ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【19通目】

【19通目】「ストレス解消-2」ストレス・マネジメントの基本【回避編】!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《ストレス解消ー2》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
           http://www.earthship-c.com

                                08.11.26
                                 19通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 澄み渡る 秋の空に 富士の山    

  いかがお過ごしでしょうか?

  2008年の霜月が、いよいよ終わろうとしています。

  3連休は、いかがでしたでしょうか?
  
  私は、家族と一緒に箱根へと、小旅行に出かけました。
  「芦ノ湖スカイライン」を初めて車で走りました。
  http://www.ashinoko-skyline.co.jp/index.php

  途中、三国峠があります。
  軽食をとるドライブインがありまして、
  その裏手が丘になっています。
  車を出ると、思わず「からだ」がこわばる冷たい風・・・。
  そんな中、みんなせっせっとその丘を登っています。

  もちろん丘の向こうに、何が見えるかは、
  予想がついているわけです。
 
  4歳と9歳の子は、走ってかけあがっていきました。
  私は1歳の子を抱っこして、時に歩かせ、ゆっくりと・・。

  そして、見えました、見えました。
  雪を頭にかぶった富士山が・・・。
 
  ほぼ快晴で、裾野までくっきりと。
  そして驚きました。左手に太平洋を一望できるのです。
  駿河湾だと思いますが、ここは日本一深海の深いところ。
  
  日本一高い山に、日本一深い海。

  絶景でした!
 
  〜〜〜

  さて、そんな「ストレス解消」をしっかりしてきた私ですが、
  本通は、前回からの「つづき」です。
  前通では「ストレス解消」について話をしていました。
 http://www.earthship-c.com/melmaga108/2008/081120.html
 
  そして、脳科学者池谷氏の論から
  「ストレス」への対処として、次の2点が大切だと書きました。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ★「予測」:「ストレス」は誰だってある、という認識。
    ★「回避」:「ストレス発散」の手だてを持つこと。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  前回は、「予測」について少し述べ、
  本通では「回避」について書く、お約束。

  早速、「回避」について想うことをつらつら書いてみます。

  〜〜〜

  「回避」とは、「ストレス解消」の手段をもつこと。

  前回も書きました通り、

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ストレスに強い人は、確かにいるのかもしれませんが、
  大切なことは、ストレスに強い弱いではなく、
  ストレスがあってもストレスを解消する手段をもっていていれば、
  その安心感が「ストレスホルモン」の分泌をおさえる、ということでした。 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
  どんな「ストレス解消」方法をお持ちでしょうか?
  そして、それを実践できていますでしょうか?

   ○ある人は、ペットの猫に話かけること。
   ○ある人は、早起きして朝陽をしっかりとあびること。
   ○ある人は、1日に5分でもいいから瞑想すること。
   ○ある人は、会社の行き帰りに隣駅まで遠回りをして歩くこと。
   ○ある人は、卒業アルバムを眺めること。
   ○ある人は、昔たしなんだギターをひくこと。
   ○ある人は、手をあわせて親指をぐるぐる回すこと。
   ○ある人は、ブログを書くこと。
   ○ある人は、友だちと会っておしゃべりをすること。
   ○ある人は、旧友とお酒を飲むこと。
   ○ある人は、お風呂で大好きな小説を読むこと。
   ○ある人は、ベットにアロマをたいて寝ること。

  などなど、なんでもいいんですね!
  それでリラックスできて、ホッとできて、心がやわらぐのであれば。

  その時、「期待しすぎる」のはよくないのかもしれません。

   「これをやったら絶対!絶対!ストレスが解消されるんだ」

  と、ひたいにシワを寄せながら「ストレス解消法」を実践するのは、
  そのことがもう「ストレス」になっています。
 
  あなたの「ストレス解消法」が
      「ストレス蓄積法」になってしまっては本末転倒です。

  〜〜〜
 
  はるか昔、私が小学生の頃、あるお酒の宣伝で

   ーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★「少し愛して、なが〜く愛して」
   ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  という名コピーがありました。
  たしか女優の大原麗子さんが、登場していたと思います。

  これってなぜか、今でも覚えています。
  たぶん「世の真理」をうまく言葉で
  表現できているからなんだと思います。

  たぶん【「少し」って長続きするコツ】なのではないでしょうか?

  そして、人生の先輩方は、よく言います。

   ーーーーーーーーーーーーーー
   ★大事を成すには小事から。
   ーーーーーーーーーーーーーー

  イチロー選手もこんなことを言っていましたね。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 

    『ちいさいことをかさねることが、
     とんでもないところに行くただひとつの道』     
 
          『夢をつかむイチロー262のメッセージ』(びあ)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  「ストレス解消」で「とんでもないところ」に行くことはないわけですが(笑)
   言いたいことは・・・、

    「日々の小さな変化をかさねていくことが、
     大きな変化につながる」ということです。

  このことは、このメルマガでくり返してきました。
  複雑系という科学では「バタフライ効果」と言われていることです。

  〜〜〜

   嫌な上司がいる。
   ひねくれた部下がいる。
   その人間関係が、ストレスの原因になっている。
 
  ストレスの原因を「ストレッサー」と言いますが、
  最高の「ストレス解消」は「ストレッサー」が消滅することです。

  例えば、嫌な上司が、ひねくれた部下が異動になる。
  あなたの目の前からいなくなる。
  こうなればきっといいのでしょう。
  そして、実際にそういったこともあるでしょう。

  でも、そのことを願っていても、すぐにそうなるわけではない。

  組織に所属していれば、ある一定期間、
  性格的に合わない人と
  どうしても一緒に、時を過ごさなければならないことがあります。

  すると、

   「あいつがいなくなればいい。いなくなってくれ!」

  と祈るような気持ちになることもある。

  でも、残念なことに、そう祈れば祈るほど、
  余計に、その人が気になってイライラしたり、
  ひどい時には、夢にまで出てきてしまう。

  もう勘弁してほしいですね。

  〜〜〜

  「ストレス解消」を次の二つに分類します。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  ■「直接的解消」:「ストレッサー」が消滅すること。
  ■「間接的解消」:「ストレッサー」とは直接関係のないことで解消する。 
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  「直接解消」は上記の通り、嫌な上司、ひねくれた部下が
  あなたの目の前から消えることです。
 
  でも、なかなか、急にそうなることはない。
  だから、私たちは何かしら「ストレス解消」の手段を持つわけです。
  
〜〜〜   
  
  私たちは悩んでいることが頭から離れなくなったり
  ひっきりなしに悩みについて思い出して、あれこれ考えてしまいます。

  それは、自分と悩みが同一化、
  もしくは限りなく接近してしまっている状態です。

  目の前にモノが近すぎすぎると、
  それが何なのか、わからないですよね。
  判別、識別ができません。
  見ようとすると「寄り目」というひどく不自然な力を使い、
  疲れてしまいます。

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 

              自分○●悩み
 
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    

  ですので・・・この時に「距離をとること」が大切なのです。

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 

           自分○・・・・→●悩み

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  こうして距離をとれば、それが何のかよく見えます。
  よく見えてくると、人は少し安心するのです。心が落ち着くのです。

  なぜなら、人は正体のわからないものに不安を抱くからです。

  ■例えば、カウンセリングは、話をしているだけのように思いますが、
   なぜ、人が他人にしっかりと話を聴いてもらうことで
   ストレスが解消されたり、すっきりしたり、
   その人の人生に何か変化がおきてくるのかと言えば、
   その会話を通して、心理的に自分と悩みとの距離が、
   しっかりと、とれていくことにその主因があるわけです。

  〜〜〜

  こういった点からも、
  私たちが「ストレス解消」と言っている多くの方法に共通しているコツは

   ★「離れる」

  ということなのです。

  しかし、それはストレッサーから逃げるということではありません。
  むしろ、しっかりとストレッサーに対処できる
  自分をつくりあげるということです。 

  
  といったことで、今週もちょっと長くなりましたので、
  申し訳ございませんが、「つづき」とさせて下さい。

  次号「離れる」ということで
  何か、お役に立つ話ができたらと思います。 

         
  〜〜〜

  本日も、お忙しいなか、ここまでお読みいただき
  本当にありがとうございます。感謝!感謝です!

  2008年の霜月も、間もなく終わります。 
  紅白歌合戦の司会が決まりました。
  スマップの中井君と女優の仲間由紀恵さんだそうです。
  いよいよそんな季節。

  リーダーとして、きっといろいろなご苦労をされていると思います。
  大切な大切なおからだですので、くれぐれもご自愛になさって下さい。
  
  そして、2008年の残り少ない「霜月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時となることを
  心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                 p(^-^)q       
                                   

                                           
                                 敬具

   平成二十年十一月二十六日

                              松山 淳より

=====================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、「ストレス解消」の手段をもっているだろうか?

 2)私は、自分の「ストレス解消法」を実践できているだろうか?

 3)私は、悩みが頭から離れなくなっていないだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
=====================================================
 ◆103℃ WORD◆

                           「離れるとわかるコト」
=====================================================

 ◆追伸◆

 コピーライターであり、「五行歌人」としても著名な中島未月さんが
 3冊目の本を出版されました。

 『だいじょうぶ。の本』
 (中島未月/文・奥中尚美/写真 PHP研究所 1260円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569704506/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

  ★「だいじょうぶ。」

  っていい言葉だと思います。 私も子どもによく言います。

  すでに拝読しましたが、今回の本は、研ぎすまされた中島さんの言葉と
  奥中尚美さんが撮影した写真とのコラボレーションで、
  言葉のイメージがさらにふくらみます。

  こうした作品にふれると「言葉」「本」には
  人の心を動かす力があることを改めて実感します。
  
  今、この本を買った方全ての人にプレゼントがあるそうです。
  詳細・ご応募は→ http://hare.main.jp/happy.html
  こちらにアクセスすると↑
  まえがき、本の一部が読めるようになっています。

  読むというより、感じる本。

  私もいつかこんな本を出してみたいな〜。
  ちょっと心をほぐしたい時に、きっと役にたつと思います。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(40才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
   『逃げ道を知っていること、
    逃げられるという自分の状況を把握することは大事です』

                          (脳科学者 池谷裕二)
 
         『脳はなにかと言い訳をする』(著 池谷裕二 詳伝社)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com