ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2010バックナンバー > 【69通目】

【69通目】「心の路地裏」人生の目的は楽しく過ごすこと!

☆────────────────☆───────────────────☆
《心の路地裏》

                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                10.06.03
                                 69通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 路地裏に 咲く花見ては ありがとう  

  いかがお過ごしでしょうか?

  2010年の水無月(六月)が始まっています。
  今月が終わりますと、なんと!
  2010年も半分が終了です。
  6月30日は、本年の折り返し地点です。 
  ちょうど、今、2010年の折り返し地点が
  遠くに見え始めているところです。
 
  五ヶ月間、いかがだったでしょうか。

  どんなことがありましたか?
  どんな出会いがありましたか?
  どんな成果がありましたか?

  2010年の折り返し地点に向けて、今から気持を引き締め
  「神がさす」気持を忘れずに、ペースが崩さず、着実に歩をすすめ、
  本年の後半戦に向けて、しっかりとターンしてゆきましょう!
    
  〜〜〜

  と、書いている私は、本年1月につづき、
  先月(5月)またも「ぎっくり腰」をやってしまいました。
  今回はそれほど重くなく、2週間ほどで回復しました。

  重くはなかったのですが、やっぱり、参りました!
  
  いつも「ぎっくり腰」をやるとお世話になる
  カイロプラクティック医院は、
  東京は港区、元麻布の住宅街にひっそりと佇んでいます。
  日比谷線の広尾駅で下車して、
  都内有数の緑のオアシス「有栖川公園」を抜けてゆく。
  大きな木がたくさんあって、鳥の鳴き声が響きます。
  緑の香りに包まれると、ふっとからだの力が抜けます。
  この公園が坂になっていまして、えっちらおっちら上り、
  しばらく歩き、公園の外へ出ます。
  陛下ご夫妻が若き日、テニスを楽しんだ
  「東京ローンテニスクラブ」を野球グランド越しに左手に見ながら、
  通りを渡り路地裏に入ると、
  そこから元麻布へと下り坂になっていきます。
  この辺りで、元BOOWYのギターリスト布袋寅泰さんと
  よく、すれ違います。
  今井美樹さんとの暮らす家が、すぐ近くにあるのですね。
  余談でした(笑)

  さて、道は下り坂になると狭くなり視界が閉ざされます。
  街の裏側に入った、という感じです。
  何度も角を曲がり狭い道をトボトボ進んでいきます。腰が痛いな〜。
  すると突然、ぱっと視界がひらけ大きな空に雲がたなびき
  六本木ヒルズを一望できる東京パノラマ・ビューが忽然と現れます。

  「あ〜いいですね〜」

  なんて、亡くなった立松和平さんのあのセリフがつい口をつきます。
  この時の瞬間が、なんとも言えない。
  天気の良い日など、ホントに最高です。
  
  先の見えない道をトコトコ歩いてゆく。
  でも、ある時、ふっと先がひらけるような感覚になる。

  これ、カウンセリングの過程に似ています。

  いや人生そのものかもしれませんね!

  〜〜〜

  精神科医高橋和巳氏の著『心を知る技術』(筑摩書房)
  にこんな事例が紹介されています。

  ***
 
  【クライアント 女性(27)、佐知子さん】

   7年間つきあっていた彼が病に倒れる。
   生死に関わる病気だったが、闘病生活すえ無事に退院。
   ところがその直後に、仕事と看病に疲れ佐知子さんが倒れてしまう。
   それから、入退院を繰り返し、結果、保母さんの仕事を辞める。
   スーパーで週に3回パートの仕事をしてアパートで一人暮らしている。
   彼とはまだ会っているが、かつてのような楽しさはない。
   これまで辛いことがあって落ち込むことがあっても
   自分でなんとか元気を取り戻せたが、今は違う。
   「頑張ろう」という気持そのものが嫌だ。
   人生も終わった方がよいと思ってしまう。
   そうした状況で、高橋先生のもとを訪れる。

   それからカウンセリングは、20数回に渡って続けられた。

   途中、揺り戻しがありながら、
   自分の人生にまつわる様々なことを佐知子さんは、話した。
   すると「彼との」「父親との」「保育園の園長先生との」
   人間関係が、どこかで似ていることに気づいていく。

   繰り返される人間関係。そこにパターンがあるー人生脚本。
   
   小さな時に両親が離婚し佐知子さんは、母親に育てられた。
   中学生の時、離婚の原因が父親の女性問題であったことを知らされ
   父親への激しい憎悪がわいてきたことがあった。

   「愛されたいという期待と裏切りへの恐怖」

 
   自分を抑え人に尽くし、尽くしすぎて、自分をダメにしてしまう。 

   佐知子さんの心の底で
   佐知子さんを動かし続けてきた無意識の罠。
   
   五回目のカウンセリングで佐知子さんはこんなことを言っている。

   「自分が生き方を変えて、人の顔色をうかがわなくなっても、
    それでも地球は回って、世の中、
    それほど変わらないと分かったんです。
    そう思えたらずいぶん気が楽になりました」

   先の見えない「心の路地裏」をトボトボ歩いていった時
   ぱっと視界がひらけた瞬間であろう。

   しかし、カウンセリングは長期にわたった。
   でも、その分、自分の知らない自分に、いろいろと気づいてもいった。
   やがて、カウンセリングは終結へと向かい、
   佐知子さんは明るさを取り戻していく。
   過去にあった灰色の思い出を作り直していったのだ。
 
   ***

  私は、このカウンセリング過程での最後の場面がなんとも好きです。

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
    カウンセリングの別れは、楽しい会話だった。
  
    「先生、最後に一つ質問していいですか。これにはちゃんと答えて下さいよ」
    「何ですか?ちゃんと答えますよ」
    「先生、人生の目的っていったい何ですか。
     人は何のために生きているんですか?」
  
    私を試そうとしている彼女のいたずらっぽい目が愛らしかった。
    私は佐知子さんの心の軌跡を思い返した。
    彼女の生まれてから今日までの人生を私は詳しく知っている。
    大きな苦しみから解放されて、
    これからはまったく自由に生きていいのだと彼女は感じている。
    それが私にも伝わってきた。
 
    「う〜ん、人生の目的ね・・・。僕はね、毎日、美味しいものを食べて、
     ぐっすり眠って、楽しく過ごすことだと思いますよ」
    「エーッ!人生の目的って、食べて眠ることですか。・・・・・。
     そうですよね。それでいいんですよね。先生。
     楽しんでいけれいいんですよね。先生、私の負けですね」

     そう言って彼女は本当に嬉しそうに笑った。
    

              『心を知る技術 』(著 高橋和巳 筑摩書房)より
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
http://www.amazon.co.jp/dp/4480842454/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
    
  なぜなのだろうと思います。
  何も悪いコトをしていない、真面目な本当にいい人に
  とても辛く多量の涙を要する試練が訪れるのは、なぜなのだろう、と。

  私も「心の路地裏」を歩く人々と伴走させていただきながら、  
  まったく予期せぬ出来事が起こり、その出来事きっかけとなり
  ある人の人生の視界が突如としてひらけることを経験すします。

  「心の路地裏」を歩くのは辛いことです。悲しいことです。
  でも、そこにはきっと「路地裏」にしか咲いていない美しい花や
  「表通り」を歩いてばかりでは、決して見ることのできない
  生涯の記憶に残るであろう雄大なる景色があります。
  
  もし「心の路地裏」を歩いている人がいたら、
  どうぞそのことを信じて欲しい。

  あなたが見ている薄暗い心の景色はきっと変わることを、
  佐知子さんのように、笑える日がくることを。
 
  今、そう思えないことはよくわかるし、それでいいと思います。
  でも自分を信じる気持を、誰かを信頼する心を、
  あなたの心のどこか隅っこの方でもいいので、置いておいてもらいたい。

  その信じる心が最後の最後、
  「路地裏」から抜け出すあなたの希望になるから。
 
  そして、あなたのその希望が、絶望の淵に立たされている
  あなたの知らない誰かにとっての暖かな希望になるのだから・・・。

  〜〜〜

  本日は、これにて・・・。

  ここ数日、「皐月晴れ」と言いたくなる空が広がる水無月の東京です。

  といっても、夜、時々、ちょっと冷えるんですよね!
  どうぞ風邪など召されませんよう
  大切な大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2010年の水無月が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時間となることを
  心よりお祈りしています。

        
                  
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                 
                  (^人^)
                 
 

                                 敬具

   平成二十二年六月三日

                              松山 淳より

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自分を信じているだろうか?

 2)私は、誰かを信頼できているだろうか?

 3)私は、陽のあたる場所にのみ価値を置きすぎていないだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                          「路地裏から見上げる空」  
     
==========================================================

 ◆追伸◆

  先日のこと、3歳の娘が「課長、課長」と言いながら、
  私の後をついてきます。
  「お父さんは課長じゃないぞ」と言ったものの、フリーなので社長でもないし
  よく考えてみたら「課長」なんて言葉を知っているわけがないか、
  でも、幼稚園で流行っているのだろう、と、ほっといていたら、
 
  突然、私のおしりをぶすり!

  「いたっ」

  そうです「課長」ではなく「カンチョー」だったのです!

  最近、私のことを「パパ」と呼ばす
  なぜか「おじさん」と呼びます・・・汗)

  この頃、肉食女子の気配がますます濃くなる3歳の娘です。

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(41才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!

■資  格:・日本MBTI協会 認定ユーザー(Japan APT 正会員)
      ・日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
      ・日本メンタルヘルス協会認定  基礎心理カウンセラー。

■著  書:『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
       http://amzn.to/aAuNlS
      『真のリーダーに導く7通の手紙』(青春出版社)
       http://amzn.to/ctvAS4
      『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)
       http://amzn.to/9W9XGk

■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「自分を知り、自分の本当の望みがはっきりすれば、
   たとえ、それがすぐには満たされなくても、人は気持が楽になる」

        
        
                『心を知る技術 』(著 高橋和巳 筑摩書房)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com