ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2009バックナンバー > 【38通目】

【38通目】「理念経営-2」理念と損得は一致する!

☆────────────────☆───────────────────☆

《理念経営-2》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                09.05.29
                                 38通目
☆────────────────☆───────────────────☆

  リーダー様へ

  拝啓 皐月ゆく 紫陽花育ち 水たまり

  いかがお過ごしでしょうか?

  2009年の皐月もいよいよ終わりですね。

  どんな一ヶ月だったでしょうか?

  私から、皆様にご報告があります。
  メールの件名にありました通り、3冊目の本を出すことになりました。

  タイトルは・・・、

   ────────────────────────
   ★『真のリーダーへ導く7通の手紙』(青春出版社)
   ────────────────────────
  

  発売は、来月(6月)の下旬を予定しています。

  実は、この物語を読んだ人はたくさんいます。
  06年〜07年にかけて、メルマガにて細切れにて配信しましたし。
  かつては私のHPからダウンロードできるようになっていました。
  その頃のタイトルは、『Starting Over 〜リーダーの涙〜』でした。
  この物語に加筆・修正を加え出版となります。

  今回もアップルシード・エージェンシーの清水さんに
  プロデュースしてもらっています。

  『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)

  の次なる作品を模索していた時に、

  「実は、こんな物語があるのですが・・・」

  と清水さんに原稿を渡したところ、すぐにOKをもらえたのです。
  それから企画書を作って、青春出版社さんが手をあげてくれ、
  社内決裁を頂くまでには、それなりの時間がかかり苦労がありました。

  ただ・・・本当によかったです!

  すでに装丁デザインも固まりつつあります。
  ちょうど昨日、ゲラの戻しがあって、編集の人から
  装丁デザインの色校正を見せてもらいました。

  シンプルで上品で、なかなか良いです!

  近々、表紙のデザインは、HPやブログにもアップします。 

  来月の今頃には、街の本屋さんに並ぶと思います。
  
  その時は・・・立ち読みだけでもして頂けたら幸いです。

  どうぞ宜しくお願い致します!

  〜〜〜  

  それでは、本編へ・・・「理念経営」について話していました。

  「理念経営」について書こうと考えたのは、
  日経ビジネス(2009.4.20号)に「なるほど〜!」と思わせる
  調査結果があったからです。

  調査は、【「理念」と「企業の強さ」について】
  京大経営管理大学院の高巌客員教授がリーダーとなり実施されました。
  背景には「短期利益偏重や厳格すぎる内部統制など米国型経営の
  弊害が日本企業の活力を奪っているのでは」との疑問がありました。

  そこで仮説はこうです!
  
   ───────────────────────────
   【仮説】「理念」が浸透している企業では
        従業員のやる気やパフォーマンスが高い
   ───────────────────────────
 
   さてさて結果は・・・・?

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  

    理念が浸透していればいるほど、従業員のやる気やパフォーマンスは
    高いという、統計的に有意で明確な相関関係が導き出された。
    これは会社単位だけでなく、部署単位でも同じ。
    仮説は間違っていなかった。
    どうすれば理念が浸透するのか。そのヒントも調査結果に表れていた。
    上司が理念を尊重する組織であればあるほど、
    部下にも理念がより浸透している傾向にあった。
    
            『日経ビジネス』(09.4.20号)(日経BP社)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  
  「経営理念」というと、社長室の壁に飾られ、額に入れられ、
  社長はお気に入りかもしれないけれど、社員は興味がない。

  そんなパターンが多いと思います。

  今から約20年前、私がサラリーマンの新人時代、
  学生採用の面接官をしたことがあります。
  その時、「御社の理念は何ですか?」と学生に問われ、
  頭に「?」マークが数秒点滅したのを覚えています(笑)

  調査では「理念の浸透」を三段階にわけています。

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◇「共 感」(感情的に共感を覚える)
       ↓
    ◇「認 識」(内容を認識し他人に伝えられる)
       ↓
    ◇「実 践」(行動に反映している)
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  私が面接官をした時は、共感レベルに留まっていたということですね。

  御社の「経営理念」を他人に説明できますか?
  「理念」を実践できていますか?
  朝、みんなで闇雲に、大声で唱えているけれど、行動が伴っていますか?

  〜〜〜

  ここでひとつ面白いのは、

   ★「上司が理念を尊重する組織であればあるほど、
     部下にも理念がより浸透している傾向にあった」

  という点ですね。でも、なんだか耳の痛い話です。

  高教授は、こう言います。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  
 
    「上司の背中を見て育つということです。
     形ばかりの研修や、ただ闇雲に理念を暗唱させるのではなく、
     日々の行動で理念を実践して示すことが重要なのです」
    
            『日経ビジネス』(09.4.20号)(日経BP社)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  これが恐ろしいのは、つまり、

   「部下が理念を実践できていないのは結局は、
                 上司が実践していないからだ」

  ということです。耳がさらに痛くなってきました(笑)

  ×「お客様第一主義」と言いながら、お客様をぞんざいに扱っている。
  ×「仲間を大切に」と言いながら、上司が、部下を大きな声で罵倒している。 
  ×「挑戦の継続」と言いながら、チャレンジすることから逃げている。
  ×「失敗は成功の母」と言いながら、小さなミスで怒鳴り散らしている。
  ×「理念を大切に」と言いながら、日頃、売上目標のことしか言わない・・・。

  どこの会社でも理念は美しいものですが、
  「理念」と「リーダーの行動」に矛盾があればあるほど、
  理念の美しさに反比例するかのように組織風土が荒れていき
  やがて従業員のやる気が落ち、パフォーマンスが下がり、離職者が増えていく。
 
  そうなってはいけませんね!
  
  〜〜

  日経ビジネスに、ある会社の事例が掲載されていました。

  北海道・小樽運河のほど近くにある洋菓子店「ルタオ」。
  http://www.letao.jp/
 
  日頃から客足が絶えず、百貨店の催事に出すと完売。
  この「ルオタ」を運営するのが「ケイシイシイ」という会社ですが、
  自己破産した企業を再建するプロ中のプロだということです。
  http://job.mynavi.jp/10/pc/search/corp79410/outline.html
  
  「ケイシイシイ」の河越社長は語ります。
  
  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓  

   『理念とか善悪とか言うと、
    損得や経済合理性と反対のものと思う人が多いが、それは違う。
    理念を大事にすれば、長期的に見れば『得』なんです。
    事業を見る時間軸を長く取れば、必ず理念と損得は一致します』

      
            『日経ビジネス』(09.4.20号)(日経BP社)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   ★「理念」と「損得」は一致する。

  まさに・・・、
   
    ━┓━┓━┓━┓
   ★理 念 経 営
    ━┛━┛━┛━┛
 
  この「ルタオ」の朝礼は、なかなかユニークです。
  すでにこうしたことを実践されている会社も多いかと思いますが、
  これはどこの会社でも応用できるのではないかと思い、
  またちょっと長くなりそうですので、次号でご紹介したいと思います。

  〜〜〜

  本日は、これにて終わります。
  
  お忙しいなか、最後までお読みいただき
  本当にありがとうございます。感謝!感謝です!

  皐月もいよいよ残りも僅かで、梅雨の季節がやってきます。
  大切な大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
  
  そして、2009年の残り少ない「皐月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時間となることを
  心よりお祈りしています。

      
              「元氣・勇氣・やる氣」で!
             
                 
                  o(^-^)o       

 
                                 敬具

   平成二十一年五月二十九日

                              松山 淳より

====================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、「理念」と「売上」に相関関係など無いと思っていないだろうか?

 2)私は、「理念」と「行動」が矛盾していないだろうか?

 3)私は、「理念」と「損得」は最終的には一致するものと確信できているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
====================================================
 ◆103℃ WORD◆

                           「理念が人を導く」  

====================================================

 ◆追伸◆

  先週は、長男(10歳)の運動会でした。
  天気予報で、気温は29度の予想。
  あまり日陰のない校庭。
  実際の体感温度は30度を越えていたと思います。

  息子は「かけっこ」で3位でした。
  リレー選手に交じってのことでした。
  今年は、リレー選手の補欠にまでなりました。

  幼稚園の運動会。「よーいどん」と言われても
  数秒ボーっとその場に立っていて、「あらら」と苦笑いしたことを
  鮮明に思い出します。
  もちろん、それは私に似たわけですが・・・(笑)
  
  今年の運動会での3位も2位の子と僅差でした。
  後5メートルあったら抜いていたかもしれません。

  運動会の日から遡ること、半月前ぐらいでしょうか。

  「お父さん、お父さん、リレー選手の補欠になったよ!」

  元気な声でした。

  来年は、「補欠」がとれるよう、
  元体育会ラグビー部キャプテンの父(私)がじっくり鍛えようと思います!

  〈でも・・・20年も前の話ですので、大丈夫かな〜(笑)〉

──────────────────────────────────────
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(40才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
───────────────────────────────────────

【ことば】
 
   『理念ですよ。そこからやるしかないんです』
 
                         (ケイシイシ社長 河越誠剛)
  
                『日経ビジネス』(09.4.20号)(日経BP社)より

 


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com