ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2010バックナンバー > 【71通目

【71通目】「無用の用-2」無駄を冒険する!

☆────────────────☆───────────────────☆
《無用の用-2》

                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                10.06.25
                                 71通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 鳥の声 ゴールが決まり 朝ぼらけ

  いかがお過ごしでしょうか?

  2010年の水無月(六月)も終盤です。
  そしてやりました!
  侍イレブン、見事、デンマークを破り
  決勝トーナメント進出です。  

  3時半に目覚ましをかけて、
  重たいからだを無理に起こしてテレビをつけると
  試合開始から3分が過ぎていました。

  デンマーク選手のパス回しに
  日本選手が翻弄されているように見えて
  「これはまずいな〜」と思っていましたが、
  選手一丸となってのディフェンスに
  時間が経過してゆくと
  デンマーク・チームの攻めあぐねている様子が
  だんだんとあらわになってきました。

  そこで本田選手のフリーキック!

  「ゴーーーーーーール!」

  いや〜すごかったですね。
  次の得点シーンも、本田選手が蹴るのかと思ったら
  遠藤選手が、すっと蹴って、ゴール右隅にボールは吸い込まれ
  ネットを揺らしました。

  後半戦、ゴール前でペナルティをとられ、
  PKを決められたものの
  最後の最後、だめ押しの3点を岡崎選手がとりました。

  ワールドカップ前の侍イレブンの不調を思うと
  まったく別チームのようです。

  いや〜、とにかくやりました!

  決勝トーナメントが楽しみです!

  〜〜〜

  サッカーというスポーツを見ていると
  「1点」という得点の重さをひしひしと感じます。

  ある程度、実力差があっても5対1とか3対0とかで
  あまり点差が開きませんね。
  私はラグビーをやっていましたが、
  ラグビーの場合ですと、1トライ5点ですので、
  トライを重ねると、あっという間に20点、30点となります。
  それでも、1トライの重みはあります。

  1点、1トライをとるのに、
  サッカーでは11人、ラグビーでは15人が
  それぞれのポジションで、それぞれの役割を果たします。

  ボールはあっちにいったり、こっちにいったりして
  なかなか点に、トライになりません。

  サッカーで前後半90分で3点とすると
  単純に割れば30分に1得点です。

  その間、ボールを回して、攻めたり、攻められたり
  ボールがラインを越えてプレーがストップしたり
  選手もボールもフィールドの中と外を激しく動き回ります。

  ルールやプレーそのものをよく理解していない人が観ると
  なんだか無駄な動きをしているように見えるでしょう。

  でも、選手の間を行ったり来たりする
  一見、無駄に思えるボールの動きは
  その全てが、数十分に1回しか生まれない
  奇跡のゴールを生み出すための「下ごしらえ」なわけですね。

  「下ごしらえ」は無用に思えることが多い。
  でも、その無用と思えることを
  愚直に繰りかえさえなければ、決してゴールは生まれない。  
  
  2004年に大ベストセラーとなった『グッドラック』(ポプラ社)に
  こんな言葉がありました。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓   

    「偶然しか信じぬ者は、下ごしらえをする者を笑う。
     下ごしらえをする者は、なにも気にしなくていい」      

        『グッドラック』(著アレックス・ロビラ 他 ポプラ社)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://www.amazon.co.jp/dp/4591081451/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

    
  本通は前号につづき

   ☆「無用の用」

  をひとつのフックとしてお話をすすめるお約束でした。

  無用と思えるコトが用へとつながるひとつの道である。
  水墨画には余白があって「美」が成立するように
  私たちの世界は無用と思える存在が用を支えている。
 
  日経新聞で作家の荒俣宏氏がこう言っていました。
    
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
   「スピードの効率重視のビジネス社会では、
    こうした「訳の分からないこと」は端に追いやられがちだ。
    オカルト研究に熱中して何になるのか。
    場合によっては「無駄な行為」として切り捨てられることもある。
    だが、無駄と思われることに挑む、
    あるいは冒険できる余裕が個人や社会から失われると、
    それはやがて「日本沈没」につながりかねない」      

               『日本経済新聞』(2010.6.12付け夕刊)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ☆無駄を冒険する

    
  サッカーではどうかはわかりませんが、
  私が大学時代にやっていたラグビーでも
  「今のは無駄なパスだった」「無用のプレーだった」
  と叱れることがあります。

  でも、その「無用のプレー」が、単独でトライを果敢に狙う
  情熱あふれたプレーであることも多いのです。
  それは冒険的プレーであり、
  リスクを引き受けた結果としての行動なのです。

  オランダ戦が終えて前日本代表監督オシム氏が
  こんなコメントを発表していました。 

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
   「サッカーを見すぎないように医者からストップがかかっている。
    わたしはリスクを冒しているが、常々言っているように
    リスクを冒さないと収穫はない」      

               『日本経済新聞』(2010.6.21付け朝刊)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  ゴールから遠く離れたところからシュートを放ち
  ボールはゴールのバーはるか頭上を越えて得点にならなことがあります。
  結果は0点。
  でも、サッカーの解説を聞いていると「シュートで終えた!」
  と、そのハイリスクな無駄とも思えるシュートを賞賛する
  コメントをよく耳にします。

  つまり無駄な結果に終わったシュートにも意味が発生しているのですね。
  チームに勢いをつけるとか、
  無駄なゴールを放った選手が、キックの感触をつかんだとか、
  無用と思える行為が次の何かにつながっている、つまりは・・・、
  

   ☆価値ある無駄
  

  社会は全てが相互に作用する有機的につながる世界。

  単一の目標を設定し、多様性が奪われた世界は
  豊かさを失いやがて劣化していく。    

  トヨタ自動車では係長職が20年ぶりに復活しました。
  以前、係長職は、意思決定を早めるためにと
  組織のフラット化の末、無用とされ消滅した職です。
  米国での騒動があって、トヨタでは社内のあちこちから
 
  「事業の急拡大に人材育成のスピードが追いつかなかった」(日経新聞)

  との声があがり、組織の見直しに着手しているそうです。

   ──────────────
     ☆無用の用
   ──────────────
   

  成果をあげるために組織の多様性を維持するリーダーが、
  大切にしたいひとつの言葉ですね。

  〜〜〜

  本日は、これにて・・・。

  やたら湿気の多い、梅雨の季節です。
  疲れた時は、艶やかに咲く紫陽花をみてみてください。 
  どうぞ体調を崩されませんよう大切な大切なおからだを、
  くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2010年の水無月が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時間となることを
  心よりお祈りしています。

        
                  
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                 
                  (^O^)/
                 
 

                                 敬具

   平成二十二年六月二十五日

                              松山 淳より

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、多様な価値観を受け入れているだろうか?

 2)私は、冒険心やチャレンジ精神を失っていないだろうか?

 3)私は、リスクを引き受ける行動をしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                         「挑戦は未来の栄養源」  
     
==[PR]====================================================
■Amazon.co.jpで【2009年9位(ビジネス書)】著者新刊

 

 ▼『お客様を3週間でザクザク集める方法』
                 著・高田靖久(中経出版・1470円)

 

  http://www.takatayasuhisa.com/3weeks.html
   ↑↑↑
 「いよいよ高田さんの本が出ます!
  数多くの確かな実績を残されている人だけに今回も楽しみですね!」(松山) 
  
==========================================================

 ◆追伸◆

  長男(小五)は絵を描くことが好きで、
  家に帰ってきても、暇を見つけては何かを描いています。
 
  画用紙に少し描いて、余白が残ったまま、次のページをめくろうとすると
  「紙を無駄にするな」と幼稚園の頃は、よく叱っていたのですが、
  そうすると、絵を描くこと自体の喜びや楽しを奪ってしまうと思って
  あまり口やかましく言わないようにしました。

  で、今となっては、長男が必死になって描いている姿を見て
  次男(5歳)、長女(3歳)が、兄の真似をしてか
  家で、よく絵を描くようになりました。

  時々、リビングのテーブルで
  子どもたちが、3人揃って絵を描いている光景を目にします。

  娘の絵はまだぐちゃぐちゃですが、
  次男の上達が目覚ましいですね。
  先日、描いたザリガニの絵はホントにすごかった。  

  将来は3人揃って「芸術家か?」と夢想している親バカな私です。

  小さな子どもたちが「絵描き」になりたいと夢を持てる
  心豊かな社会を後世に残したいものです。

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(41才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「幸運を作るというのは、チャンスに備えて下ごしらえをしておくこと。
   だがチャンスを得るには、運も偶然も必要ない。
   それはいつでもそこにあるものだから。」

                          (アレックス・ロビラ)
        

        『グッドラック』(著アレックス・ロビラ 他 ポプラ社)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com