ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2011バックナンバー > 【96通目】

【96通目】「モチベーション」とは何か-3セルフ・モチベーション !

☆────────────────☆───────────────────☆
《モチベーション-3》

                               
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                11.09.16
                                 96通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 夕闇に 月の光よ 肩並べ

  いかがお過ごしでしょうか?

  2011年の9月も気づけば中盤です。
  
  ですが・・・・・暑いですね~。
  まさに厳しい残暑です。
  街を歩いていると、ギラギラ、太陽の日差しが痛い、痛い。  

  ハンカチを口をあてている人を多く見かけ、
  おかしな暑さへ閉口しているその気持ちが
  ボディランゲージとして伝わってきます。

  私もそうなのですが、あまりに暑いと、
  手にするハンカチを、つい口にあててしまう。
  何なのでしょう。自然とそうしてしまうのです。
  

  閉口とは「口を閉ざす」と書きますが、
  人は困ると自然と口を何かで
  閉ざすものなのかもしれません。
      
  全国各地で熱中症で倒れている人が続出しています。
  
  水分をたくさんとって、適度にクーラーはかけて
  おからだどうぞご自愛なさってください。

  〜〜〜

  さて、間隔があいてしまいましたが「モチベーション」について、
  続けて書きました。
  これまで2通の内容は、
  他者をどうモチベートするか、という話でした。

  リーダーであると、「モチベーション」といえば、
  部下や他人のことを思い浮かべる人が多いと思いますが、、
  ご自身の「モチベーション」も大切ですよね。

  「セルフ・モチベーション」とよく言います。
  自分を自分でどうモチベートしていくか、これも大事です。

  他人(部下)をモチベートする時、
  やっぱり、自分自身のモチベーションが下がっていたら、
  それはままならない。

  GEを再生した、かのジャック・ウェルチは、
  リーダーの条件を「4E」として、以下の4つをあげました。
      
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
   ・Energy(リーダーにエネルギーがある)
   ・Energize(人にエネルギーを与える)
   ・Edge(タフであること)
   ・Execute(とことんやり抜くこと)
  
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ジャック・ウェルチ自身、
  この4条件を体現するような人だったそうです。  

  いつでもこの4条件を満たさればいいのでしょうが、
  人間、生きてれば、何のかんの、いろいろとありまして、
  仕事で失敗することもあるし、
  人間関係うまくいかなくなることもあるし、
  天気予報が外れて突然、雨が降ってきて、
  お気に入りの洋服でずぶ濡れになることもあって
  必ずしもエネルギーが十分に充填されていない時もあります。
  
  なので、思うのです。

  「モチベーションとは上がったり下がったりして当たり前」だと。

  ずーと、モチベーションが高い状態を維持することは難しいし、
  別にそんな高くなくてもいいじゃないかと。

  仕事で「ここぞ!」という時には、ガッとモチベーションを高め   
  「ここぞ!」が終わったら、
  肩から力を抜いてリラックス、リラックス。

   
  そんな風に力を入れたり抜いたりしながら、
  長い仕事人生、長期にわたって、ある一定レベルのモチベーションを
  維持していくことが大事なんだと思います。

    
  〜〜〜

  さて、セルフ・モチベーションを維持していくために、
  どうするかというと、いろいろな本で、いろいろなコトが説かれていますが、
  私は、その人が長い人生経験の中で、
  自分で見出した、自分なりの作戦や手法が大事だと思っています。

  「自分独自の」というのがポイントで、
  それが世間的にどうのうこうのとか、
  心理学的にどうだとか、脳科学的にはそれは正しくないとか、
  そんなことはどうでもよくて、
  それで自分がリラックスできたり、
  気分を少し上げていくことができれば、
  それでいいのじゃないかと思います。

  もちろん他人に迷惑をかけるようなのはダメですが、
  自分で「これちょっと変かな」と思うようなものは、
  別に他言する必要ないわけですから、
  こっそり続ければいいのでしょう。

  それに、ちょっと変かなと思うような手法の方が、
  むしろ独自性があって、効果も高く、
  下手に本に書かれていることを優等生になって
  実践するより、いいのではないかなと。

  と、前ふりはこれぐらいにして、
  では、私が自分では「これちょっと変かな」と思いつつ、
  妻に「何してんの」と白い目で見られつつ(笑)  
  でもやっぱり、気持ちをあげていくのに、
  自分ではとても効き目があるので、ひとつご紹介します。

  バカじゃないかと笑わないでくださいね。

  それは・・・ごみ箱にゴミを投げ入れることです。

  あっ、「はっ?」とちょっと変じゃないかと思いましたね(笑)

  ~~~

  【モチべアップ!紙くず戦法】

  紙くずを手にします。
  ゴミ箱から、そうですね、3メートルぐらい離れます。
  で、ごみ箱向けて紙くずを投げます。

  3メートル離れていると、これがなかなか入らない。
  3回、5回と失敗し続け、
  でも、スパッと最後は、必ず入ります。

  紙くずが、美しい放物線を描いて、スパっと、
  ゴミ箱に吸い込まれる瞬間、「よっしゃ~!」
  ものすごい達成感があります。
  「俺はやれる!できる!」と思えるのですね。

  こう書いていて、なんだか「俺は大丈夫か?」と
  不安になってきましたが(笑)
  まあ、これが私ですので、仕方ありません。

  一発で入った時など、気分は最高です。

  【モチべアップ!カルピスを戦法】

  それと、最近の小さな発見は「カルピス」です。
  一か月ほど前でしょうか、
  冷蔵庫にカルピスの原液があるのを発見しました。
  喉が渇いていたので、カルピスを作って飲んでみました。
  何年ぶりだったか、最後に飲んだのがいつだったか
  まったく覚えていません。

  で、飲んだ時、「いや~これはおいしい!」と
  ホントに「おいしいな」と、味もそうなんですか、
  とても心が満たされた気がしたのです。

  で、何だろう、この感覚は、と不思議だったのですが、
  すぐに理由がふたつ思いつきました。

  一つ目は、小さい時の記憶です。
  カルピスをたくさん飲みたかったのに、
  飲めなかったという覚えが私にはあって、
  小さい時に満たせなかった気持ちを、
  今、満たすことができたということ。

  二つ目は、学生時代、
  ラグビーの試合前やハーフタイムで
  私はよく「カルピス」を飲んでいました。

  今はどうかわかりませんが、当時、
  ラグビーの専門雑誌「ラグビーマガジン」で
  「カルピスが持久力を高める」ということが
  よく書かれていて、それで、カルピスをとりいれたのです。

  で、「カルピス」を飲むと、
  ラグビーの試合の時、みなぎっていた激しい闘争心を
  ほんの少し思い出させてくれるようです。

  43歳になって、「カルピス」を飲むと、
  ぐっと気分が高まる私・・・。

  (う~ん、大丈夫かな?)

  ~~~

  以上、二つ書きましたが、
  これって、たぶん、他の人がやっても、
  全然、効果がないんだと思います。すみません。

  カルピス飲んで「よっしゃ、残りの仕事がんばるぞ!」

  と気分高まる人いませんよね、たぶん。

  じゃあ「書くな!」と叱られそうですけれど、
  モチベーションを維持していくには、
  自分なりの生活に密着した小さな実践の積み重ねが
  とても大事なのではと、 
  そういったことが言いたいわけです。

  例えば、その他、

  1)お気に入りの「言葉」を読む
  2)お気に入りの「音楽」を聞く
  3)お気に入りの「アロマ」を嗅ぐ
  4)お気に入りの「ストレッチ」体操をする
  5)お気に入りの「映画」を見る
  6)お気に入りの「自然」にふれる
  7)お気に入りの「空(星空)」を眺める
  8)お気に入りの「瞑想」をする

  ざっと、私なりに、普段、こんなことをしています。
  でも、これだと一般的ですね。
  誰もがやっている。
  でも、細かく表現していけば、
  私独自のものがあるかもしれません。
  もっと他にもあげられます。
  「子どもの寝顔を見る」なんて、そうです。
  この子たちのためにがんばらなくちゃなと、ホント思えます。

  ここで大事なのは、
  「あれがだめなら、これ」「これがだめなら、それ」と
  いくつもの戦法を持っていることです。

  いい言葉を読むと、
  忘れていた大切なことを思い出させてくれ
  ぐっとモチベーションが高まることがあります。

  「なるほど」と、その言葉を記録しておきます。
  でも、しばらくして、その言葉を読んでも、
  まったく心が動かないことがある。

  「なんでこんな言葉、書きとめたんだ?」と。
  
  音楽もそうです。
  「いい曲だな~」と何度か聴いていると、
  だんだんと最初に聞いた時の新鮮な感動が薄れていく。
  
  鮮度が落ちるというか、賞味期限が切れるというか。

  だから、言葉がだめなら音楽、音楽がだめならストレッチ、
  それでもダメならカルピスだ~、とか、
  そんな風にモチべアップ作戦の在庫を切らさず
  どれだけ自分なりの手法もっているかが大切だと思います。

  よく「いろいろとやっているんですけど長続きしないんです」と
  不安げに、おっしゃる方がいます。

  長続きしないなら、それはそれでいいんです。
  私も「カルピス作戦」は、年末にはやってないでしょう(笑)
  長続きしないのなら、次から次へと、
  どんどん新たな手法を開発したり、発見する。
  たぶん、それがその人のスタイルです。

  だから、継続できない自分を否定しない。
  長続きしないのは、新たな可能性に開かれているということ。
  そんな風に考えて、どんどん楽しむことが大事だと思います。

  第2回笑門108倶楽部セミナーでは、
  みなさんと楽しく「セルフモチベーション・アップ」について
  いろいろと考えてみたいと思います。

  それでは最後、最近ぐっときた言葉をひとつ。

  世界的偉業「はやぶさプロジェクト」を率いた
  川口淳一郎リーダーのものです。
  

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
  『問題点を指摘するのではなく、
   「こうすればできる」という人ばかりでした。
   そういう意見がどんどん出てくると、未解決な問題があっても、
   「何とかなるのでは」
   と前向きに考えることができるようになります』

                   『日本経済新聞』(2011.9.13 夕刊)
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  人生いろいろありますけれど、

  「何とかなる」と思う。

  これもモチベーションを維持するメンタリティですね!

  
  ~~~

  本日は、これにて。

  しかし、暑い。
  どうぞ大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2011年の長月が、あなた様にとって
  生涯の記憶に残るようなステキな日々で満たされることを
  心よりお祈りしています。

                 
                 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                 
                 (^O^)/         
 

                                 敬具

   平成二十三年九月十六日

                             松山 淳より 

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、どんな風にモチベーションを維持しているだろうか?

 2)私は、どんなことで「やる気」が出るだろうか?

 3)私は、人生で一番大切にしていることは何だろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                 「やる気は心、無尽蔵」  
     
==========================================================

 ◆追伸◆

 【第2回笑門108倶楽部セミナー】

 『セルフ・モチベーションをもっと楽しく』

  モチベーションの基礎理論など、私の話しはほどほどにしまして、
  皆さんと楽しく会話しをしながら、進行していきたいと思います。

  「カルピス飲んで、モチベーション・アップ!」は私だけかと思いますが、
  他の方が、どんなことを実践されているのか、
  みなさんで知恵を出し合って、楽しく「知の共有」をできたらと考えています。

  ◆開催日:2011年10月14日(金)
  ◆時 間:19:00〜20:30(90分)
  ◆参加費:5,000円(税込) ※事前に指定口座にお振り込みいただきます。 
  ◆定 員:15名
  ◆場 所:ちよだプラットフォームスクウェア 4階(402)
       〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3‐21 TEL:03-3233-1511
       JR神田駅徒歩12分 / 地下鉄東西線竹橋駅 徒歩3分
http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

  ◆懇親会:セミナー終了後、近くの居酒屋で1杯やります。参加費【4,000円】

  ☆ご参加ご希望の方は、以下のアドレスまで件名を
   【第2回笑門108倶楽部参加希望】として

   ・「お名前」
   ・「連絡先メールアドレス」
   ・「セミナーのみ」もしくは「セミナー+懇親会」

    を記載しメールしてください。
          ↓↓↓
      108club@earthship-c.com

 それでは、涼しい秋の夜にお会いできることを楽しみにしています。

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(43才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「新しい考えはまず『ばかばかしい』と非難され、
   次に『つまらないことだ』と退けられ、
   そして最後に『そんなことは誰でも知っている』と言われる」

                       (ウィリアム・ジェームズ)
        

      『癒しの光』(著 バーバラ・アン・ブレナン 河出書房新社)より



松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com