ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2006バックナンバー > 【第7話-交錯(1)】

【番外編】「第7話-交錯(1)」負け組という後輩を殴る。

『リーダーへ贈る108通の手紙』【番外編】
*************************************
☆この物語は「ビジネスリーダーへの応援歌」をコンセプトとした創作です。

            『Starting Over』
               〜リーダーの涙☆〜
            http://www.earthship-c.com
 
                                06.12.19
                           【第7話-交錯(1)】 
*************************************
【主人公は43歳。中小企業の営業課長!】

 >>>

 拝啓 
 
 今日、昔の仲間と飲み会がありました。

 私の上司だった鈴木部長が毎年、
 会社都合で社を去った当時の若手を自腹でもてなしてくれる会です。

 ここ数年忙しくて・・・

 いや、自分の境遇に気後れがあって出席していませんでした。

 部長は今や取締役です。
 定期的に手紙をくれる情の厚い人で、
 その便りには「いつでも戻ってこい」と必ず書いてあります。

 嘘だとわかっていますが、
 そんな小さなことでも人間ってうれしいものです。
 人生における私の師と言える人です。

 〜〜〜

 往復はがきで案内が届き、欠席の返事をしてあったのですが、
 鈴木部長から直接電話があり、
 声を聞いたら急に会いたくなって行ってきました。

 なつかしい面々が集まっていました。

 居酒屋の座敷でテーブルを囲み、昔話に盛りあがりました。
 在職中は知らなかった、今だから言える話ばかりです。

 私の後輩が秘書課の女の子とつきあっていたとか、
 独身だと思っていた次長に二人の子どもがいたとか、
 驚きの多い夜でした。

 私も同じ職場の美佐子と結婚したことで、
 ずいぶんと酒の肴にされました。

 〜〜〜

 そんな話題だからかというわけでもないのですが、
 皆酒がすすみ、だんだんと場が乱れていきました。

 遠くの席で後輩が自ら手をたたき出しビール瓶の「一気」を始めました。

 「一気、一気」

 と、皆が調子をあわせ拍手が湧き起こり、
 当時の後輩が次から次へと続きます。

 部長は破顔し、私も久しぶりに頬がゆるみました。
 「みんなかわってないな」と胸の奥に暖かさを感じました。

 

 突然・・・、

 

 机を叩く大きな音がして怒鳴り声が響きました。
 昔から酒癖の悪い先輩でした。 

 「くだらねえんだよ。お前たち馬鹿じゃねえのか。
  俺たちは負け犬なんだよ。負け組なんだよ。
  わかってんのかよ。こんなところで酒飲んで一気してる場合じゃねえだろ」

 その時立ち上がっていたのが、運悪く気の短い奴でした。 

 「何言ってんですか。
  もう会社が違うから言わせてもらいますけど、
  だったら先輩だって負け組じゃないですか。
  先輩だってリストラされたんですよ。忘れたんですか」

 その台詞を聞き、テーブルをまたぎ殴りかかっていたのは私でした。

 食器の割れる音がしました。

 座敷に倒れた後輩が口から血を流し睨んでいます。
 数人が間に入って私を取り押さえようとしましたが、
 反抗的な目に怒りがおさまらず、また殴ろうとすると・・・、

 

 「やめろー」

 

 という怒号が空間を裂きました。

 

 異様な静寂が訪れました。

 

                             
 

 

 

 

                           つづく・・・

 

                 [次回配信 12/21(木)18:00頃]

※番外編は毎週2回(火曜日・木曜日)配信です!
※この物語はフィクションです。実在する人物、団体とは関係ありません。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《あとがき》

  ◆松山です! 本日もお仕事、お疲れ様です!
 
   お体の調子はいかがですか?

   いよいよ週末はクリスマスですね!
   私の好きなクリスマスアルバムにナタリー・コールのものがあります。
   1曲目は、アップテンポの「ジングル・ベル」です。
   この曲をかけると、2歳の次男が、踊りだします。
   くるくる回って、尻餅ついて、立ち上がって、また、尻餅・・・

   このままだと、クリスマス前に怪我をしそうです。

   北風の冷たい折、あなた様はそんなことのないよう、
   くれぐれもおからだご自愛なさってください!
    

  ◆さてさて、今日の壁の言葉は・・・!

  
 《今日の「壁の言葉」》

 心の暴力には力はない。
 それは、暴力的な思いを持っている人を傷つけるだけだ。

  (ガンジー)
 

  ◆ガンジー(1869〜1948)は、インド独立の父と言われた人物。
   
  ◆「非暴力・不服従」を提唱し、英国の圧政から
    インドを救い出しました。

  ◆しかし、その過程では多くの人命が奪われました。
   あまりに安易に「非暴力・不服従」が素晴らしいと言うことは
   少し嘘があるような気がします。

  ◆だからか、ガンジーは5回もノーベル平和賞の候補になりがら
   すべて辞退しています。

  ◆ただ、「非暴力・不服従」が歴史を変えたことは確かです。

  ◆ガンジーに多大なる影響を受けた
   マーチン・ルーサー・キング・ジュニアは、ご存知の通り
   アメリカ合衆国にて人種差別撤廃運動を導き、歴史の人となります。

  ◆彼の演説は、こう始まります!

   「I have a dream!・・・・」

 

  〜〜〜

 

  ◆この物語へのご意見、ご感想お待ちしています!

   あなた様のご意見を、耳をダンボにしてよく聞き、
   その言葉を踏まえながら、
   この物語を創っていきたいと考えております!

  ◆ですので、ご友人、お知り合いの方などへも、
   この物語についてお知らせ頂けますと、大変、助かります。

  ◆どうぞ宜しくお願い申し上げます!
   ご意見ご感想は、こちらのメールアドレスまで・・・
   j@earthship-c.com

 

             「お読み頂けたことに心より感謝申し上げます!
              本当にどうもありがとうございました!」

 

※参考文献
『「人を動かす」英語の名言』
(著 大内博/ジャネット大内 講談社インターナショナル)

    


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com