ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【9通目】

【9通目】「失敗の先へ」あきらめない姿勢が何かを生む(イチロー)!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《失敗の先へ》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                               08.09.18
                                 9通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 栗ごはん 香りが届き 秋の味

  いかがお過ごしでしょうか?

  2008年の長月。
  拙著『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)の
  キャンペーン期間中ですので、昨日につづき配信いたします。
   ↓↓↓
  http://www.earthship-c.com/Amazon.html

  まず、昨日段階の結果ですが、「アマゾン」にて
  最高で【79位】(pm11:50頃)のランクインとなりました。

  無名の私が、このような結果を出すとは思っていなかったのか
  出版エージェントの方にも、とても喜んでもらえました。

  これも、昨日、拙著を購入して下さった皆様がいてのことで
  本当に心から感謝しております。
  頭を深く下げて、御礼申し上げます。
  
  「どうもありがとうございました!」

  さらには、拙著のことをメルマガやブログで紹介して下さった
  たくさんの方々がいらっしゃいます。
  
   ◆「週末起業」で著名な藤井孝一氏。
    http://www.bbook.jp/today/2008/09/post_109.html
    
   ◆ジャストレード 代表取締役 須子はるか氏。
    http://www.himawarhythm.net/blog/

   ◆医薬品業界のトップアカデミー PBAの代表取締役 佐藤睦美氏
    http://blog.livedoor.jp/pba2003/

   ◆『「好き」からはじめよう』(リヨン社)の著者 中島未月氏。
    http://archive.mag2.com/0000151404/index.html

   ◆『Value Seeds100』(カンリア書房)の著者 中島めぐる氏
    http://valuep.livedoor.biz/archives/51386885.html

   ◆カティサーク 代表取締役 押切孝雄氏
    http://blog.goo.ne.jp/oshikiritakao

   ◆メンタル・チャージ 代表 岡本文宏氏
    http://archive.mag2.com/0000171946/20080917181000000.html

  これらの方々の心温まるご紹介あって、
  現段階での結果を得ることができました。
  ここに改めて御礼申し上げます。

  さてさて・・・、
  
  ■もし、ブログやメルマガなどで拙著についてご紹介いただけましたら、
   わずかな御礼にしかなりませんが、
   このメルマガや私のサイトにて掲載いたしますので、
   j@earthship-c.com までご連絡下さい。  

   拙著『「上司」という仕事のつとめ方』が、世のため人のためになるよう
   力をおかし頂けたら、筆者としてこれほど嬉しいことはありません。

   頭を床について、どうぞよろしくお願い致します。

  『「上司」という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4788907674/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

  〜〜〜

  さて、前段はこれぐらにしまして、
  本日は、私が出版コンテストに提出して
  見事に落ちた、サンプル原稿の中から
  ひとつをピックアップしてご紹介したいと思います。
 
  本になったものとは、かなりテイストの違う書き方をしています。

  未収録原稿と言ってもいいかもしれません。 
  
  〜〜〜 

   『失敗の先へ』
 

   「ありがとうございました」

   と、私の上司が頭を下げた時、
   会議室は、時計の針の音が聞こえるほど静まり返り、
   異様な空気につつまれた。

   かなりの額を投入しのぞんだ競合プレゼンは不発に終わり、
   社長も出席した反省会の席だった。
 
   頭を下げられた相手は、
   何かとプロジェクトに口をはさんできた他部署の役職者だった。

   顔をひきつらせ、何も言わず、
   薄笑いで、謝辞にこたえていた。
 

   「あんな嫌がらせをうけて、どうして、頭を下げるんだ」

   私は腹をたて、いぶかり、
   しかし同時に、上司のあまりの潔さに鳥肌をたてていた。

   横槍を入れてきたその人への対応に、
   私の上司がどれだけ苦労していたか、
   会議室にいる誰もが知っていた。

   その場から息の音が消えた。
 
   ***

   20代の私は、上司の行動を「潔さ」という言葉でまとめ、
   それ以上深く考えることはありませんでした。

   しかし、今、こう思います。

   頭を下げることができたのは、
   その時、もう次のことを考えていたからではないか、と。
 
   失敗にこだわり、とらわれ、
   誰かのせいにすることほど愚かなことはない、
   失敗を引き受け、糧とし、次どうするか、それが大切なのだ、と。

 
   イチローに、こんな言葉があります。

   
    「結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。
     決してあきらめない姿勢が、
     何かを生み出すきっかけをつくる。」

 

   私の上司は、失敗の先へ、すでに心をおいていた。

   それが、「何かを生み出す」ことを知っていたのでしょう。
 
   社長を前にして、

   皆の心をふるわせたのがどちらなのか、

   言うまでもありません。  
  

  〜〜〜
  
  これは私が20代の頃に体験した実話です。

  潔(いさぎよ)いと言いますか、
  男気のある、私を育ててくれた上司の話です。

  まるでドラマを見ているようでした。

  だからといって、毎日がこうしたドラマのような、
  美談にあふれる職場ではありませんでした。
 
  ただ、こうした瞬間があるからこそ、
  働くことを通して、人は成長し、
  生きるうえでの何か大切ことを見出すのだと思います。

  〜〜〜

  今日もお忙しい中お読み頂き、
  本当にどうもありがとうございます。
  
  秋風が心地よく感じられますが、
  実は、油断すると体調を崩しやすい季節でもあります。
  大切な大切なおからだです。
  くれぐれもご自愛なさって下さい。
  
  そして、2008年の「長月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない、実り多い
  素敵な時となることを心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                  v(^-^)v
                                                
                                 敬具

   平成二十年九月十八日

                              松山 淳より

===========================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、仕事を正面から受け止めているだろうか?

 2)私は、職場とは自己を成長させる舞台という意識があるだろうか?

 3)私は、日々の忙しさで何か大切なものを見失っていないだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                             「潔さ」  

===========================================================

 ◆追伸◆

  昨日(9/17)『「上司」という仕事のつとめ方』のアマゾン順位を
  ちょこちょこ確認していて、ふと、
  「そうだそうだ『名もなき人の生きるかたち』はどうだろう」
  と思い、ページを見てみると、
  なんとこちらまで大幅に順位があがっていました。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4286007219/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22
    
  中古は全てなくなり、いつも20万位代をいったりきたりしたのですが、
  4,741位まで・・・・。

  ありがたい話です。

  どなたかわかりませんが、本当にどうもありがとうございました!
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(40才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
  『苦しいことの先に、あたらしい何かがあると信じています』

                        (イチロー)
   ※2004年7月、チームが最下位の状態に
    「こんなことは子どものときから一度も経験したことありません」
    といったあとの言葉です。

          『夢をつかむ イチロー262のメッセージ』(ぴあ)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com