ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【11通目】

【11通目】「自利利他」失敗は新たな創造行為の第一歩!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《自利利他》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                                08.10.2
                                 11通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 秋雨が晴れて仰ぐいわし雲

  いかがお過ごしでしょうか?

  2008年の神無月が始まっています。
  今年も、いよいよ残り約3ヶ月となりました。

  拙著『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4788907674/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

  について誤植があり、多数のお叱りの言葉、
  また、励ましの言葉をいただき
  本当にどうもありがとうございます。
  心から御礼申し上げます。

  「誤植があるなんておかしい!」とのお叱りの言葉、
  まさにごもっともで、真摯に受け止めます。

  思い起こしますと、蝉の声が耳に響きハンカチで額の汗をぬぐう夏、
  最終校正を渡した自由が丘の喫茶店で、

  「一通り見ましたが、最後、細かい誤字脱字はお任せします」

  と、担当編集の方に言った記憶があります。

  そう言った、ということは、つまり、心のどこかで
  「後は編集の人に任せればいいんだ」との甘い気持ちが
  知らず知らずのうちに忍び込んでいたのだと思います。
  
  この点については、しっかりと反省し
  次の作品で挽回させて下さい。   

  そして、誤字脱字そのものに対するお叱りもありましたが、
  一方で・・・

  「メルマガを休止することが反省することにはならない。
   書き続けることが、松山さんにとっての真の反省だと思う」
  
  といった言葉に代表される
  行動を止めてしまうことに対しての叱咤がありました。
  厳しい言葉も並びましたが、これはお叱りと言うよりも、
  むしろ「励まし」と受け止め、顔を上げたいと思っております。

  「反省だけなら猿でもできる」 

  と、かつてよく叱られましたが、まさにその通りだと思い
  メルマガを再開いたします。

  また、多数の励ましの言葉は、目頭が熱くなるものばかりでした。

  「たかがメルマガ、されどメルマガ」。

  これほど多くの人に言葉が届いていたのかと、
  恥ずかしながら、改めて痛感しました。

  新聞でも雑誌でも、どのような形でも
  人から人に言葉を伝えることの凄さと言いますか、
  大切さと言いますか、「言葉の力」と言いますか、
  そういったことを、ひしひしと感じました。
  
  そして、以前このメルマガでもお伝えしましたが、
  次の詩が胸に響きます。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 

    「神の慮り」
  
    大きなことを成し遂げるために
    力を与えてほしいと神に求めたのに
    謙虚さを学ぶようにと、
    弱さを授かった
  
    より偉大なことができるようにと、
    健康を求めたのにより良きことができるようにと、
    病弱を与えられた
  
    幸せになろうとして、富を求めたのに
    賢明であるようにと、貧困を授かった
  
    世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに
    得意にならないようにと、失敗を授かった
  
    人生を楽しもうと、たくさんのものを求めたのに
    むしろ人生を味わうようにと
    シンプルな生活を与えられた

    求めたものは何一つとして与えられなかったが
    願いはすべて聞き届けられていた
    私はあらゆる人の中で
    もっとも豊かに祝福されていたのだ
                  
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    

   「世の人々の称賛を得ようとして、成功を求めたのに
    得意にならないようにと、失敗を授かった」

  私は「自利利他」という言葉が大好きです。

  世のため人のために尽くせば、
  それは何かの形で、
  (もちろん時間のかかることもあるけれど)
  やがて必ず、自分のところに返ってくる。

  そう信じています。

  ですが、執筆作業を進めていく過程において

  「良いもの書いて、称賛されたい」

  という気持ちが、強くなっていたのかもしれません。
  内省すればするほど、そのことを否定できません。

  ですが、こうして失敗を授かりました。

  またやり直しです!

  ある方から、かつてのメルマガで私が、こう書いていた
  と教えて頂きました。   
   
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
    『失敗は新たな創造行為の第一歩にすぎません』
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

  次の作品に向けて、真っ白になって、誠意をもって取り組み
  果たしてその夢が叶うのかは未来のことですのでわかりませんが、
  これからも、世のため人のためになる言葉を
  つむぎ出していきたいと思います。

  心機一転!

  今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
 
  〜〜〜
  
  自分のことばかり書き失礼しました。

  ここのところ、涼しさが加速しています。
  先日、朝方まで仕事をしたら4時頃になり、
  急に気温が下がるのを感じました。 

  秋も本番ですね!

  リーダーとしてきっといろいろなご苦労をされていると思います。
  大切な大切なおからだですので、くれぐれもご自愛なさって下さい。
  
  そして、2008年の「神無月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い時となることを
  心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!
              
                  (^O^)/                    

                                     
                                 敬具

   平成二十年十月二日

                              松山 淳より

======================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、仕事の本来の目的を見失っていないだろうか?

 2)私は、目的と手段を見誤っていないだろうか?

 3)私は、「称賛されたい」という気持ちが強すぎないだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
======================================================
 ◆103℃ WORD◆

                           「行動的反省」  

=======================================================

 ◆追伸◆

  □拙著について、ご紹介して頂きました。

   ★書評家 松山真之助さん『Webook of the Day』

   「本書は、上司の方、必読の書。読めば、きっと救われる思いを感じるはず。
    僕は、本書を読みながら、「そう思えばよかったんだ・・」
    といういくつかの気づきとともに、心がとても癒された。」

 http://archive.mag2.com/0000000969/20080929140332000.html

   ★「本のソムリエ」さん『一日一冊:人生の智恵』

   「世の中の悩める上司に「そうだよね。わかるよ」
    と言ってくれる一冊です。多くの「上司」と対話してきた
    松山さんだから書ける一冊でしょう。」 

 http://archive.mag2.com/0000094236/20080930072000000.html

   松山真之助さん、本のソムリエさん、
   身にあまる言葉、本当にどうもありがとうございました。
   「感謝!感謝です!」

  □拙著、「初版本」お買い上げの方々に、
   アマゾン・キャンペーン時の特典の一部(PDFファイル)
   をプレゼントとしています。
   お買い上げ頂いたのは、街の本屋さんでも、どこでも構いません。
   ご希望の方は、こちらのページをお読みのうえ、お申し込み下さい。

   http://www.earthship-c.com/shohan_form.html

  □1歳の我が子は、最近、急に言葉の数が増えました。
   「一歩、一歩、成長しているんだな〜」
   「親も負けていられないな〜」と、感じる今日この頃です。
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(40才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
       『転機とはまさに自らつかむ運である』

                           (城山三郎)
 

              『嬉しうて、そして・・・』(文藝春秋)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com