十分にはかれることは、論をまちません。
 
 石田氏が「なんでいいと思うのです」というように、
 「なんでもいいもの」の中に、
 自分を掘り下げていくツールとして【MBTI】(R)があるだけです。

 ツールが先にあるのではなく、リーダーにとって大事なことは、
 石田氏がいうような、自分を知る、自分を掘り下げる、
 そうした自己と常に対峙していこうとする「人生の構え」なのだと思います。

 松本幸四郎さんが、1969年(昭和44年)から演じつづけている、
 ミュージカル「ラ・マンチャの男」に、こんなセリフがあります。 

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
    「本当の狂気とはなんだ。

     夢に溺れて現実を見ないものも狂気かもしれない。

     また現実のみを追って夢を持たないのも狂気だ。

     しかし、人間として一番憎むべき狂気とは、

     あるがままの人生に折り合いをつけて、

     あるべき姿のために闘わないことだ」
 

  『日本経済新聞「私の履歴書 松本幸四郎」』(2011.12.28付け朝刊)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  
 
 「あるべき姿のために闘う」

 この言葉で、ぐっと気持ちがあがる人もいると想います。

 でも、ちょっと疲れている人には、ハードな言葉です。
 だから、「あるべき姿のために闘う」のではなくて、

 「自分のあるべき姿を自分すでに知っている」

 と、まずは、考えるのはいかがでしょうか。

 

  ☆自分がなろうとしている自分を、自分はすでに知っている。

 なろうしている自分は無意識にいて、
 まだ見ぬ「眠れる自分」だけれども
 自己という「種」に私たちの知らない何かがぎゅっとつめこまれ
 やがて芽を出すことを気長に待っている。

 
 自分のなかで、自分が、待っている。

 
 この事実をしっかり意識することが、「自己信頼感」を醸成し
 リーダーにとってぶれない「自分軸」をつくりあげる力になると思います。 
 

 まだ知らぬ自分の存在を、信じよう!

 そして、自分を磨き、自己をみつめ、

        まだ見ぬ自分に会いに行こう!

 〜〜〜  
 

  本日は、これにて。
 
  立春を過ぎましたが、寒波がまたくるようです。  
  どうぞ風邪など召されませんよう、
  大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2012年の如月が、あなた様にとって
  生涯忘れられないような実り多く笑顔のあふれる日々で満たされることを
  心よりお祈りしています。

 

               
 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

                 (^人^)         
 

                                 敬具

   平成二十四年二月九日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自分から目を背けていないだろうか?

 2)私は、自分の内面をしっかりみつめているだろうか?

 3)私は、自分の「心の故郷」をもっているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆104℃ WORD◆

                         「最後の最後は、自分!」  
     
==========================================================

 ◆追伸◆

 【第4回「笑門108倶楽部」セミナー 2012.3/10 13:00〜17:30】

  「自己を深め人間の奥深さを知る4時間半〜MBTIを活用して〜」
               ↓↓↓
   http://www.earthship-c.com/108club/108CLUB_4.html
 
  改めましてセミナーのお知らせです!
  受講対象として過去にMBTIを受け、タイプのわかっている方も受付けています。
  再受験したい方、あるいは・・・、
  質問紙に回答するのは遠慮するけれど、もう一度、
  MBTIの説明を聞いて、ワークに参加したい方も募集しています。

  特に「個人セッション」でMBTI(R)を受検した方は、
  グループでしかできないワークもありますので、ぜひ、体感してみてください。
  他のタイプの人が、どんな反応をするのかを知ると、
  自己理解、他者理解がますます深まると思います

  参加タイプによって料金をわけています。

─────────────────────────────────────
 【Atype】:全プログラム参加:12,000 円〈税込〉
       ※MBTIを初めて受講される方。
        以前にMBTIを受けたが、もう一度あらためて受けたい方。

 【Btype】:MBTI概要説明から参加:6,000円〈税込〉(テキスト各自持参)
       ※以前にMBTIを受講した経験があり、すでにタイプがわかっている方。

 【Ctype】:MBTI概要説明から参加
           +MBTIテキスト(新版【第6版】)希望:8,000円〈税込〉
       ※以前にMBTIを受講した経験があり、
        すでに自分のタイプはわかっているが、
        古いテキストをおもちで、新版テキスト(第6版)を希望の方です。
 ───────────────────────────────────── 
  ※新版【第6版】のテキストは、タイプテーブルや各タイプの詳細な解説、
   また、「タイプの活用法」以降の解説が、以前にものに比べて、
   文言が変わった箇所がかなりあり、いくらか充実しています。 
  ※上記の料金に懇親会への参加費は含まれておりません。 

 【開催概要】───────────────────────────────
  
   ◆開催日:2012年3月10日(土)
   ◆時 間:13:00〜17:30(4時間半)※途中休憩あり
   ◆定 員:15名
   ◆場 所:ちよだプラットフォームスクウェア 5階(504)
       〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21
       JR神田駅徒歩12分 / 地下鉄東西線竹橋駅 徒歩3分 /
       地下鉄大手町駅 徒歩10分

   ◆懇親会:セミナー終了後、近くの居酒屋で懇親会を開催します。
 ───────────────────────────────────── 

 セミナーへお申し込みは、サイトの「申し込みフォーム」からお願いします。
   ↓↓↓
 http://www.earthship-c.com/FormMail/12031MBTI/FormMail.html

 もしくは、このメルマガをそのまま返信すると私に届きますので、
 下記の必要事項を記入して、メールをいただいても結構です。

  ─────────────────────
  【1】氏名:
  【2】受講タイプ:Atype or Btype or Ctype(←いずれかひとつ選択)
  【3】懇親会:参加 or 不参加
  【4】メールドレス: 
  ─────────────────────
  
  約1ヶ月後の、3月といえば暦のうえでは春ですね。
  どんな季節が待っているのか、ワクワクしてきます。
  それでは、春の日に、お会いできることを心より楽しみにしております!

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(43才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』500人突破!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「自己に対するごまかしこそ生きがい感を何よりも損なうものである」 

                            (神谷美恵子)

             
             『生きがいについて』(著 神谷美恵子 講談社)より

 MBTI (R)MBTI(R)is a registered trademark of the Myers- Briggs Type Indicator
 Trust in the United States and other countries.

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com