ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2007バックナンバー > 【79通目】

【79通目】「ゆだねる-2」人は何に働きがいを感じるのか?

************************************** 
《ゆだねる-2》
                  
          『リーダーへ贈る108通の手紙2』
            http://www.earthship-c.com

                               07.10.12
                                79通目 
**************************************

  リーダー様へ

  拝啓 いわし雲 桜の花に 首かしげ

  いかがお過ごしでしょうか?

  2007年、本日含めて残り81日となりました。

  東京は、ぐっと涼しくなりましたが、
  全国の天気予報を見ると、九州の方では、まだまだ夏日が
  続いているのですね。
  東京の銀杏並木は、色づきが遅れています。

  ブログにも書いたのですが、
  我が家の近所にある桜並木で桜(ソメイヨシノ)が咲きました。
  「びっくりです!」
  長男(小二)が通う小学校では、朝礼の時校長先生が話題にしたそうです。
  もちろん全ての木ではなく、数本だけですが・・・。

  「秋桜」と書くと、それは「コスモス」のことです。
  秋に見る桜は奇麗で目を楽しませてくれますが
  なんだか、ちょっと地球の未来が心配になります。

  なんの因果かわかりませんが、こうして生を授かっているわけですから、
  桜は春に咲き、コスモスは秋に咲き、紅葉は秋の深まりとともに色づく
  そんな季節の彩りを楽しめる地球を後世に残して行きたいと思った、

  秋の桜でした。

  
  【追伸】の覧で、私(松山)と行く!
   ★慈善映画会チケットのプレゼントがありますので、
    もしご興味のある方は、応募してみて下さい。
    過去には皇太子殿下、妃殿下もご列席されている映画会です。
 http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=624

   前号にて「2組(4名様)へ」としたのですが応募がなかったので形を変えます。
   仕事の都合がつきそうなので、私もご一緒します。
   映画が終わった後、もしよろしければ、ビールでも・・・。   
 

  〜〜〜

  さて、前通からの続きです。
 (前通をお読みになっていない方、
  申し訳ございませんが、バックナンバーをご確認下さい!)
    ↓ ↓ ↓
  http://blog.mag2.com/m/log/0000112707/109015005.html

  坂本竜馬の話でした。

  司馬遼太郎氏の著『竜馬がゆく』(文藝春秋)三巻にのっている話でした。
  台風の到来をぴたりと当てる竜馬の話でした。

  だんだんと思い出してきたでしょうか?

  台風が来ると予感した竜馬はリーダーとなり
  お世話になっている千葉道場の被害を最小限に防ぐため
  塾生を集め、作業に当たらせた。

  「大工組」「触れ組」「旗本」と三つの部隊にわけた。
  
  そして総大将の竜馬は・・・?

  

  「三つの組の大将にこまごまと作業方法を教えたあとは、なにもいわない。
   雨の庭に床几をもちだし、素っ裸になってすわっている。
   ときどき大声で笑う。
   作業をしているやつの恰好をみては、からかった。
   それだけで、どんどん事がはこんだ。」 

         『竜馬がゆく(三)』(著 司馬遼太郎 文藝春秋)より
 
  ※床几(しょうぎ):脚を打ち違いに組み、尻の当たる部分に革や布を張った
   折り畳み式の腰掛け。陣中・狩り場・儀式などで用いられた。(大辞泉)

   
  〜〜〜

  人が仕事にやる気を出すには何らかの「報酬」が必要である。

  当たり前過ぎることですが、モチベーション理論の基本中の基本です。
  このメルマガでは繰り返してきましたが、
  その「報酬」には以下の二つがありました。

 
   ■外発的報酬(地位、昇進、給与、ボーナス、評価など)
   ■内発的報酬(達成感、成長感、自己実現など)
  

  「人はパンのみに生きるにあらず」という聖書の教えとともに
  「内発的報酬」の大切さが、よく強調されますが、
  「給与」「昇進」「評価」は、今でもとても大切な動機付け要素(報酬)です。
  
  ですが、「外発的報酬」だけをテコに社員を部下を動かそう
  という時代は終焉しているのかもしれません。

  「給料払っているんだから、働いて当たり前だ!」
  「課長になりたいなら、もっと働け!」
  「そんな営業成績では賞与の評価に響くぞ!」

  と、怒鳴り散らす経営者、リーダーはもういないのではと思います。
  心の中では思っているかもしれませんが・・・(笑)

  〜〜〜

  日本経済新聞で「働くニホン」というコーナーが連載されています。
  10月1日付け朝刊に、こんなデーターが掲載されました。
  日経ネット会員に男女約3,400人に聞いた結果です。

 

質問「あなたが働きがいを感じる要素は何ですか?」(複数回答)
     
 第1位「自己の成長」       (46.4%)
 第2位「達成感」         (43.4%)
 第3位「自分の職場への貢献」   (41.7%)
 第4位「仕事を通じた社会への貢献」(40.3%)
 第5位「ユーザー、顧客からの評価」(35.6%)
 第6位「会社からの評価」     (31.8%)
 第7位「賃金」          (31.1%)
 第8位「会社や組織の業績」    (23.1%)
 第9位「出世」          (5.0%)
 第10位「その他」        (2.7%)
   

  ※このデータは「日経ネットPULUS」に会員登録すると見ることができます。
   その他、様々な調査がありますので、ご興味のある方はどうぞ・・・!
   →http://netplus.nikkei.co.jp/
 

  「人はどんな要素に働きがいを感じるのか?」

  一目瞭然ですが、上位を「内発的報酬」が占めていることがわかります。
  そして「賃金」「出世」が、下位にあることも。
  
  これは再確認というレベルのものですが・・・・、
  「人が働く」うえで「内発的報酬」は、今の時代
  無視できない、大切な要素であることを如実にあらわすデータです。
  
  〜〜〜  
  
  内発的モチベーション論に「職務特性モデル」があります。
  J・R・ハックマン氏とG・オルダム氏が考案したものです。
  二人は米国の心理学者です。

  二人の名を取って「ハックマン=オルダム・モデル」
  なんて言い方もあります。
 
  「職務特性モデル」とは、つまり「仕事がどんな特性を持っているか?」
  それによって人のモチベーションが左右されるという話です。

  では、どんな特性であれば、人は「やる気」を出すと言っているのか?

  それは、以下の6つです。

 

   1)技能多様性(Skill Variety)
   2)タスク完結性(Task identity)
   3)タスク重要性(Task siginificance)
   4)自立性(Autonomy)
   5)フィードバック(Feedback)

 

 
  「6つの特性」の字面から
  なんとなく、その意味はわかると思います。

  さて・・・ちょっと先が長くなりそうで、誠に申し訳ございませんが、
  詳しい説明は、次通にさせて下さい。

  ただ・・・竜馬が、「6つの特性」のうちの幾つかを
  もちろん「職務特性モデル」など知らずに使っていたということが・・・
  おわかりになると思います。
 
   「なんだ、それが結論じゃないか!」

  と、言われるかもしれませんが、
  このメルマガは同じことをクドクドと繰り返すの特徴です。

  なぜなら、私は嫌われても「反復」することが、
  なんといってもこれを読むあなた様のためになると思うからです。
  
  といったことで、本日はこれまで・・・。
   
  先週「やっと涼しくなり、過ごしやすくなりました」と、
  うかつに書きましたが、九州は、まだまだ暑いのですよね。
  また、北海道はもう朝晩、寒いくらいかもしれません。
 
  狭いようで広い日本。    
 
  仕事の上でも、プライベートのことでも、さらなる高みを目指し
  最高のパートナーである自分自身の力を信じて 
  素晴らしい記憶に彩られる神無月となることを心より祈っております。  

   くれぐれもおからだご自愛ください。

   乱文お許しを!

   それでは、失礼します・・・・・。
 

     
        
           「元氣・勇氣・やる氣」で!

                (^人^)
 

 

                              敬具

   平成十九年十月十二日

                          松山 淳より

=============================

 ◆自問◆

 1)私は、部下に仕事を任せているだろうか?

 2)私は、どういった時にやる気がでるだろうか?

 3)私は、部下の仕事をしっかりと評価しているだろうか?

※目をとじて30秒だけでも考えて頂けたら幸いです。
 答えを出そうとするのではなく、そのことを意識しようと
 胸にきざむような感じで・・・
 目を開けたら、一番下までスクロールして、言葉を読んで下さい!

========================
 ◆102℃ WORD◆

 「任せる力」
      
=========================

 ◆追伸◆

 【映画会のチケットプレゼント(松山も行きます!)】

   本文の冒頭で書きましたが、
   ご縁があり、特別な映画会のチケット(指定席)を頂きました。
   日頃、拙いメルマガながら読んで頂けている読者の皆様へ感謝をこめて、
   そのチケットをプレゼント(指定席)したいと思います。

   前回、告知しましたが、応募がございませんでした。
   時間をよく見たら、仕事していたら、とても無理な時間でした。
   すいません。
   
   もし、その日年休を取られていたり、時間の都合がつく方がいましたら、
   私も行きますので、名画を鑑賞しましょう!

   そして、その後、よければ銀座か日比谷あたりで「一杯」やりましょう!

   チケットは4枚あります。1枚は私の分となりますので、
   応募は【3名】となります。
   

  《映画会概要》

   【福祉施設援助資金の為 慈善映画会】 
  
    映画『オーガスト・ラッシュ』(日本未公開)
    http://augustrushmovie.warnerbros.com/(日本では来年公開予定)
     ・監督:カースティン・シェリダン
     ・主演:フレディ・ハイモア
         ロビン・ウィリアムズ

   ■月日:2007年10月29日(月) 18:30開演(18:00開場)
        http://www.iino.co.jp/hall/schedule_img/Ifhl0710.html 
 
   ■会場:イイノホール(東京都千代田区内幸町2−1−1)
        http://www.iino.co.jp/hall/

   ■主催:社会福祉法人 あけの星会

  過去、皇太子様が来られるている慈善映画会です。
  http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=624
   
  応募は、件名に『映画会』と書いてこちらのアドレスに
  メールを送って下さい。          ↓↓↓
                     j@earthship-c.com

  ご応募の締切は2007年10月17日(水)です。
  当選された方にのみ、10月18日(木)までに必ずごメールします。
  (※応募がない場合は、再募集します。)

  チケットの枚数が少なく申し訳ございませんが、ご応募お待ちしております。

  どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング 松山淳(39才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■ブログ :「リーダーへ贈る358の言葉」
       http://ameblo.jp/earthship-consulting
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,メルマガ天国,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://blog.mag2.com/m/log/0000112707
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。ですが、どうぞ自由にご活用下さい!
 「笑顔の輪」が少しでも広がる!これほど嬉しいことはありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ことば】
 
『ひとたび決断を下し、あとは実行あるのみとなったら、
その結果に対する責任や心配を完全に捨て去ろう』

(哲学者 ウィリアム・ジェームズ)

 
 『カーネギー名言集』(編 ドロシー・カーネギー 創元社)より


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com