ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2007バックナンバー > 【88通目】

【88通目】「小事と大事」本田宗一郎と藤沢武夫の言葉に学ぶ!

************************************** 
《小事と大事》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙2』
            http://www.earthship-c.com

                                07.12.19
                                88通目 
**************************************

  リーダー様へ

  拝啓 かじかむ手に かける息の 暖かさ

  いかがお過ごしでしょうか?
  
  間もなく本年の幕が降りようとしています。
  2007年、本日含めて、残り13日です。

  いよいよクリスマスですね!
  
  日本人の文化というのは、ホントに「融合」が基本で
  これほど異文化を受け入れ消化し、
  自国の文化へと根付かせ育て上げることが巧みな国民も
  いないのではないかと思います。
  
  街を歩くと、目が痛くなるほどの
  クリスマス・イルミネーションが輝いています。
  地元の「自由が丘」も、盛り上がりを見せ、
  先週末は、いつもより多くの人が着飾りショッピングバックを
  手にしていたようです。

  我が家も無事、子ども達へのプレゼントの選定は終わりました

  二番目(3歳)は、「サンタがホントに来るのか?」
  ドキドキしているようで、ことあるごとに、
  「サンタさん、今、何しているんだろうね〜」と聞いてきます。

  仕事のことが頭にあり、
  なかなかすっと子どもの世界に戻れない時もありますが、
  そういった小さな事を大切にすることが
  仕事の上で大きな収穫をもたらすものだと思い、
  聞かれたら何か返事しています。

   ★「小事を為さざる者、大事を成さず」

  時代小説に出てきそうな言葉ですが、
  リーダーであり、またはそうではなくても、
  何らかのお仕事に携わっている方でもあれば、
  すでにご理解している世の理(ことわり)です。

  〜〜〜

  ブログを書くにあたって本田宗一郎氏の本を再読していたのですが、
  その中で、2007年の自分を強く戒める一つの言葉に出会いました。
 

 「私にとって今していることが大きい仕事なのか
  小さい仕事なのかという区別は何の意味ももたない。
  小さなものがどんな大きなものに発展するか判らないというものが、
  人間のやる仕事なのである。」

  『本田宗一郎「一日一話」』(PHP)より
 

    ★「大事をなし得る者は、小事もなしうる」 

  これは哲学者「アリストテレス」の言葉ですが、
  本田宗一郎さんの発言も、ホントにおもしろくタメになります。 
  本を読んでいると、破天荒をいいますか、
  これほどの人物が、かつて日本にいたことを誇りに思います。

  本田宗一郎さんには、藤沢武夫さんという「右腕」がいました。
  本田さんの哲学を語る才能を高く評価し、藤沢さんは、

  「もし会社がやっていけなくなったら
   新興宗教をはじめてやるから教祖になれ」

  とまで言ったそうですから、
  本田宗一郎さんの自身の考えを語る才は凄かったのだと思います。
  だからといって、本田さんが完璧な人だったかと言えば
  どうもそれは違うようです。
  
  『経営に終わりはない』(著 藤沢武夫 文藝春秋)
  という本で、藤沢さんはこんなことを述べています。     

  

    社長には、むしろ欠点が必要なのです。
    欠点があるから魅力がある。
    つきあっていて、自分のほうが勝ちだと思ったとき、
    相手に親近感を持つ。
    理詰めのものではだめなんですね。
    あの人にはそれがあります。

   『経営に終わりはない』(著 藤沢武夫 文藝春秋)より
  

  
   ★人は欠けているから魅力的になれる

  ある日ある人が「本田さんの悪い点を面白く書きたいから・・」と
  藤沢さんの元を訪れたそうです。
  ところが、藤沢さんは、そのある人に向かって、
  「欠点なんてねえよ」と答えたそうです。

  ですが、実際にはあれもある、これもある。
  でも、それが人の魅力になるんだから、
  「くだらないこと聞くな!」ということですね。

  こういった小さなエピソードから、藤沢さんがいかに、
  本田さんの立場にたって物事を考えていたのかかがわかります。

  〜〜〜

  サンタクロースが来るのか、来ないのかは、
  大人となってしまった私にとって、子どものことですし、
  それはそれは「小事」に思えます。

  ですが、子どもにとっては「大事」です。

  「一大事」です。
 
  ちょっと想像力を働かせて、自分が子どもの頃のことを思えば、
  「そう言えばそうだよな」と思い直します。

  ただ、人は、その時もっている自分の価値観や基準で、思考し、
  判断を下すので、
  なかなか相手の立場にたって物事を考えられないものです。

  忙しければなおのこと!

  経験豊かな上司にとっては部下の悩みごとは、
  「小事」に思えるかもしれません。   

  「なんでそんなことで悩んでいるんだ!」

  と、即断し、思考の枠から外に出してしまいがちです。

  ですが、若い頃に「小事」に悩むことが
  将来「大事を成す」人材となるために大事なことは、ご存知の通りです。

  また、「小事」だと思えることを、
  部下の立場になって考え、それが「大事」であると思えること・・・、
  それは例えば

    ★「共感力」

  という言葉で言い換えることができるかもしれませんが、
  そんな、他者の感性にどこまで寄り添えるかは、
  リーダーにとってなかなか大事な力のひとつです。
 
  
   ★「我が小事は他者の大事なり、我が大事は他者の小事なり」 
   

  そんな風に考えて見ると、何か新たな発見があるかもしれません。 

  〜〜〜

  さてさて、年末のお忙しい時です・・・本日はここまで!

  先週の繰り返しですが、やっぱり

    終わりよければ、全てよし!
 
  悔いの残らない2007年になるよう、がんばって下さい!

  そのためには、なんといってもおからだを大切に!
  くれぐれ風邪など召されませんよう、ご自愛ください。
 
  最高のパートナーである自分自身の力を信じて 
  残り少ない師走ですが、さらなる飛翔を心よりお祈りしています。

  
   乱文お許しを!

   それでは、失礼します・・・・・。
 

     
        
           「元氣・勇氣・やる氣」で!

                (^人^)
 

 

                              敬具

   平成十九年十二月十九日

                          松山 淳より

=======================

 ◆自問◆

 1)私は、小さな仕事をおろそかにしていないだろうか?

 2)私は、仕事の選り好みが激しすぎないだろうか?

 3)私は、他者の立場になって考えているだろうか?

※目をとじて30秒だけでも考えて頂けたら幸いです。
 答えを出そうとするのではなく、そのことを意識しようと
 胸にきざむような感じで・・・
 目を開けたら、一番下までスクロールして、言葉を読んで下さい!

=========================
 ◆102℃ WORD◆

 「小事つもれば大事となる」

========================
 ◆追伸◆

  いよいよ今年もクリスマスですね!

  もうこの年齢になると、あまりワクワク感はあまりませんが、
  それでも華やぐ街を歩くと、不思議と・・・
  「何かとても良いことが起きるのではないか」と思えてきます。
  
  それはきっと、ワクワクした人たちと一緒に歩いているからなのでしょう!  

  感情は伝染することを、心理学では「情動伝染」と言いますが・・・、
  おっと!・・・あまり小難しいことは言わず、

  2007年のクリスマスが、
  あなたにとって楽しくワクワクする時でありますように!

  ★☆★Merry Xmas !★☆★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,メルマガ天国,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://blog.mag2.com/m/log/0000112707
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
『我も人なら彼も人なのである』(本田宗一郎)
 
『本田宗一郎「一日一話」』(PHP)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com