ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2011バックナンバー > 【99通目】

【99通目】「リーダーシップ」ソニー創業者井深氏のリーダーシップ論!

☆────────────────☆───────────────────☆
《リーダーシップ》

                               
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                11.10.05
                                 99通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 秋風が はこぶ香りは キンモクセイ  

  いかがお過ごしでしょうか?

  2011年の神無月(10月)が始まり、街にはキンモクセイの香りが。
 
  キンモクセイの香りをかぐと 
  なぜか、にきび面していた思春期の自分を思いだす、私です(笑)

  いよいよ、今年も残り3ヶ月を切りました。
  ニュースを見ると、なんと北海道はもう雪が降っているのですね〜。
  昨日の東京も、今年一番の冷え込みでした。

  長男(小6)は、半袖1枚でまだ学校に行き、
  寝る時も半袖で「全然寒くない」と言っていました。
  さすがに昨日の朝は「ちょっと冷えるね」と。

  新たな季節の到来を肌で感じる10月の始まりです。

  マーケティング用語でいう消費スタイルで「追随者」の私は、
  やっと「フェイスブック」なるものを始めました。

  SNSは登録者だけでコミュニケーションを行うのが基本です。
  「フェイスブック」は、「フェイスブックページ」という
  登録していない人でもみられるページをつくることができます。

  「フェイスブックページ」の存在を知って、
  それなら何かできそうだな〜と、
  参考図書を2冊ほど買って、あれこれ勉強して、
  そして、できたのがこちらのページです。    

  じゃじゃじゃ〜あん♪(と、そんな大げさなものではないですが)

  「がんばれ!ニッポンの上司たち」
       ↓↓↓
  http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss

  
  ページの趣旨はこちらです。
  ────────────────────────────────
    今を生きるニッポンの上司(J Boss)たちが、
    集い、語り、知恵を出し合い、わかちあい、
    互いをサポートしあう
    志高きJ BossたちによるJ Bossのためのページ
  ────────────────────────────────

  そして、いろいろと企画を考えていくうえで、
  3月、4月、5月と被災地を歩いた日々を思い出し

  ┏━━━━━━━━━━━┓  
  
     「わかち愛」

  ┗━━━━━━━━━━━┛

  という言葉を中心軸にすえ、
  このワードからブレないぬよう気をつけました。

  「わかち愛」を言葉だけに終わらせないために、
  拙著『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)の一部を
  公開できないかと、出版社に交渉してみました。

  すると、なんと!快諾していただけたのです。

  もうすでに『「上司」という仕事のつとめ方』
  を読んでいる方も多いと思いますが、  

  「がんばれ!ニッポンの上司たち」
       ↓↓↓
  http://www.facebook.com/Ganbare.J.Boss
  
  こちらのページで、一部を無料で読むことができます。
  これから、順次アップしていく予定です。
 
  私の仕事の使命(ミッション)はこちら。

  ────────────────────────────────
    ビジネスリーダーの自己成長を支援し、
    人と組織を元気にすることで、世界の家族に笑顔をひろげる。
  ────────────────────────────────

  このメルマガやブログとあわせまして、フェイスブックのほうでも
  リーダーのみなさまへ
  「元氣・勇氣・やる氣」を贈ることができたらと考えています。

  「J Boss Word」と称して、日々、元気の出る言葉も更新していきます。

  フェイスブックにすでに登録されている方へ。
  「がんばれ!ニッポンの上司たち」
  というタイトルの横に「いいね!」ボタンがあります。
  
  「いいね!」ボタンをを押すと、読者登録される形になり、
  ニュースフィードに更新情報が流れます。

  これを機に、フェイスブック始めてみようという方がいらしたら、ぜひ!
  私と、友達になってください。

  「がんばれ!ニッポンの上司たち」ページのメインコピーはこちらです!

    ────────────────────────

    ☆「私たち上司はいつでもこの国の、日本代表です」

    ────────────────────────

  
   志高きリーダー(上司)のみなさまの気概をサポートできるよう
  「わかち愛」を忘れず、よいページにしていきたいと思います。
 
  どうぞよろしくお願いいたします。  
   
  〜〜〜

  さて、フェイスブックを始めて驚くのは、
  人と人が、どんどんつながっていくことです。

  (ちょっと遅いですかね・・・)

  今回「フェイスブックページ」をつくり、
  かつて勤めていた会社の後輩がネット上で紹介してくれたり、
  大学卒業以来会っていない、ですから、ほぼ20年間
  コミュニケーションのなかった大学の先輩からメールがきたり、
  いったいどうなっているんだ、とびっくりしています。

  私は、時代遅れな一匹狼タイプで「社交性」にとぼしい人間。
  すっかりご無沙汰し、失礼してしまっている人たちから
  応援をしてもらうとなんだか申し訳ないような気がして、
  先輩や後輩たちからもらった言葉を読み、やけに心を動かされています。

   人が動くのは、心が動くから。
  

  そうなんだよな〜と、自戒し、ため息こぼして、つくづくそう思います。

  〜〜〜

 「リーダーシップ」を「ひと言」でいうと?

  リーダシップ理論ではよく紹介されています。
 
   ─────────
    ☆「影響力」
   ─────────

  誰かの言葉で、誰かが動く。
  もしそうであれば、そこにリーダーシップがあります。

  晩ご飯の時、私が息子にいいます。

  「そこの醤油とってくれ」。

  息子は、醤油瓶をとって、私に渡してくれます。

  私が妻にいいます。

  「そこの醤油とってくれ」

  するとこう返ってくるとします。

  「そんなの手を伸ばせば届くでしょ、あなた手が長いんだから」

  私は息子に対してリーダーシップを発揮できましたが、
  妻にはできませんでした・・・トホホ(笑)

  リーダーシップとは、地位や役職に付随する「影響力」ではありません。
  地位や役職を含めたその人、人間全体が問われるものですね。  

  ご縁があり致知出版の編集の方から、ベストセラーとなっている
  『一流たちの金言』(監修 藤尾秀昭 致知出版)という本をいただきました。

  これ、今、とても売れているそうです。 
  読むのが速い人だと30分もかからず読めてしまいます。
  ビジネスリーダーの逸話や教訓が、1話読み切りになっていて、
  私は、仕事を始める前に読んでモチベーションを高めています。
 
  この中に、リーダーシップに関するとても興味深い話がのっています。

  〜〜〜

  登場人物は、ソニーの創業者井深大氏。
  時は、井深氏がソニーの社長時代。
  場所は、ソニーの最新鋭の設備を備えた厚木工場。
  
  厚木工場ができて世界中から見学者が来た。
  しかし、困ったことがおきた。

  便所の落書きである。

  私は経験が浅いので、断言はできませんが、
  トイレが汚い会社で、社風のよい会社はないですね。

  井深社長は、「会社の恥」だと工場長に指示を出した。
  「工場長も徹底して通知を出した」

  しかし、落書きはなくならない。

  ところが、ある日を境に、ぱたりと落書きがやんだ。
  
  『どうしたんだ?』と井深氏。

  さてさて、どうして落書きにストップがかかったのでしょうか?

  工場長いわく、正解は、こうです。  

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
   「『実はパートで来てもらっている便所掃除のおばさんが、
    蒲鉾の板二、三枚に、

     “落書きをしないでください
         ここは私の神聖な職場です” 
  
    と書いて便所に張ったんだです。
    それでピタッとなくなりました』

           『一流たちの金言』(監修 藤尾秀昭 致知出版)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://www.amazon.co.jp/dp/4884749340/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
 

  私は、本を読んで立ち止まり、ちょっと考え
  「トイレをなくした」などとアホな妄想をいだいたのですが、
  この答えは、まったく思いつきませんでした。

  言葉は力なり。
  影響力は社会的な地位ではない。
  リーダーシップとは、働く人の真剣さに宿る。

  当時、ソニーの厚木工場でどれぐらいの人が働いていたのかわかりません。
  ただ、50人や100人ではないと思います。
  すると、「落書きをしないでください ここは私の神聖な職場です」
  という蒲鉾の板にかかれた言葉で、
  パートのおばさんは、それだけの人に影響を及ぼし、行動を変容させたのです。

  井深氏はいいいます。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
   「この落書きの件について、
    私も工場長もリーダーシップをとれなかった。 
    パートのおばさんに負けました。
    その時に、リーダーシップとは上から下への
    指導力、統率力だと考えていましたが、誤りだと分かったんです。

    以来私はリーダーシップを“影響力”と言うようにしました」

            『一流たちの金言』(監修 藤尾秀昭 致知出版)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://www.amazon.co.jp/dp/4884749340/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
     

  この話は、井深氏の講演会で話されたものであり、
  「はとバス」の元社長宮端清次氏が、それを実際に聞いて紹介しています。

  
   ☆「影響力」

  どのように影響力を及ぼすのかは人それぞれです。

  皆の先頭にたって雄弁さで、ぐいぐいひっぱるのも「影響力」です。
  静かに背中を見せて、言葉少なに誠実さで人を動かすのも「影響力」です。
  明るく楽しく、冗談で場をいつもなごませるのも「影響力」です。  

  そして、それらすべてが「リーダーシップ」です。

  誰にだって「リーダーシップ」はあります。
  人それぞれの「リーダーシップ」が。

  誰かの真似をするのではなく、
  自分のなかに眠る力を信じ、自己を解放していくことが
  リーダーシップへの未知なる道。

  その道の向こうで、まだ見ぬ新たな自分が待っています!  
 
 
  〜〜〜

  本日は、これにて。

  東京は秋らしさが加速しています。
  思いのほか、朝晩ぐっと冷え込むこともあると思います。
  どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2011年の神無月が、あなた様にとって
  生涯の記憶に残るようなステキな日々で満たされることを
  心よりお祈りしています。

                 
                 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                 (^人^)         
 

                                 敬具

   平成二十三年十月五日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自身の影響力をどう解釈しているだろうか?

 2)私は、自身のリーダーシップ・スタイルを確立できているだろうか?

 3)私は、リーダーシップをひと言で何と言えるだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
====================================================
 ◆103℃ WORD◆

                「リーダーシップとは人の心を動かすこと」  
     
====================================================

 ◆追伸◆

 【雑誌『ガバナンス』(10月号)プレゼント】
  
  昨年に続き21世紀の地方自治を創る総合情報誌『月刊ガバナンス』に
  リーダーシップについて記事を執筆いたしました。 
  http://goo.gl/2LbKA
  
  テーマは「非常時のリーダーシップ」。
 
  被災地を歩いてきた私の経験や
  津波を実際に体験した父から聞いた話をベースに論を構成しました。
  副編集長の話ですと、読んでくださった自治体職員の方から
  「今回の記事のなかで一番、参考になった」と感想が届いたそうです。     
  その感想もメールで読みました。なんともありがたい話です。

  東日本大震災があり、今、自治体の方々の苦労ははかりしれないものがあります。
  ほんの3ページほどの短く拙い論が、
  何かの役にたったならこれほど嬉しいことはありません。

  さて、見本誌を3冊もいただきました。私は1冊あれば十分です。
  残り2冊、メルマガ読者のみなさまに抽選でプレゼント(2名様)いたします。
  締め切りは、10月8日(土)です。

  件名を【雑誌『ガバナンス』プレゼント】として、以下のアドレスまでメールしてください。
     ↓↓↓
   j@earthship-c.com
  
  応募の時は、匿名でも結構です。
  当選された方にだけ、郵送先やお名前をご確認いたします。    
  当選された方には、10月11日(火)に、私からメールいたします。
  
  それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(43才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。

──────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「リーダーシップとは時と場合によって様々に変化していく。
   固定的なものではありません」

                     (元はとバス社長 宮端清次)
        

            『一流たちの金言』(監修 藤尾秀昭 致知出版)より
         

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com