ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【3通目】

【3通目】「セルフ・リーダーシップ2」知らない自分に出会う!

☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆
《セルフ・リーダーシップ2》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙3』
            http://www.earthship-c.com

                               08.07.18
                                 3通目
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆

  リーダー様へ

  拝啓 暑い暑い 何度言っても 暑い夏

  いかがお過ごしでしょうか?
  
  暑いですね!東京は34度までいきました。
  私はクーラーが苦手なので、もっぱら「扇風機」なのですが、
  日中、書斎にいると、
  「扇風機」が「温風機」になっています。

  そんな時、アイスノンのようなものを首にあてると
  なんとも言えない心地よさがあります。

   耐えられないような状況にあるからこそ、
   なんでもない一瞬の「幸(さち)」がありがたく感じられる。

  そんなことをふっと思ったのですが、額から汗が流れています。
  こんな状態で書かれているのが、本メルマガですので、
  多少の誤字脱字は、どうかご容赦下さい(笑)
  
    
  〜〜〜  

  さて、前通からのつづきでした。
  「セルフ・リーダーシップ」についてでした!
  前通をお読みでない方はこちらで読めますので、どうぞ!
   ↓ ↓ ↓
  http://archive.mag2.com/0000112707/20080715060000000.html

  ただ、時間もないと思いますし、一度、読んだ方のリマインドを含めて
  読まなくてもよいよう、話をすすめます。

  〜〜〜

  「セルフ・リーダーシップ」について考えるのに
  「自発」という言葉を連れてきて、その意味を考えながら、
   以下のような二つの考え方を設定しました。  
  
  ーーーーーーーーーーーーーーーー
   1)自ら進んで行動を起こすこと
   2)自らの可能性をひらく行動
  ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  そして、「リーダーシップ」とは、社会学では

    ーーーーーー
    ★「影響力」  
    ーーーーーー
  
  とよく言われ、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
   ★リーダーはフォロワーがいてリーダーになる
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

  といった話もしました。

  「セルフ・リーダーシップ」とは、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
   ★自発的に自分が自分に影響を与えるプロセス
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
  
  と考えるコトができるのですが、
  「リーダーシップ」が、フォロワーがいて成立する概念だとすると
  果たして、 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
   ★心の中にリーダーとフォロワーがいるの?
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  という疑問があって、
  でも、そのことは、心理学的な観点から言うと
  的外れではないし、なかなか「深い」ものがある、といった話でした。

  〜〜〜

  「自分の中にもうひとりの自分がいるような気がする」

  一瞬でも、こう感じたことのある人は、以外と多くいます。
  別に、精神的に病んでいるわけではありませんし、
  「多く」と書きました通り、それは普通のことです。

  でも、自分からこのことを口にすると、
  「変な奴じゃないか」と思われるので、普段は、黙っているようです。

  〜〜〜

  私がこのことをはっきりと体験した最初で最後の出来事は、
  19歳の時、ロバート・デ・ニーロが主演した「ディア・ハンター」
  という映画をひとりで観ている時でした。
  「ディア・ハンター」は、ご存知の通り「ベトナム戦争」を扱った映画です。

  戦争のリアルな映像もありましたが、
  誰かの結婚を祝うために、たくさんの人が集まり、
  みんなが楽しく歌を歌い大いに盛り上がるパーティのシーンになった時です。

  私は心の中で「あ〜楽しそうだな〜」と、
  どちらかと言えば、登場人物たちの感情に共振して、
  頬をゆるませていたと思います。

  ですが・・・目から涙がこぼれおちてきたのです。
  次から次へとぼろぼろ流れておちてき、とまらないのです。
  それは、着ていた洋服が濡れるほどの量でした。
  でも、まったく悲しくもないですし、
  涙を流すような、せっぱつまった感情もないのです。

  ですが、大量の涙が・・・・!

  〜〜〜

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
  「人間の「意識」なんて、氷山の一角であり
   「無意識」という、とてつもない大きな海が、
    私たちの「意識」の下にある」
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

  「無意識」という言葉は、
  かつては専門用語だったかもしれませんが、
  今は、日常会話として誰もが使う言葉です。

  「つい、「無意識」にしてしまった」とは、
  
  あなた様も一度は、口にしたことがあるかもしれません。

  「無意識」の領域に、どんな「想い」がつめこまれているか 
  普段、私たちは知ることができません。
  だからこそ「無意識」なわけですが、
  「無意識」の領域に、何かがあるコト、
  いろいろなものがつめこまれているコトは、わかっています。

  で、「つい、「無意識」にしてしまった」という言葉は

  「私は、そのことを、してはいけないとわかっていながら、
   別の自分が、つい、そのことを、してしまった」

  と書くと、ほぼ同じニュアンスになると思いまし、
  「してしまった」人の心模様を的確にとらえていると思います。

  また、「頭ではわかっているのだけど、できないのです」

  などもそうですね。
  禁煙したいけど、できない。
  ダイエットしたけど、食べてしまう。
  仕事を先延ばししては、「いけない」とわかっているけど、
  つい、そうしてしまう。  

  「わかっているけど、もうひとりの自分が、しない・できない」

  〜〜〜

  あまりこうしたことを書いていると、頭が混乱してくるので、
  言いたいコトを要約しますと、次のコトです。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「セルフ・リーダーシップ」は「無意識」の領域を含めて
   考えていくものであり、
   普段は、「意識」がリーダーであり「無意識」がフォロワーだけれども
   主客転倒して、「無意識」がリーダーになると、時に不思議を経験する。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  「無意識」(自分の知らない自分)がリーダーになると、人は、

   ◇「つい、やってしまった」
   ◇「魔がさす」
   ◇「悲しくないのに涙が流れる」
   ◇「した方が良い、と、わかっているけど、できない」
   ◇「やめた方が良い、と、わかっているけど、してしまう」

  などのことを経験するのですね。

  〜〜〜

  心理学ではこう言われています。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   「意識」は「無意識」を見ることはできないが、
   「無意識」は、いつでも「意識」の方を見ている。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  つまり、もう一人の自分が自分を見ているのです。
  なんだか恐ろしいことのようですが、
  でも、基本的に私たちは、「生きよう」とする存在であり、
  だから「こころ」は、いつでも、私たちの味方のはずです。

  (時に、味方とは思えない経験もしますが・・・)
  
  自分で自分を鼓舞し、自分で自分に影響を与える。
  つまり「セルフ・リーダーシップ」のプロセスを「意識」することは、
  自分自身をより深く知ろうとする旅に出るコトなのです。

  それは・・・、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★自分の知らない自分に出会うこと!
   ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  〜〜〜

  映画が終わって、私は自分が経験した、
  そのあまりの不思議な感覚に圧倒され
  「悲しくもないのに泣いたコト」をたくさんの人に喋りました。
  
  「人って不思議だな〜。おもしろいな〜」と。

  そのあまりにも純粋な10代の頃の体験が、
  今の私の仕事の原点になったのかもしれません。  

  「19歳の時の最初で最後の体験」

  あれはいったい何だったのかを知りたくて、
  私は、あっちにいったり、そっちにいったり、
  裏道にもぐりこんだり、道草ばかりしたり、
  紆余曲折の道すがら

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   1)自ら進んで行動を起こし
   2)自らの可能性をひらく行動をとってきた
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
  そう言えるのではないかと、今になって、思います。

  でも、それは、お恥ずかしい話、計画性などまったくなく
  ただ「無意識」にしてきたことでもありました。

  そうして・・・・、

   ★自分の知らない自分に出会ってきました!

 
  「無意識」を含めた、涙を流すような全人格的体験が、

  「セルフ・リーダーシップ」の原動力になります。

  〜〜〜

  お忙しい中お読み頂き、本当にどうもありがとうございます。
  
  暑い夏。外出される時は、ぜひ、水分補給を!
  しかも、ただの水だけではなく、やはり塩分を含んだものが良いようです。
  喉がかわいた時には、すでに、軽い脱水症状だとか。
  炎天下、外にいる時は、
  喉が渇く前に「スポーツドリンク」を飲んだ方が良いそうです。

  ぜひ、あなたの大切なおからだをご自愛なさって下さい。
  
  そして、この「文月」が、あなた様にとって
  決して忘れることのできない素敵な時となることを心よりお祈りしています。

      
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                  (^人^)
                                                
                                 敬具

   平成二十年七月十八日

                          松山 淳より

======================================================
 
 ◆自問自答◆

 1)私は、自分の可能性を拓く努力をしているだろうか?

 2)私は、「自分の力はこんなもの」と自分の可能性を自分で奪っていないだろうか?

 3)私は、「なりたい自分」になるため、今、何をしているだろうか?

※自問自答は、あなたの「心」を見つめる作業です。
 継続することで、見失っていた大切なことに気づくことがあります。
 30秒でもかまいませんので、上の質問を、ちょっと考えてみて下さい。
 終わったら、スクロールして下の【ことば】を読んで下さい!
==========================================================
 ◆103℃ WORD◆

                      「自らを鼓舞し、自らを高める」
=====================================================

 ◆追伸◆

   1歳の子は、上の二人と全く違います。
   とにかく高いところ昇りたがります。
   ちょっと目を離すと、リビングのテーブルの上にたっていたり、
   椅子の上に乗って、両手をあげて腰をふっています。
   何度おろしても、何度でものぼります。
   一度、椅子から落ちたのですが、それでもめげません!

   「兄弟だから似ている」というのではなく、
   「兄弟だから似ていない」のかな、と考えさせられます。

   怪我をしないようにと、心配しつつ、時にイライライしながら、
   腰をふっている我が子を見て、笑っている親が二人います。

   それから、来週、7/22の講演会、
   まだまだ席は、ありますので、もし、あなた様にお会いできたら幸いです!   
   本日のメルマガの内容をさらに深くつっこんでお話します。

   【残席:8】  >>> http://www.earthship-c.com/080722.html

   そして、おいしいビールをご一緒しましょう!
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
  『目標に到達できるのは、あなたが「無意識」のうちにイニシアティブ
   をとって、セルフ・リーダーとなり、
   成功に必要なものを手にいれたときだ』

                         ( K ブランチャード)

                     『1分間セルフリーダーシップ』
             (著 K ブランチャード etc ダイヤモンド社)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com