ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2012バックナンバー > 【1通目】

【1通目】「自分の言葉」伊集院静香の言葉に学ぶ大人条件!

☆────────────────☆☆☆─────────────────☆
《自分の言葉》

                               
          『リーダーへ贈る108通の手紙4』
            http://www.earthship-c.com

                                12.01.10
                                 1通目
☆────────────────☆☆☆─────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 1年の 扉をあけて 希望へと

  新年、明けましておめでとうございます。

  新たな年、2012年が始まっております。

  いかがお過ごしでしょうか?

  このメルマガ、昨年末で3クール目を終わりました。
  第4弾として気持ちを新たにスタートしてまいります。

  とはいいつつ、コンテンツはあまりかわりばえもせずで、
  これまで通り、リーダーの皆さまに「元氣・勇氣・やる氣」
  そして「笑顔」をこのメルマガを通して
  お贈りできたらと考えています。

  3年半前、第3弾の1通目では「無事に108通を書き終えたい」と
  なんだか、ねっとりと(笑)書いていましたが、
  第4弾の1通目を書くにあたり、やはり、  
  108通分の手紙をリーダーのみなさまに
  届けることができたらと、熱い想いがこみあげてきます。

  108通を書き終えるのは、果たして、
  2014年のことか、2015年のことか、いやいやもっと先か・・・。

  未来のことはわかりませんので、先のことはあまり気せず
  1通、1通、「今、ここ」を大切にしながら、
  108通の頂上目指して歩んでいこうと思います。  

  第4弾『リーダーへ贈る108通の手紙』を、
  そして、今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

  〜〜〜  

  さて、お正月のお休みは、いかがでしたでしょうか?
  
  私は宮崎に滞在し、高千穂と日南エリアを観光してきました。
  高千穂は、白州正子さんの本を読み、
  ぜひ、1度行ってみたかった地で、念願が叶いました。

  白州さんは、高千穂に行きたいと思っていたけれど、
  「まあ縁があれば行くことになるだろう」と、
  時の流れにまかせていたそうです。
  それから数年にしたら、出版社から同行をお願いされて、

  「縁があればやはり行けるものだ」

  と、その本で高千穂ゆきの感慨を述べていました。

  私も縁があったのでしょうか。
  天岩戸神社に参拝し、天照大神が姿を隠した時に、
  八百万の神々が談義をくり広げたといわれる「天安河原」にも
  足を運ぶことができました。
  清流がすぐそばを流れ、清々しい「気」の満ちる場所でした。
 
  日本の力強い復興を心静かに祈ってきました。

  日南方面では、海からそそりたつ崖の一角に鎮座する「鵜戸神宮」に。
  「鬼の洗濯板」で有名な「青島」にも。

  「青島」では、人力車をひくおじさん
  (といっても60歳はこえているかな)
  と少しの間、世間話をしました。
  いや世間話というよりも、いきのいい訓話を聞いたような感じでした。

  人力車をひいて何十年。
  その道ひと筋で生きてきた人の言葉は、
  職人魂を感じ、なんともいいものです!

  青島は、かの有名な神話「海幸彦 山幸彦」の舞台になったところ。   
  宮崎で有名な観光地でも、時代の流れとともに、
  お客さんは減る一方だそうです。
  かつては、お正月三が日となれば、大勢の人で賑わったが、
  県外の人はもちろん、県内の人も、訪れることは少なくなってしまった。

  その要因について、おじさんはいろいろと語り、
  そして、一瞬の間をおき、私にこう言いました。
  

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  

   「だから、自分で考えてないとだめなんだよ。
    ひとりひとりが自分で真剣に考える。それが大事だよ」

              (2012.1.2 宮崎県青島にて)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

  強い海風が吹き、空には雲ひとつない。
  太陽がまばゆく「鬼の洗濯板」を照らし、潮騒がとどろく。
    
  私は、老賢人から教えを授かる弟子のごとく耳を傾け、
  この言葉を聞いた時に、2012年のキーワードを
  天から聞いたような気がしました。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ☆ひとりひとりが自分で真剣に考える。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

  そうですね。
  激動の2011年の教訓をいかに2012年でいかしていくのか。
  ひとりひとりが自分で考え、そして、行動を起こしていく。
  
  人力車をひくおじさんの言葉が耳の底に残ります。 

  
  〜〜〜

  三が日が明けて、先週は、
  飛行機にのってから始まった頭痛に悩まされ、
  待望の3連休も、遠出をせず過ごしました。
 
  3連休の最後の日は、成人式で、この日、
  私が楽しみにしているのが「サントリー山崎」の新聞広告です。

  小説家の伊集院静さんが言葉をしたためていて、
  伊集院さんのファンでもあり、
  いつもなら新聞を社会面から読む私は、その日にかぎって、
  まず、サントリー山崎の広告をさがそうと紙面をめくります。
 
  読んで、びっくりしたのは、人力車のおじさんの言葉に
  通底する内容がそこにあったのです。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
   『大人になるために何からはじめるか。私はこう思う。
    自分は何のために生まれてきたか。
    自分はどんな人になりたいか。
    それを考えることだ。
    考えること、その答えを探すことには不可欠なものがひとつある。
    それは一人で考え、一人で歩き、一人で悩むことだ。
    孤独を学べ。孤独を知ることは、他人を知ることだ。』

 
      『サントリー山崎』2012.1.9日経新聞掲載広告(文 伊集院静)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  

  今年の誕生日で44歳になる私が成人式をしたのは、はるか昔のこと。
  その日を思い出すことが、ひどく困難な年齢になりました。

  とっくに、大人の仲間入りをしたはずでしたが、
  20数年の時が流れ、果たして、
  伊集院さんの言葉を実践できてきたのかと自省すると、
  新成人を前にして、下をうつむくしかない状況です(汗)

  「最近の若者は、自分で考えもせずに、すぐに答えを知りたがる」

  これは、私が20代の頃、私の世代にも言われていたことです。

  伊集院さんの言葉はなかなか厳しいものですが、
  何も一人だけで考え、一人だけで歩き、一人だけで悩めと
  言っているわけではないと思います。

  行間を読めば、別の言葉がそこに隠れていると感じます。

  若い人の特権は、人から教えを請えることであり、
  そして、年長者は、いろいろな形で、若者たちの要請にこたえようと
  答えを準備してくれる。
  だから、その意見に耳を傾けつつ、かといって鵜呑みにするのではなくて、
  最後の最後に出す自分なりの答えというものは、
  自分で徹底的に考えて、考え抜く。
  誰かが言ったからとか、偉い人がこう言ったからとか、
  そんな風に他人のせいにするような甘い答えの出し方、
  その心の習慣を「はたち」になったら、
  勇ましく剥ぎとっていけ、というエールなのだと思います。

  〜〜〜

  「大人になる」ってなんでしょうか?

  何をもって「大人になった」といえるのでしょうか?

  いろいろな答えがあると思います。

  100人いれば100通りの、
  1000人いれば1000通りの答えがあると思います。

  そのなかに、きっと、次のことを、何人かの人があげると思います。

 

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ☆「自分の言葉をもっているコト」
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  これは同時に、リーダーの条件としてよく言われることであり、
  若者たちの一歩先を歩く、私たちリーダーが、
  ぜひとも、意識しておきたい言葉に対する心がけだと思います。

  名もなき人力車のおじさんは、100%、自分の言葉で語っていました。
  だから、やっぱり、胸に響いてくる。

  〜〜

  「自分の言葉」をもつために、必ずしも
  プレゼンテーションの仕方を学んだり、
  ロジカルスピーキングの方法を学ぶ必要はない。
   

  人力車のおじさんは、たぶん、そんな言葉すら知らないと思う。

  「自分の言葉」をもつために、

  それは、今年もたくさんやってきては去っていくであろう
  たわいのない、2012年が終わった時に、
  それほど記憶に残らないくりかえされる日常のなかで、
  去年よりは、昨日よりは、ちょっといはいいリーダーになろうと、
  真剣に仕事に取り組み、部下と格闘しながら、
  それでもなかなか思うようにはならず
  仕事を投げだしたくなったり、
  部下の胸ぐらをつかみたくなるくらい腹をたてたり、
  仕事で失敗し落ち込んだり、会社に行くのが嫌になったり、
  愚痴をもらしたり、やる気を失ったり、
  そうした無数の無名の日々のなかで、
  目の前にある仕事から逃げずに、迷いながら、迷いをふりはらおうと、
  葛藤を抱えて、職場に毎日、足を運んで

  生きていく・・・・・、

  そう、日夜、働き、生きることで、私たちは、
  ピンチヒッターのいない、誰かにかわってもらうことはできない
  自分ならではの人生という物語を生き、
  それらを濾過器として、
  自分で考え、考えて、考えぬいて、
  「自分の言葉」を、今年も創造していくのであろう。

  そうして身につけた言葉ほど、重いものはない。

  そうして体得した言葉ほど、人の心を動かすものはない。

  〜〜〜

  今年はオリンピック・イヤーですね!
  例え、オリンピック選手でなくても、
  私たちリーダーは、海外の人たちからみたら、
  誰もが、ニッポン代表選手です。

  そんな気概をもって、「自分の言葉」をもって
  激動の、あの2011年の教訓を存分にいかしながら、
  あなたの新たな年、2012年が、
  昇龍の如く勢いあるものでありますように・・・・。

 
  絆を大切にして、希望をもって!

    

  〜〜〜  
 

  本日は、これにて。
 

  さすが1月で、東京も冷え込みの厳しい日々です!
  どうぞ風邪など召されませんよう、
  大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2012年始まりの月、睦月が、あなた様にとって
  生涯忘れられないような実り多く笑顔のあふれる日々で満たされることを
  心よりお祈りしています。

 

                 
                2012年も
 
         「元氣・勇氣・やる氣、そして笑顔」で!

                 (^人^)         
 

                                 敬具

   平成二十四年一月十日

                             松山 淳より 

========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自分のはっする言葉に意識的になっているだろうか?

 2)私は、「自分の言葉」をもっているだろうか?

 3)私は、2012年、どんなリーダーになろう?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
========================================================
 ◆104℃ WORD◆

                          「人生が言葉を創る」  
     
==========================================================

 ◆追伸◆

  ◆【無料電話セッション 1月11日(水) 20:00〜23:00】

   えーと、新年最初の無料電話セッションを明日【11日】の夜にします。
   夜の8時になりましたら、晩酌を我慢して(笑)
   電話の前に座ってますので、どうぞ気軽に電話してください。
   特に相談ごとでなくても、
   軽い雑談でもするつもりでも全然、かまいません。
   電話番号は【03ー3725ー4277】です。時間は20分です。  
   夜になりますので、おかけ間違えのないよう、お気をつけください。
   「話し中」の場合は、時間をおいてかけ直してみてください。
   それでは、明日の夜、耳を大きくして、お待ちしていま〜す!

  ◆【月と太陽】

   今日は体調もよく、朝6時頃起きて、駒沢公園を走ってきました。
   6時ですと、まだまだ暗いですね。
   で、昨日(9日)が満月だったのですが、
   白い息を吐きながら、見上げる闇空には、
   大きなまん丸お月様が、煌々と輝いていました。

   走っている途中で、月はやがて西の住宅街へと落ちていき、
   東の空から太陽が昇り、あたりは明るくなってくる。

   本文に書きましたが、先週は頭痛で悩まされ、
   今年、初のランニングでした。
  
   「沈みゆくものあれば、昇るくるものがある」

   2012年の初ランで、なんだかいいものを拝むことができました!  

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(43才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting

■Facebook 『がんばれ!ニッポンの上司たち』400人突破!!!
       http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
   「世間には素晴らしい大人とそうでない人がいる。
    なぜだろう。たぶん生き方なんだろう。」 

                           (伊集院静)

             
             『サントリー山崎』の新聞広告(by 伊集院静)より

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com