ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2010バックナンバー > 【58通目】

【58通目】「働くコト」働く意味を考える〜日本理化学工業〜

☆────────────────☆───────────────────☆
《働くコト》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                10.02.01
                                 58通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 雲間草 天から降りて 街に咲く 

  いかがお過ごしでしょうか?

  2010年、如月(2月)になりました。
 
  すっかりご無沙汰してしまいました。
  2010年、初めての配信で
  「明けましておめでとうございます」を言うには
  季節がそぐわない時期となってしまいました。

  学生時代にやっていたラグビーの古傷がまたもうずき、
  年末年始の旅先で、激しい腰痛に襲われ、
  そのままダウンしてしまいました。

  数日、ベットから動けず、食事をとることもできず、
  数メートル離れたホテルのトイレに行くのに
  1時間もかかる始末でした。
  油汗というものを、生まれて初めてかきました。

  からだをちょっと動かすだけで、
  五寸釘で腰を突きさされたような痛みが走り、
  脳天へとかけぬける。
  歯をくいしばり、シーツをつかんで、うめき声をあげて
  痛みが去るの待つ。
  起きていても、寝ていても、これが、何度もくり返される。 

  じっとしていれば楽なのかというと、そうではなく
  じっとしていればしていたで、
  じわじわと腰の奥から痛みがやってきて、
  背中全体を覆い尽くし、
  鉄板を無理矢理はめこまれたような痛みとなる。

  「松山さん、どうしたんですか?」と言われて
  「ちょっと、ひどい腰痛で・・・」と言うと
  「そうなんですか、たいへんですね」と、同情の言葉はあるものの 
  顔に「なんだ腰痛か!」と書いてある。
  腰痛ではなく、何か違った呼び方はないかと思う、昨今です(笑)

  ですが、ひどい腰痛を体験した人と話すと、
  これが盛り上がる、盛り上がる。
  先日、あるご縁で知り合った経営者の方は、
  腰を痛めて、救急車で運ばれた経験があり、
  互いの苦しみを分かち合うかのように、
  腰痛をネタに1時間も話してしましました。

  「そうなんです、そうなんです、ホント辛いんですよね」
  と、私は、何度言ったことか。

  周囲の人が「たかが腰痛ぐらいで大げさな!」と
  あまり理解をしてくれないのが、いちばん辛いと言っていまして、
  まったくその通り、と大きくうなづきました。

  偶然ですが「ペイン・シェアリング」(痛みの分かち合い)
  をすることができて、
  今回の腰痛は、ちょっと尋常ではなかったので、
  私も、とても救われましたし、
  「わかってくれる人がいるコトの大切さ」を
  これまた深いレベルで体験することができました。
  
  様々なご相談を受け、
  人の「心の痛み」を分かち合う立場にある人間として
  自分がどこまで、できているのか・・・、
  安易に人の痛みや苦しさや悲しさが「わかる」などと言葉にしてはいけなし、
  「わかった」ような気になってはいけないし、
  それらの感情を共に感じることだけしかできないけれども、
  「共感」こそが、やっぱり、大切なんだと改めて思いました。
 
  さてさて、痛みは、まだ残っており、完治まではいかないものの
  ご心配してくださるメールがポツポツと届いておりまして、
  近況の報告をかねて、2010年、最初のメルマガをお届けします。
  

  〜〜〜

  「腰をひきずって」という日本語はありませんが、
  まさにそんな状態で、1月下旬、ご縁がご縁を呼んで、
  ついに、あの会社を視察することができました。
  大山泰弘会長の講話も聞くことができました。

   ☆日本理化学工業
    http://www.rikagaku.co.jp/

  『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本光司 あさ出版)
  に登場して、多くの人に知られるようになり、
  鳩山首相が会社を訪問し、
  2009年10月26日の「所信表明演説」では、
  日本理化学工業のことが紹介されました。

  社員の7割が知的障害者の会社。

  訪問した時、工場のラインを見学しました。
  ぞろぞろとスーツを着た人たちが目の前までやってきて
  写真をパシャパシャ撮っても、彼ら彼女らは、脇目もふらずに、
  真剣に目の前の仕事に打ち込んでいました。  

  チョークの不良品を見抜く作業や、梱包の作業などなど、
  いとも簡単にやっているように見えましたが、
  これを実際に健常者の人がすると、
  集中力がすぐに途切れてしまったり、
  細かな傷に気づかなかったりで、
  「ほとんどできない」のだと言います。
  
  それらの作業を目の前にして、
  大山会長が『働く幸せ』(WAVE出版)の中で書かれていた、
  あの話が、すっとカラダに定着したように感じました。
 
  〜〜〜

  昭和30年代。
  大山会長は父を創業した日本理化学工業に入社します。 
  入社して3年が過ぎた頃、近くの養護学校の先生がやってきて
  「うちの生徒を就職させてほしい」と頼む。
  当時の会長は、障害者への理解がなく、断ってしまう。
  しかし、「そこをなんとか」と、先生は3度もやってきて頭を下げる。
  最後、先生はこう言った。

  「もう就職とは申しません。
   でも、せめて働く体験だけでもさせていただけませんか。
   あの子たちはこの先、施設に入ることになります。
   そうなれば一生、働くということを知らずに、
   この世を終わってしまう人となるのです」
  
  この言葉で知的障害者への同情心が芽生え、
  大山会長は、2週間だけの就業体験を受け入れます。
  そして、懸命に働くその姿を見て、何か心を打つものがありました。
  すると、体験期間が終わってある社員が、

  「こんなに一所懸命やってくれんだから、
   1人か2人ならいいんじゃないですか。
   私たちがめんどうをみますから、あの子たちを雇ってください」 

  この言葉に背中を押されて知的障害者を雇用したのが
  1960年(昭和38年)のこと。

  そうして始まった障害者の雇用。
  その働く姿を日々、みつめながら、
  大山会長には何か釈然としないものがあった。

  それは、施設に入れば不自由なく暮らせるはずなのに、
  なぜ、彼ら彼女らは「働く」ことを選ぶのか。
  満員電車に乗ってやってきて、立ちっぱなしの仕事もして
  からだも、心も、疲れるのに、どうしてなんだろう・・・?

  そんなモヤモヤした思いをもっていた時に、
  大山会長は、ある方の法要のために禅寺を訪れます。
  ご祈祷が終わり、食事の席となり、偶然にも隣にご住職が座った。
  大山会長は、ふっと、尋ねた。

  「うちの工場には知的障害者の人たちが働いているのですが、
   どうして彼女たちは施設より工場にきたがるのでしょう」

  ご住職は答えた。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  

   「人間の幸せは、ものやお金ではありません。
    人間の究極の幸せは次の4つです。
    その1つは、人に愛されること。
    2つは、人にほめられること。
    3つは、人の役に立つこと。
    そして、最後に、人から必要とされること。
    障害者の方たちが、施設で保護されるより、
    企業で働きたいと願うのは、
    社会で必要とされて、本当の幸せを求める人間の証なのです」

              『働く幸せ』(著 大山泰弘 WAVE出版)より
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4872904192/earthshccom0c-22/ref=nosim

  
  〜〜〜

  日本理化学工業の敷地内に、彫刻家・松阪節三氏が制作・寄贈した
  「働く幸せの像」がたっています。
  その台には、こう書いてありました。

   ──────────────────────────── 
 
    導師は人間の究極の幸せは、
    人に愛されること、
    人にほめられること、
    人の役にたつこと、
    人から必要とされること、
    の4つと言われました。
    働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。
    私はその愛までも得られると思う

                         (大山泰弘)

   ──────────────────────────── 

  働くことで「愛」までも・・・。

  なんとも素晴らしい言葉で、深く考えさせられます。

  「私にとって働くこととはどういったことなのだろう?」

  〜〜〜

  そんな日本理化学工業への視察の余韻がさめやらぬ先日、
  12年連続でこの国の自殺者が3万人となった記事が、
  ずっと心にひっかっていまして、  
  その中には、多くの「働く人」たちが含まれていて、
  その働いていた人のまわりには、
  その人を愛する家族や子どもがいて、
  その人たちの悲しみや苦しみを想うと、
  果たして「働くって何のだろう?」と、
  「私たちは働くことで幸せになれるのだろうか?」
  などと考えたりして、
  でも、それはとてもひとりで考えて抜けるようなことではなく、
  たくさんの人の話や意見、感想を聞いて
  そうした「働くコト」の本質に迫っていくようなテーマの本なら
  なんとなく自分らしいような気がして、
  本を書けるんじゃないか、いや、やらなくてはいけないんじゃないかと、
  天の啓示のような、心の底からぐぐっと
  得たいの知れないエネルギーがわき起ってきて
  そのためにも、人に会って話を聞かなければと、
  でも、それでは限界があるので、
  メルマガやブログでも呼びかけて、意見や感想をもらって
  まとめてみようじゃないかと、
  それを2010年のひとつの大きな目標にしてみようと・・・。

  そんなことを突如、思い立ちました。
  
  なので、二の足を踏んでいた、ツイッターも始めてみました。
   ↓↓↓
  http://twitter.com/JunMatsuyama
    

   「働くことは幸せになること」
   「働くことはお金をかせぐこと」
   「働くことは苦しいだけ・・・」
   「働くことって何だろうって問うこと自体が間違っている」 
   「働くことは生きるための手段」
   「働くことは孤独との戦い」
   「働くことは何かと考える暇があったら働け、からだを動かせ」
   「働くことは愛を感じること」
   「働くことは自分を犠牲にすること」
   「働くことは社会をよくすること」
   「働くことは未来への希望をつなぐこと」
   「働くことは自己を成長させるための研磨石」

   などなど・・・・。   

  「あなたにとって働くコトって何ですか?」
 
 
  ツイッターでつぶやいてもらったら嬉しいですし、
  ご意見、ご感想、体験談、などなど新たなメールでお待ちしています。
   ↓↓↓
  hatarakukoto@earthship-c.com

  それからインタビューに応じてもらえる人を募集します。

  「こんな辛いことがあったけど、
   働くことで、こんないいこともありましたよ」

  そんな体験談を、お聞きできたらと思っています。
  同じく、こちらまでメールをいただけたら幸いです。
   ↓↓↓
  hatarakukoto@earthship-c.com

  〜〜〜

  日本理化学工業で大山会長のお話を聞いた部屋には、
  「だるま」がたくさん飾られていました。ものすごい数です。
  質問の時間となり、ある質問と、
  もうひとつ、「だるま」さんとのご縁について尋ねてみました。
 
  会長曰く、特別の強い思い入れがあるわけではないけれど
  彫刻の台にまで刻んだ言葉のヒントをもらったのは
  禅寺のご住職であり、禅宗のもとをたどれば、
  これは中国の「達磨大師」であり、そうした「ご縁」は感じています、
  とのことでした。

  大山会長の著『働く幸せ』(WAVE出版)に、こうありました。

   「近年のニュースを見聞きするなかで、
    社会全体が「働く」ということの意味を
    見失ってしまったのではないか」
 

  ちょっと出遅れましたが、2010年もまた
  みなさまとの「ご縁」を大切にしながら、
  私なりに失われたその意味を追いかけてみたいと思います。

  2010年も、また、どうぞよろしくお願いいたします!

  〜〜〜

  本日は、これにて・・・。

  東京は、明日、雪になるとかで、寒さ本番です。
  どうぞ風邪など召されませんよう
  大切な大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
   
  そして、2010年の如月が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時間となることを
  心よりお祈りしています。

           
                 2010年も
   
              「元氣・勇氣・やる氣」で!

             
                  (^人^) 
                 
 

                                 敬具

   平成二十一年二月一日

                              松山 淳より

=======================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、働くことで幸せになれているだろうか?

 2)私は、何のために働いているのだろうか?

 3)私は、働くことで何を得ているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
=======================================================
 ◆103℃ WORD◆

                  「働くことは、傍(はた)を楽にすること」  
     
=======================================================

 ◆追伸◆

  ◇ツイッター始めたのですが、使い方がまだわからないので、
   どうしたものかと思っていますが、ブログの時もそうでしたので、
   おいおい慣れるかと思います。
   「フォロー」と言うでしたっけ・・・、
   私も皆さんのつぶやきを拝見したいと思います。
    ↓↓↓
   http://twitter.com/JunMatsuyama
       
  ◇「働くコト」をテーマにした本は、アイディアレベルで、
    出版にこぎつけられるかはまだ未定です。
    ただ、編集方針としては、できるだけ多くの人のご意見を聞いて、
    その言葉を掲載したいと思っています。
    匿名でも構いませんので、ご意見、ぜひぜひ、お待ちしています!
    ↓↓↓
   hatarakukoto@earthship-c.com

  ◇日本理化学工業に、「きっとパス」という素晴らしい商品があります。
   子どもたちが大喜びして、使っています。
   我が家では、窓に絵を書くことで盛り上がっています。
   障害者雇用を日本でもっと広めるためにも、
   日本理化学工業の成功事例は、はずみになります。
   みなさん、応援してください。
    ↓↓↓
   http://www.kitpas.com/shop/

   アマゾンでも買うことができますよ〜!
    ↓↓↓
   http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0016GITAA/earthshccom0c-22/ref=nosim
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
  「人のために動くことを、働くというのだよ。
   人のために動いていると、愛される人間になる。」

                    (日本理化学工業 会長 大山泰弘)

        
                『働く幸せ』(著:大山泰弘 WAVE出版)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com