ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2008バックナンバー > 【104通目】

【104通目】「話す効用」自分で気づくことの大切さ!

************************************** 
《話す効用》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙2』
            http://www.earthship-c.com

                               08.05.29
                               104通目
**************************************

  リーダー様へ

  拝啓 薫風を 感じて歩く 最終週

  いかがお過ごしでしょうか?

  いよいよ皐月も終わりですね。
  どんな五月だったでしょうか。
  お陰さまで、私はいろいろな人との出会いがあり、
  とても充実した皐月でした。

  これもメルマガ読者の方々に支えられてのことですので、 
  あなた様に心より感謝しております。
  本当にどうもありがとうございます。

  〜〜〜

  さて、ちょっと【業務連絡】ですが・・・、

  6月〜7月の中旬ぐらいまで、
  このメルマガ読者である、あなた様と個人的にお会いして色々とお話する
  「SESSION2008」に時間をさきたいと思っております。

  これまで九州や東北からお見えてなって方もいて、
  私としては、ただただ感謝するしかありません。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ■最近、仕事にやる気が出ない。情熱が持てない。
    ■上司として部下にどう接すればいいのか悩んでいる。
    ■部下を褒めるべきか叱るべきかわからなくなっている。
    ■今後のキャリアについて話を聴いてもらいたい。
    ■仕事と家庭とのバランスに苦悩している。
    ■最近、汗をかくような嫌な夢を繰り返し見る。
    ■人脈を広げるために松山さんと知り合いになっておきたい。
    ■特に悩みはないけど、松山さんと一度、個人的に話してみたい。
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  などなど・・・動機はどうであれ、
  人と何か話すことはとにかく脳細胞にとって最高の栄養ですし、
  抱えている悩みを吐き出すことは、必ず「こころ」に
  何かしら作用し「現実」を変えていくきっかけとなります。

  カウンセラーでもある私、松山淳が、
  真摯にあなたの様の声に耳を傾けます。

  時々、メルマガやブログの雰囲気から、私のことをもの凄く真面目で
  固い雰囲気の人だと勘違いされている方がいて
  お会いしていい意味で皆さんびっくりしてもらえ、
  緊張をすぐに解いてもらえるのですが
  私はものすごく「くだけた」人間ですので、
  どうぞお気軽にお申し込み下さい。

  お仕事を終えた後に、楽しく食事をしながらでも構いません。
  これまでご希望にそって、そうした形もとっています。
  もちろん飲食代は「割り勘」でお願いしますね!

  それから身長が186cmあるので、予めお知らせします。
  どうもHPやブログの写真は小さく見えるのですね!
  これまた、皆さん、びっくりするのです。
  
  「えっ、こんな大きな人だったの」と・・・(笑)

  詳細は、最下部の【業務連絡】にございます。
  これを機会にあなた様とご縁ができたら、
  これほど嬉しいことはございません。

  ※現在、HPやブログからの受付はしておりません。
   《SESSION2008》はメルマガ読者限定のプログラムです。
   必ずメルマガ読者であることを明記の上、
   件名を『SESSION2008』として
   こちらのアドレスからお申し込み下さい。
         ↓↓↓
     session@earthship-c.com

  スケジュールが埋まり次第、受付は終了と致します。
 
  もし「ご縁」がありましたら、来月か再来月
  あなた様にお会いできることを、心から楽しみにしています。

  〜〜〜
  
  それでは、本文にそろりと入っていきます。

  昔からそうなのですが、
  長男(小三)は恐い夢を見ることが多い子です。
  小さい時には、泣いて泣いて大変でしたが、
  小学生になってからは、
  恐い夢のことを朝食の時に話すようになりました。

  私は「夢」にとても興味がありますので、
  うんうん、ふんふん言いながら、
  ご飯を口にかき込み、みそ汁をすすりながら聴いています。

  話は5分に及ぶようなこともありますが、
  本人は目を丸くして、手をふり体を動かし、ファンタジーの世界に
  どっぷりとひたり、話を続けます。

  やがて話終えると、何かに満足したかのような顔をして
  つまり、夢の「恐怖」が心の中から取り除かれたかのような顔をして
  学校に出かけて行きます。

  我が家族にとっては、たわいのない日常ですが、
  熱心になって話す子の姿を見ていると、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★人は不安な体験をした時、話すことによって心を軽くできる
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  あるいは、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★心の不安は、誰かに語り受け止めてもらうことで軽減される
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  そういった「心の原理原則」あるいは「話すことの効用」を
  まざまざと見せつけられます。

  以前、家族でディズニーシーに行った時のこと。
  「海底2万マイル」という暗い海の中を冒険するアトラクション
  に乗りました。
  途中、船内が真っ暗になり、大きな音で警報が鳴り響いたかと思うと、
  稲光が走り、目の前に巨大な生物があらわれました。

  次男(3歳)は、よほど恐かったのでしょう。
  それ以降1週間ぐらい、ことあるごとに「海底2万マイル」
  のことを話し続けました。

  人は、心に抱えた不安を話すことで解消しようとし、
  実際、そのことは、効き目があるわけです。

  〜〜〜

  事業に失敗した夫が酒におぼれ
  妻Aさんに暴力を振るうようになってしまった事例があります。
 
  Aさんは、カウンセラーのもとを訪れ、せつせつと
  「自分がどれだけ辛い思いをしているのか」を語ります。  

  カウンセラーとのセッションは長期に渡り何度も繰り返され、
  Aさんは、同じ話を繰り返します。
  カウンセラーは黙って話に耳を傾けます。

  その間、夫の暴力は変わらぬことなく続きました。

  ですが、自分の思っていることを吐き出し続け
  夫の悪口を言い続けた、Aさんは、ある時のセッションで、
  
  「こんな暴力を受けて、さっさと離婚してしまえばいいのに、
   こうして一緒に生活しているのは、どうして?」

  という疑問にぶつかります。

  そして、夫を軽蔑し恨み殺してしまいたいほどの憎悪の裏に
  実は、小さな会社だったけれど、
  夫と苦労して苦労してやっと経営を軌道にのせ
  家族で笑っていた「あの日」になんとかして戻りたいという切なる、
  それはもしかして、今にも切れそうな糸のようにとても頼りない「希望」
  かもしれないけれども、
  そんな「希望」「未来への夢」が
  自分には、確かにあるのだとことに「気づき」ます。

  それは、話して話して話し尽くしたからこその
  Aさんにしかできない、人生の絶望の中での深い「気づき」です。

  もし、カウンセラーに

  「あなたは潜在意識に、未来への希望があるんです」

  などと解釈され、助言されていたら、
  その「気づき」は本人の「こころ」に何の作用もせず、
  むしろ「変わろうとする心」の障害にすらなったかもしれません。

   ★「自分で気づく」

  だからこそ、心は変わり、変われるのですね。

  何かに気づいたAさんは、将来の「希望」について語り
  かつて夫を愛し尊敬していた自分を思い出していきます。
  すると、夫への「軽蔑」や「憎悪」が
  少しずつ少しずつ、ゆっくりと柔らいでいきました。

  その過程は、「軽蔑」や「憎悪」を性急に取り除こうとするのではなく
  むしろ、夫を憎み蔑む自分自信を認め受け入れることでもありました。

  急に、夫の酒の量が減るわけではありません。
  急に、暴力がなくなりわけではありません。

  しかし、Aさんの現実のとらえ方、受け止め方、解釈の仕方が変化し、
  夫への憎悪の量もますます少なくなっていき
  見下し軽蔑していた心が解放されていくと 
  Aさんの心の変容につられるようにして、
  だんだんと夫の酒も暴力も減っていったのです。

  事業で失敗した夫が立ち直る小さなきっかけを
  妻であるAさんが作り出してくれました。

  〜〜〜

  夫と妻。親と子。上司と部下。経営者と社員。

   ★人と人の「心」はつながっています。

  科学的にそのことは証明できません。  
  
  でも、日常生活の様々な場面を想起してみれば「経験則」として

   ★心はつながっている。

  と考えることが不自然とは思えないケースを、
  私たちは数多く体験しています。

  上記の事例もそうです。

  妻の「こころ」の変化が、
  夫の「こころ」をかえていったのです。
   
  だから、家庭で、職場で、
  たったひとりの人が変化していくというのは、凄いことなのです。

  もし、変わったのが経営者であれば、社員もやはり変わっていきます。  

  そのことは現代科学では証明できないかもしれません。

  ですが、「たったひとりの人が変わることの凄さを」

  その経験からカウンセラーは信じています。

  そして、何度でも強く強く申し上げたいことですが、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★凄いのはカウンセラーではなく、変わっていった人
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  「変化した人」その人が、ホントウに凄いのです。

  主役はいつでも、変化をしようとし、変化していった人です。
    
  〜〜〜

  こうした事例に触れ、感じ入ることですが、

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ★「人」が「人」に話し語るからこそ何か新たな変化が生まれる 
   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
  この大切さです。

  喋るだけでよければ、壁に向かって喋ればいいわけですが、
  それがどれだけ「虚しい」かは、
  ちょっと想像してみればわかります。
    
  だから、もし、今、苦境、逆境にあったら、
  ぜひ、どなたか仕事での利害関係のない人を見つけて
  今の「想い」を話して下さい。
  
  「利害関係」があると、
  建前が割り込み本音が出てこないので、あまりよくありませんが、
  話さないよりはましです。

  「人に話していったい何が変わるんだ!」

  と、どうか言わずに

  「人に話すことで心がかわっていくことの凄さ」

  を信じてみて下さい。

 

   私たちの心は、そのようにできているのですから・・・。  
  

 
  〜〜〜

  お忙しい中お読み頂き、本当にどうもありがとうございます。

  来週はいよいよ2008年の6月です。
  6月が終わったら、今年も半分が終わることになります。

  九州は梅雨入り宣言があったと天気予報で聞きました。
  雨が降ると気分も滅入りますので
  どうぞ体調を崩れされませんようお体ご自愛下さい。

  そして、後わずかの「皐月」が、あなた様にとって
  生涯の記憶に残る素晴らしい時となることを心よりお祈りしています。
        
 
             「元氣・勇氣・やる氣」で!

                  (^人^)   

                                 敬具

   平成二十年五月二十八日

                          松山 淳より

===========================================================

 ◆自問自答◆

 1)私は、本音で話せる同僚、友人、知人がいるだろうか?

 2)私は、部下の話をよく聴いてあげているだろうか?

 3)私は、心の不安を誰かに話しているだろうか?

※目をとじて30秒だけでも考えて頂けたら幸いです。
 答えを出そうとするのではなく、胸にきざむような感じで・・・
 目を開けたら、一番下までスクロールして、言葉を読んで下さい!

====================================
 ◆102℃ WORD◆

 「話せばわかる、話せばかわる」  

==[PR]===============================

  好きな人はいますか?
  自分のことが好きですか?
  いま、好きなことをしていますか? 

 「好き」の気持ちをテーマにした、感動のショートムービー!

  ◎優しい気持ちになれました
  ◎あたたかく、心がなごみます
  ◎思わず涙があふれてしまいました
  ◎1日に何回も見ています
  ◎明日も頑張ろう!と、勇気をもらいました

   公開直後より、続々と感動の声が寄せられています!

 ★ムービーはこちらから→ http://hare.main.jp/suki.html

 『「好き」からはじめよう 〜大切なことに気づく45のメッセージ』
   (文・中島未月 絵・谷山彩子 / リヨン社 / 1050円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4576080725/ref=nosim/?tag=earthshccom0c-22

 【松山のコメント】
 「五行歌」で著名な中島未月さんが綴る暖かく優しい言葉が、胸に沁みる本です。
  ちょっと疲れて自分を嫌いになってしまっている人に読んでもらたい本です。
======================================================

 ◆追伸◆

  先日、(株)トゥモローズの堀明人社長から
  「スマイル・カード」のサンプルを贈って頂きました。
     ↓↓↓
  http://lets-smile.jp/

  「不機嫌な職場」という言葉が流行していますが、
  こうした小さなツールを活用して、
  社員間のコミュニケーションを活発化させる試みが
  各社で続いていますね。

  この「スマイル・カード」は、購入すると
  売上の一部が環境保護活動のために寄付されるそうです。

  個人で購入してもいいですが、
  企業の営業用のノベルティや販促品としてお客様に喜ばれるグッズですね!

  堀社長、ありがとうございました!
    ↓↓↓
  http://lets-smile.jp/
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,メルマガ天国,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000112707/index.html
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
  『不思議なことに人間というのは、
   人と話をしていると心におさまってくるのです。』

                    (心理療法家 河合隼雄)


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com