ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【10通目】

【10通目】「異見会」意見が違うから組織は生きる!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《異見会》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                               08.09.19
                                 10通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 枯葉舞い 近づく台風 畏れつつ 

  いかがお過ごしでしょうか?

  2008年の長月。金曜日です。
  九州、関西方面の方々、被害は出ていませんでしょうか?

  私の弟は、九州にある大学で教鞭をとっているのですが、
  昨日、電話をしたら午前中で休校になり、家にいました。

  予想進路通りであれば、これから東京に接近してきますので
  どうぞ、外出するときは、くれぐれも気をつけて下さい。
  
  さて、拙著『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)の
  キャンペーン最終日ですので、昨日につづき配信いたします。
   ↓↓↓
  http://www.earthship-c.com/Amazon.html

  まず、昨日段階の結果ですが、「アマゾン」にて
  最高で総合【40位】(pm20:20頃)のランクインとなりました。

  まだ「アマゾン」で、カテゴリー分類されていないのですが、
  もし、「ビジネス・経済・キャリア」> 「マネジメント・人材管理」
  の部門であれば、【1位】でした。

  買って下さった皆様、
  
  「本当にどうもありがとうございました!」

  そして、昨日、書ききれなかったのすが、
  拙著のことをメルマガやブログで紹介して下さった
  たくさんの方々が、まだ、いらっしゃいます。
  
   
   ◆『上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか? 』(Nanaブックス)
    の著者 松本順市氏。
    ・メルマガ http://archive.mag2.com/0000111865/index.html
    ・ブログ  http://ameblo.jp/tama-ken1/entry-10140698475.html
  
   ◆カリスマ書評ブロガー『マインドマップ的読書感想文』のsmooth氏
    http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51522719.html

   ◆映画化決定『エブリ・リトル・シング』(ゴマブックス)
    の著者 大村あつし氏
    http://ameblo.jp/fushicho777/day-20080912.html
   
   ◆メルマガ『「3ヶ月で自分を変える! 夢から逃げない生き方入門」』
    の発行者 ジャストレード 中山宏美氏
    http://archive.mag2.com/0000145905/20080916195950000.html
  
   ◆メルマガ『理系のための成功術』発行者 shun氏
    http://archive.mag2.com/0000203653/20080917193000000.html

  まだまだ、ご紹介しきれませんが、これらの方々の心温まる紹介があって、
  総合【40位】という結果をえることができました。
  ここに改めて御礼申し上げます。

  さてさて・・・、
  
  ■もし、ブログやメルマガなどで拙著についてご紹介いただけましたら、
   わずかな御礼にしかなりませんが、
   このメルマガや私のサイトにて掲載いたしますので、
   j@earthship-c.com までご連絡下さい。  

   拙著『「上司」という仕事のつとめ方』が、
   世のため人のためになるよう力をおかし頂けたら、
   筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

   腰を90度に曲げて、どうぞよろしくお願い致します。

  『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4788907674/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

  〜〜〜

  さて、本日も、残念ながら日の目を見ることがなかった
  出版コンテストに提出した原稿をご紹介したいと思います。
  これは、本メルマガでの原稿がベースになったものです。
 
  〜〜〜 

   『異見会』

   豊臣秀吉の右腕と言われ、名参謀として名をはせた男がいた。
   名を黒田孝高(官兵衛)という。
   その息子、黒田長政は、筑前福岡藩の初代藩主となった。

   この藩に「異見会」というシステムがあった。

   文字から想像がつく。
  
   藩をどうすべきかを考えるにあたり、
   他人と異なる意見を言う集まりだ。
   藩主と違った見解を述べなければならない。

   殿様に逆らえば、腹を切って本望の時代に、信じがたい。

   だから、藩主の号令のもと、
   神棚に手をあわせ「何を言われても決して怒らない」と誓いをたて、
   それから「異見会」は始められた。

   別名、「腹立てずの会」と言った。

   明治維新となり、福岡藩が消滅するまでこの会は続く。

   福岡藩の成立は1600年のこと。
   維新は1868年。
   268年間も存続した希有な藩が、福岡藩である。
 
   ソニーの創業者盛田昭夫氏にこんな逸話がある。

   氏が副社長の頃、会長だった田島道治氏と意見があわず衝突した。
   田島氏は辞めると言い出した。
   そこで盛田氏はこう言った。
 
   「お言葉ではありますが、
    あなたと私がすべての問題について
    そっくり同じ考えを持っているなら、
    私たち二人が同じ会社にいて、
    給料をもらっている必要はありません。
    その場合は、私かあなたのどちらかがやめるべきでしょう。
    この会社がリスクを最小限に押さえて、
    どうにか間違わないですんでいるのは、
    あなたと私の意見が違っているからではないでしょうか。」

  (『MADE IN JAPAN わが体験的国際戦略』著 盛田昭夫 朝日新聞社)

  ***

   金言耳に逆らう。

   社内の人間と、あるいは部下と意見がくい違い、
   胃の痛くなることも多いかと思います。

   ですが、組織運営において、
   皆が同じ意見となることは、停滞の「きざし」です。

   福岡は個性豊かな著名人を多数輩出している県として有名です。
   高倉健、大前研一、タモリ、井上陽水、
   黒木瞳、浜崎あゆみ・・・あげればきりがありません。

   個性とは他と異なることです。
   「異見会」の風土がまだ、残っているのでしょうか。

   どうぞ腹を立てず、黒田長政のように、
   「異見」を尊重されるようお願い申し上げます。
  
   なぜなら、それが組織変革の起爆剤となる
   個性豊かな人材を育成することにつながるからです。

                        (終)
  〜〜〜
  
  この頃、原稿を「ですます調」でいくか「である調」でいくか、
  で、悩んでいました。その痕跡が見てとれます。
  
  最終的に「ですます調」を選択し
  今作のテイストを彩るためには、それで「よかった」と思っています。
  と同時に、次は「である調」で行きたいな〜と考えています。
  
  と・・・その前に、
  『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)を世に広め
  どこかの出版社に認めてもらわなければなりません(笑)

  〜〜〜

  今日もお忙しい中お読みいただき、
  本当にどうもありがとうございます。
  
  台風が多くなる季節です。

  各地に傷跡が残らないことを祈るばかりですが、
  大切な大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
  
  そして、2008年の「長月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い
  素敵な時となることを心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!
              
                 (*^▽^*)
                 

                                     
                                 敬具

   平成二十年九月十九日

                              松山 淳より

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、違っていることを恐れていないだろうか?

 2)私は、皆と自分を合わせ過ぎて疲れていないだろうか?

 3)私は、「異見」こそ「意見」だとの認識があるだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                       「みんな違って、みんないい」  

===========================================================

 ◆追伸◆

  □昨日(9/18)、生まれて初めて「胃カメラ」を飲みました。
   サラリーマンを辞めて、8年近い歳月が流れますが、
   その間、健康診断とは無縁の生活を送ってきました。
  
   で、40歳にもなり厄年ですので、挑戦したわけですが・・・、

   「もうこりごりです!」

   いやいや、あれほど辛いとは思いませんでした。
   中には、全く平気な人もいるそうですが、
   (サラリーマン時代の上司がそうでした) 
   私は、どうも苦手なようです。

   また「自然治癒力」を信じて、生きてゆきます!

  □拙著『「上司」という仕事のつとめ方』を読まれた方へ!
   ご感想お待ちしています。
   せひ、このメルマガや私のサイトでご紹介させて下さい。
   どうぞ宜しくお願い致します。
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(40才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
  『成功する、成功しない、という報道になると思いますが、
   成功とはとてもあいまいなものです。
   他人が思う成功を追いかける必要はありません』

                            (イチロー)
 

          『夢をつかむ イチロー262のメッセージ』(ぴあ)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com