ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2007バックナンバー > 【89通目】

【89通目】「感謝」松下幸之助とナイチンゲールの言葉に学ぶ!

************************************** 
《感謝》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙2』
            http://www.earthship-c.com

                                07.12.26
                                89通目
**************************************

  リーダー様へ

  拝啓 年の瀬に 手と手を合わせ ありがとう

  いかがお過ごしでしょうか?
  
  クリスマスも終わり、
  いよいよ本年の幕が降りようとしています。
  2007年、本日含めて、残り6日です。

  紅白歌合戦の準備をするスタッフは
  恐らく徹夜の作業が続いていることと思います。

  2007年が暮れます。

  今年も1年間、いろいろとお世話になり
  本当にどうもありがとうございました。

  いつもメルマガの感想を下さる方々本当にありがとうございます。

  7月の講演会に足を運んで下さった皆様、心から御礼を申し上げます。

  このメルマガを通して「ご縁」を頂き、
  講演など、仕事のご依頼をして下さった企業の皆様
  本当に感謝しております。

  そして、拙いメルマガながらも、
  今年も登録を解除せず、読み続けて下さったあなた様へ
  心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

  本当にどうもありがとうございました。
    
  〜〜〜

   ★感謝する。

  このことについて松下幸之助氏は、こんなことを書いています。
   
 

 「感謝の心はものの価値を高めることになる。
  一つのものを貰っても、何だつまらない、と思えば、
  その価値はきわめて低いことになってしまうが、
  ありがたいという気持ちでいれば、
  それだけ高い価値が見出せ、よりよく活用できることにもなろう。
  だから、“猫に小判”というが、反対に感謝の心は、
  鉄をも金に変えるほどのものだと思う。」

  『指導者の条件』(著 松下幸之助 PHP)より
 

  鉄を金に変え、石をダイヤに変える「感謝の力」。

  「感謝」することは人を幸せにするのかもしれません。
  
  ところが、なかなか「感謝」の念が湧いてこない時もあります。
  仕事に揉まれ、様々な人間関係にうずもれ、「私心」にとらわれると、
  どうも・・・人の「施し」に対してついぞ鈍感になっていくようです。

  不思議です。 

  あれもこれも当たり前、与えられて当然だ。

  そう思い始めると「感謝」の心は、
  太陽に照らされた薄氷のように溶けてしまいます。

  「感謝」の天敵は「私欲」でしょうか。
  〜〜〜

  ご存知のように、京都の清水寺で発表される毎年恒例となった
  今年の「漢字」は、以下の通りの結果でした。

   ーーーーーーーーーーーーーーー
    ・1位「偽」16550人(18.22%)
    ・2位「食」2444人(2.69%)
    ・3位「嘘」1921人(2.12%)
    ・4位「疑」1848人(2.03%)
    ・5位「謝」1844人(2.03%)
   ーーーーーーーーーーーーーーーー

  何だか、我が国は大丈夫なのかと不安になる結果です。

  ですが、社会的責任の大きな一部のリーダーたちが
  道を外してしまったものの、
  多くの名もなき人々は、そうせずに生きているのが事実です。
 
  〜〜〜

  先日、銀行に行き、ずいぶんと待たされました。
  人はどうしてこう「待たされる」とイライラしてくるのかと
  思いながらも、自分を律することができませんでした。

  ふと銀行のフロアに置かれたテレビに目を向けると
  爪楊枝(つまようじ)をつくるおばあちゃんが、
  背中を丸め正座をし、手に小刀を持ち、ニコニコしながら
  老練の職人技を持つ人々が常にそうであるように、
  素早く手を止めることなく小さな小さな木を削っていました。

  人生の年輪を意味するしわ深い美しい顔で、
  テレビカメラを向けられたから、照れてはにかんでいたのでしょうが
  決して戻ることのない曲がった背中で仕事をし続けるその姿は
  越えることのできない圧倒的な存在として、私の胸に迫ってきました。

  「かなわいな〜」

  数秒流れたその姿に、イライラしている我を振り返ると、
  突然、自分が恥ずかしくなってきました。
   
  多くの名もなき人々が日本を支えている。
 
  たくさんの名もなき人が自分を律し、日本を律している。

  かの看護の母フローレンス・ナイチンゲールに、こんな言葉があります。

 

   他人を統率するには、まず自分自身を統率すること、
   これが第一の条件であることはいうまでもありません。
   自分の面倒もみきれないで、他人の世話のできるはずがありません。
   第二の条件は、自分を何かに「見せかけよう」とあがいたりしないで、
   《ありたい姿》に《ある》ように努めることでしょう。    

         『ナイチンゲール言葉集』(編 薄井坦子 現代社)より
 

  年の瀬となり、はたして私は

  「ありたい姿」に「あった」か?

  と自問自答しみると、深い反省を必要とします。

  不平不満を言い、仕事が進まないことを環境のせいや、
  他人のせい、家族のせいにしたこと、数知れません。

  それは「感謝する力」の衰えというものかもしれません。

  〜〜〜

  多くのリーダーに読まれ続けている『指導者の条件』(PHP)には、
  「ほめる」「日に新た」「勇気を持つ」「まかせる」「努力する」などなど
  101の項目が出てきます。

  そして、最後、

   ★「再び謙虚と感謝」

  と題して、「謙虚」と「感謝」だけは、繰り返し述べているのです。

  
    そして、その中でも特に共通して強く感じられることがある。
    それは、どの人もまことに謙虚であるということである。
    そして、きわめて感謝の念にあつい人でもある。
    そのことが、私がお会いした今日のすぐれた指導者の人に
    共通していえるように思う。

             『指導者の条件』(著 松下幸之助 PHP)より

   二度と戻らない2007年が終わろうとしている今。

    ★「再び謙虚と感謝」

   を胸に刻み、新たな年を迎えたいと思います。

   繰り返しになりますが、

   今年1年、本当にどうもありがとうございました。

   頭を深々と下げ、心から御礼申し上げます。

   拙いメルマガですが、
   2008年も書き続けたいと思っております。
   今後ともどうぞ宜しくお願いします。

   まだお会いできていない方とは、
   来年、ぜひ、お目にかかれることを楽しみにしています。
  
   終わりよければ全てよし!    

   くれぐれもおからだご自愛の上、
   まさに残り少ない2007年を実り多き時にして下さい!

   そして、あなた様の2008年が感謝の念に彩られた
   誇り高き素晴らしい年となることを心よりお祈り申し上げます。
 

     
        
           「元氣・勇氣・やる氣」で!

              よいお年を!

                (^人^)
 

 

                              敬具

   平成十九年十二月二十六日

                          松山 淳より

=========================

 ◆自問◆

 1)私は、小さなコトに感謝できているだろうか?

 2)私は、部下に「ありがとう」が言えているだろうか?

 3)私は、今年、何に感謝してきただろう?

※目をとじて30秒だけでも考えて頂けたら幸いです。
 答えを出そうとするのではなく、そのことを意識しようと
 胸にきざむような感じで・・・
 目を開けたら、一番下までスクロールして、言葉を読んで下さい!

======================
 ◆102℃ WORD◆

「感謝が感謝を生む」  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,メルマガ天国,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://blog.mag2.com/m/log/0000112707
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
『謙虚ということも、感謝についてもこれまでにのべたことであはるが、
最近の体験から指導者にとってのその大切さが改めて痛感される』

(松下幸之助)
 
『指導者の条件』(著 松下幸之助 PHP)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com