ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【4通目】

【4通目】「出版逸話No.1」その出来事にどう反応するかが大事!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《出版逸話No.1》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                               08.08.19
                                 4通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 蝉の声 遠くに聞こえ 夏の朝 

  いかがお過ごしでしょうか?

  東京は、朝から30度を越える日が続きました。
  週末、一日だけ、秋のような日がありましたが、
  まだまだ暑いですね。夏バテしていませんか?

  各地で猛暑となっていますので、
  水分の取り過ぎ、クーラーのかけ過ぎなどには、
  くれぐれも気をつけて下さい。  

  さて、ひとつご報告があります。
  件名にも書いた通り、ビジネス書としては処女作となる念願の本を
  ついに、来月(9月)出版することになりました。

  2003年からメルマガを始めて苦節5年。
  やっと、やっと、ビジネス書を出すことになりました。
  これも、このメルマガの読者である、あなた様がいてこそと
  心より深く感謝しております。
  本当にどうもありがとうございます。

  タイトルは・・・

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ★『上司という仕事のつとめ方』(実務教育出版)
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
  で、価格は(本体価格1500円+消費税)の予定です。
  
  原稿は、このメルマガをまとめたものではなく、
  新しく書き下ろしました。
  もちろん、メルマガのエッセンスは、散りばめられており、
  今回は「上司」という言葉を使っていますが、
  執筆の想いは、このメルマガと同じく
  「リーダーへ元氣・勇氣・やる氣を贈る」であることに変わりありません。

  アマゾンでは、9月15日前後には、購入できると聞いています。
  たいした特典はご用意できませんが、
  「ママゾン・キャンペーン」などもしようと思っていますので、
  その時は、どうぞ宜しくお願い致します。

  アマゾンで10位以内のランクインを目標としています。
  がんばります!

  また、拙著を購入して下さった全ての人への【特典】として
  私がしている「メール・カウンセリング」(一ヶ月間/1万円)
  を無料でプレゼントする予定です。

  詳細は、本の巻末に書いていますので、本をご覧になって
  職場の人間関係などで何かお悩みがあれば、
  そちらに記した専用アドレスにメールして下さい。

  ただ、相談が殺到することが予想され、
  頂いたメールへの返信は、
  1週間程度かかることを予めご了承下さい。

  この本にについての情報は、メルマガ、ブログ、HPなどで
  おいおい公開していきますので、よろしくお願い致します。

  〜〜〜

  さて、本日は、出版に至った経緯などを説明しながら、
  何かしら、あなた様に、ヒントをお届けできたらと思っています。

  2003年、このメルマガを始めた頃、
  「いつか本を出したいな〜」と、漠然とした「夢」を持っていました。

  私のように、個人で仕事をしている人間にとって
  一冊の本を出すということは、セルフ・ブランドを強化する上でも
  とても重要なことです。

  そうした想いを抱きながら、
  無我夢中で、たくさんの人にインタビューをし、書きあげたのが、
  2006年に出版した『名もなき人の生きるかたち』(文芸社)でした。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4286007219/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

  ご存知の方は、もう少ないかもしれませんが、
  この本の元原稿は、有料メルマガで配信していたものです。
  有料メルマガの読者は、当時、15名前後でした。
  今となっては幻の原稿となり、私と、その15名の人しか・・・
  いや、その方々もゴミ箱へ捨ててしまっているかもしれませので、
  もし、持っていたら後々、プレミアがつくかもしれません(笑)
  
  ただ、残念ながら『名もなき人の生きるかたち』は、
  ほとんど売れませんでした。厳しい現実です。

  〜〜〜

  その頃の心の内を正直に吐露するなら、
  「売れない」ということで、
  「自分の書いた本は、ダメな本なのではないか」
  という思いにとりつかれていました。
 
  ですが、尊敬する田坂広志先生に献本したところ
  多忙にも関わらず、読んで頂けたようで、お会いした時に、
  「いい本を書きましたね」との望外の言葉をいただたのです。
   
  「売れない」=「ダメな本」という考え方は、
  いくつかあるうちの、ある評価軸だけで自分の本を裁いています。
  その裁きには「論理の飛躍」があります。

  それはちょうど、「勉強ができない子」=「ダメな子」
  と、安直に我が子を結論づける親のような「愚かな断定」に似ています。

  「勉強ができない子」が「ダメな子」なんてことはありませんよね。

  テストの点数が少しぐらい悪くたって、
  心の優しい、他人を思いやれる子だって、たくさんいます。
  社会に出たら、「テストの点数」より「心の点数」が大切なことは、
  リーダーである、あなた様であればご理解いただけると思います。

  いや、「点数」などという評価軸そのものに、
  違和感すらお持ちかもしれません。
  
  〜〜〜

  話が横道にそれましたが、田坂先生の言葉を聞き、

  「売れなかったから
   自分のしたコトや仕事に意味や価値がない」

  と考えるのではなく、

  「自分のしたコトや仕事の意味や価値は、
   もっと他にも評価軸があるはず」

  と考え直し、行動できたのが、
  今、ふりかえってみると、とても大きかったのです。
  
  そして、来月(9月)出す本にも似たようなことを書きましたが、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   できていないコトにばかりに意識を集中させるのではなく
   できたコト、できているコト、これからできるコトに意識を向ける
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  そのことの大切さを実感し、実践し続けました。

  オリンピック選手や大リーガーなど数々のトップ・アスリート
  を指導してきたジム・レイヤー氏の著『メンタル・タフネス』に
  次のような一文があります。

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
   
    コントロールできるものに集中する事は、次のような時に役立つ。
    一般的に、偶発的な出来事や
    他人の行動をコントロールすることはできない。
    しかしあなたは、心理的エネルギー状態をコントロールする事ができ、
    それがあなたの反応をコントロールするのだ。
    一般的に、トラブルを引き起こしストレスを誘発するのは、
    出来事自体ではなく、出来事に対してのあなたの反応である。
        
     
    『メンタル・タフネス』(著 ジム・レイヤー TBSブリタニカ)より
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

   ★出来事そのものが原因なのではなく、
    出来事にどう反応するかで「心」はかわり「未来」もかわっていく。

 

  そうして、心のギアをあげていくことで、
  次なるチャンスがやってきたのです。

                             つづく・・・

  〜〜〜

  さて、この先、ちょっと長くなりますので、つづきとさせて下さい。           

  今日もお忙しい中お読み頂き、
  本当にどうもありがとうございます。
  
  葉月(八月)も、いよいよ後半戦ですね。
  暑さは、きっと、まだまだ続くと思いますので
  あなたの大切なおからだを、くれぐれもご自愛なさって下さい。
  
  そして、2008年の「葉月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない
  素敵な時となることを心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                  (^人^)
                                                
                                 敬具

   平成二十年八月十九日

                              松山 淳より

=====================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自分の仕事を自分で卑下しているだろうか?

 2)私は、自分のことを自分で傷つけていないだろうか?

 3)私は、自分を変えるために、今、何をしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
=====================================================
 ◆103℃ WORD◆

                                「誇り」  

======================================================

 ◆追伸◆

  ◆もう、あれから1ヶ月が過ぎようとしてますが、
   先月(7/22)、東京国際フォーラム(会議室)で開催しました
   メルマガ発行5周年記念の講演会は、無事に終えることができました。
   いろいろな業界のリーダーたちが集まりました。
   夜話会(懇親会)もお酒が手伝ってか、みなさん饒舌となり、
   楽しく盛り上がりました。
   出席された皆様、本当にどうもありがとうございました。

   人前に出るのは苦手なのですが、
   来月の出版を機に、今年は、もう一度くらい
   講演会を開催したいと考えています。
   もし、前回、スケジュールがあわず出席できなかった方がいましたら、
   その時に、お会いできたらと思っております。
   どうぞよろしくお願い致します。

  ◆来月出版する本の装丁は、
   勝間和代さんなど、ベストセラー本を手掛ける
   石間淳氏がデザインして下さっています。
   私のような無名な人間には、もったいない話で、恐縮しています。
   さらに、なんと、あのイラストレーターの大塚砂織さんが
   イラストを書いてくれています。
      ↓ ↓ ↓
   http://saoriotsuka.cool.ne.jp
      ↑ ↑ ↑
   こちらのサイトをご覧になれば、名前は知らずとも
   大塚さんのイラストを一度は、どこかで見たことがあると思います。

   どんな装丁デザインになっているのか、
   私は、まだ見ていませんが、とても楽しみです。
   こうした第一線で活躍されている人に装丁デザインをしてもらい、
   ただただ感謝に尽きます。本当にありがとうございます。
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
  『言い訳せずに、自分の業績を評価する。それがダメであっても、
   ベストを尽くし、誰にも、特に自分自身に言い訳をしない。』

                         (ジム・レイヤー)

     『メンタル・タフネス』(著 ジム・レイヤー TBSブリタニカ)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com