ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2006バックナンバー > 【第8話-交錯(2)】

【番外編】「第8話-交錯(2)」リストラされた社員の行く末。

『リーダーへ贈る108通の手紙』【番外編】
*************************************
☆この物語は「ビジネスリーダーへの応援歌」をコンセプトとした創作です。

            『Starting Over』
              〜リーダーの涙☆〜
            http://www.earthship-c.com
 
                                06.12.21
                           【第8話-交錯(2)】 
*************************************
【主人公は43歳。中小企業の営業課長!】

 >>>

 「何言ってんですか。
  もう会社が違うから言わせてもらいますけど、
  だったら先輩だって負け組じゃないですか。
  先輩だってリストラされたんですよ。忘れたんですか」

 その台詞を聞き、テーブルをまたぎ殴りかかっていたのは私でした。

 食器の割れる音がしました。

 座敷に倒れた後輩が口から血を流し睨んでいます。
 数人が間に入って私を取り押さえようとしましたが、
 反抗的な目に怒りがおさまらず、また殴ろうとすると・・・、

 「やめろー」

 という怒号が空間を裂きました。
 
 異様な静寂が訪れました。

 羽交い締めにされながら声の主へと振り返ると、
 鈴木部長が膝をつきうつむいています。

 「やめてくれ。お願いだからやめてくれ。悪かった。本当に悪かった。
  あの時、俺にもっと力があれば、お前たちを切らずにすんだ。
  すまん、この通りだ、許してくれ」

 涙声でそう言うと、その場で土下座をしたのです。

 

 皆の唾を飲み込む音が聞こえました。

 〜〜〜

 
 その後、幹事役の先輩が場をしきり、
 酒癖の悪い先輩は全員の前で謝り、私も後輩と握手をして仲直りをしました。

 ただ、傷付いた場は取り返しがきかず、
 それから盛り上がろうとすればするほどまずい酒になりました。

 終電が近くなり、昔みたいにタクシーで帰るわけにもいかず、
 誰もが早々と電車で帰っていきました。

 部長を独り占めしたら悪いと思ったのですが、
 どうしてもここ数ヶ月の自分のことを相談したく、
 無理にお願いをし、昔よく行った六本木のバーに流れました。

 〜〜〜

 移動のタクシーの中、

 「恥ずかしいところを見せたな」

 と、苦笑いばかりしていた鈴木部長でしたが、
 小雨が降るぼやけた深夜の街に目を向け思わぬことを口にしました。 

 場を壊してしまった先輩ですが、今、コンビニで働いているそうです。
 二十そこそこの店長に指導されながら、
 レジにたち、おにぎりやサンドウィッチを棚にならべる毎日だそうです。

 外回りの途中で偶然見かけ、声をかけようか迷ったらしいのですが、
 さすがにできずその場から立ち去ったとのこと・・・。

 ですが、部長の後ろ姿に先輩の方が気づき、数日後に電話があったそうです。

 先輩は本当にできる人でしたから、
 時代が時代なら今頃、課長になって、
 いいスーツ着て丸の内のビジネス街を颯爽と歩いていたかもしれません。

 人生どこでどうなるか・・・本当にわからないものです。

 〜〜〜

  
 バーに着いても先輩のことを考えたら自分はましに思え、
 肝心のことを切り出せずにいました。

 鈴木部長は首を切ってしまった当時の若手とはできるだけ会い、
 それぞれの近況を把握しているようでした。

 詳しいことは聞きませんでしたが、
 皆それなりには元気で働いているようです。

 ただ・・・、

 転職を繰り返している後輩や、正社員として雇用されているものの、
 厳しい成果主義にさらされ、
 長時間労働で体調を崩しあまりうまくいっていない人もいるそうです。

 

 話が一段落すると、部長が言いました。

 

 

                           つづく・・・

 

                 [次回配信 12/26(火)18:00頃]

※番外編は毎週2回(火曜日・木曜日)配信です!
※この物語はフィクションです。実在する人物、団体とは関係ありません。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《あとがき》

  ◆松山です! 本日もお仕事、お疲れ様です!

   クリスマス目前です!
   幼い頃、母と父に連れられ、銀座の百貨店にプレゼントを
   選びに行ったことを覚えています。
   あれは何歳だったのか、小学校低学年だったのか・・・?

   小さな銀色のモデルガンでした。

   夜中に目がさめ、枕元においてある包みを発見し、
   あまりにうれしくて、兄と開けてしまいました!!!
 
   お仕事があり、「クリマスどころじゃない!」

   という方もいっらしゃるかと思いますが、

   それでも・・・、

   人生の貴重でかけがえのない1日であることにかわりはありません!

   心暖まる、すてきなクリスマスを過ごされることを
   祈っております!    

  ◆さてさて、今日の壁の言葉は・・・!

  
 《今日の「壁の言葉」》

何事でも、自分にしてもらいたいことは、
ほかの人にもそのようにしなさい。
(聖書)
 
 

  ◆あまりにも有名な「聖書」の言葉です。

  ◆この言葉に、日々の「行い」や「心の動き」を照らし合わせてみると
   いかに自分が、他人に対して、そのようにできていないことを
   思い知らされます。

  ◆「顧客の立場になって考える」

   とよく言います。
   その言葉が自分自身の中で、あるいは、社内で
   やや錆びてついてきたとお感じであれば、
   「顧客視点」とは、つまり「どういったことか?」と
    端的に表現するなら・・・
   
   それが、本日の「壁の言葉」だと思います。

  ◆クリスマスに一度、噛み締めたい言葉です!

  〜〜〜

 
  ◆この物語へのご意見、ご感想お待ちしています!

   あなた様のご意見を、耳をダンボにしてよく聞き、
   その言葉を踏まえながら、
   この物語を創っていきたいと考えております!

  ◆ですので、ご友人、お知り合いの方などへも、
   この物語についてお知らせ頂けますと、大変、助かります。

  ◆どうぞ宜しくお願い申し上げます!
   ご意見ご感想は、こちらのメールアドレスまで・・・
   j@earthship-c.com

 

             「お読み頂けたことに心より感謝申し上げます!
              本当にどうもありがとうございました!」

 

※参考文献
『聖書』(マタイ伝 7章12節)

    


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com