ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2006バックナンバー > 【46通目】

【46通目】「批判ゆえ」天外伺朗のソニー「AIBO」開発に学ぶ!

**********************************************************************
《批判ゆえ》

          『リーダーへ贈る108通の手紙2』
            http://www.earthship-c.com

                                 06.6.23
                                 46通目 
**********************************************************************

  リーダー様へ

  拝啓 雨上がり 雲の隙間の 明るさよ
      
  いかがお過ごしでしょうか?

  梅雨まっただ中ですが、来週で、6月も終わりです。
  すると、2006年の半分が過ぎたことになります。
  
  今年の前半戦は、如何でしたでしょうか?

  いろいろな想いがあるかと思います。
  来週は、どこかで独りの時間をたっぷりとって、
  6ヶ月間の「おさらい」をしてみては如何でしょうか?
  
  今年のお正月は、どんな想いだったか?
  初詣の時に、何を誓ったのか?

  そんなことに想いを巡らしながら、
  ちょっと過去を旅してみてください!

  宝物がみつかるかもしれません。

  〜〜〜

  さて、私は、お正月にたてた一つの目標を実現します。
  といっても、そんな大袈裟なことではありませんが・・・

  読者のあなた様に支えられながら、まさに御陰さまで、
  来月、7/7をもって、このメルマガは3周年を迎えます。
  様々な企業にて、リーダーの方が部下に配ったり、
  実際に「社員研修教材」としても、使われるまでになりました。

  このたび、3周年を記念しまして、
  8月にオープンな形では初の、講演会を開催いたします!

  --------------------------------------------------------------

    ★☆★「リーダーへ贈る108通の手紙」3周年記念講演★☆★

           〜あなたの言葉に力が宿る時〜
        http://www.earthship-c.com/8.8.html

  ■開催日時:2006年8月8日(火) 19:30〜20:50  

  ■開催場所:東京国際フォラーム会議室 G504
        ・Adress-東京都千代田区丸の内3-5-1
         http://www.t-i-forum.co.jp/general/index.php

  ■参 加 費:8,000円→★読者限定価格5,000円(税込)

  ■定  員:20名

  ■懇 親 会:講演終了後、「夜話会in銀座」と称して、参加者の方と
         懇談したいと考えております。(予算:3000円程度)  
  --------------------------------------------------------------
 
  テーマ「あなたの言葉に力が宿る時」にそって、
  約3年間コツコツ書いてきたことを濃縮果汁にして、お話します。
  まだ具体的なコンテンツは決定していませんが、
  お話する内容が決まりましたら、本メルマガや、こちらのページ
                       ↓ ↓ ↓
           http://www.earthship-c.com/8.8.html

  で、お知らせします。

★サイト上では、価格について、8,000円としていますが、
   このメルマガの読者の方へは、これまで育てて頂いた、
   御礼の気持ちをこめて、5,000円としております。

  ★定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
   もし、ご興味のある方は、件名を【8/8読者】として、
   こちらのアドレスまでお申し込みください!
        ↓ ↓ ↓ 
      j@earthship-c.com

 ★懇親会も参加ご希望の方は【8/8読者+夜話会】として下さい!

  ★特に、会社名、住所、電話番号は必要ございません。
   お名前だけフルネームで頂ければ結構です。
   折り返し、詳細について、メールさせて頂きます。

  ※ホームページからのお申し込みと区別するため、
   件名を、必ず【8/8読者】としてください!
   参加費は、指定銀行口座へ事前振込となります!
   どうぞ宜しくお願い致します!
  
   
  〜〜〜

  さて、宣伝はこれぐらいにしてまして、
  本日は、私の大好きな言葉を一つあげて、スタートします!
  その言葉とは、こちらです!
  
 
 
 新しい考えはまず『ばかばかしい』と非難され、

 次に『つまらないことだ』と退けられ、

 そして最後に『そんなことは誰でも知っている』と言われる。
   

  〜ウィリアム・ジェームズ〜       
  

  ウィリアム・ジェームズ(1842-1910)は、
  米国の哲学者であり、心理学者です。
  この人の著を夏目漱石が愛読していたことは有名です。
   
  この数行を読んだだけでも、胸が熱くなっている方も
  多いのではないかと思います。

  新規事業のプロジェクト・リーダ−になっている方!
  新商品開発にあたり、メンバーを率いてきたリーダー!
  いや、リーダーでなくとも、新たな考え方やこれまでに無い視点で、
  会社に、組織に、部に、課に、新風を吹き込もうとされている方!
   
  新たなことに、挑戦するということは、こんな言葉に象徴されるように
  やはり、どこかで、困難を伴うものかもしれません。

  〜〜〜

  夜遅くだったと思うのですが、
  先日、テレビをつけたら、『プロジェクトX』(NHK)
  の再放送がやっていました。

  ソニーの「AIBO」開発にまつわる物語でした。

  開発責任者は、土井利忠氏。(「天外伺朗」との名でも著名です!)
  このロボット開発に関して、役員会での非難は、
  最初かあったそうですが、
  開発が暗礁にのりあげた時期などは、もう、批判という言葉の針が
  体中につき刺さったような状態だったそうです。

  「天外伺朗」という名で数々の本を出されているさすがの土井氏も、
  その頃のことに話がふれると、
  顔を歪め、ぎこちない笑顔になっていました。
  その表情からは、どれほど社内で窮地にたたされていたのか!?
  伝わってきました。

  〜〜〜

  ソニー社内で、ロボット開発のプロジェクトが正式に承認されたのが
  1994年のこと。
  「AIBO」の販売開始は、1999年のこと。
  あれから、月日は流れ、2005年の愛知万博にて、
  ロボットがどれだけ脚光を浴びたことでしょう!

  トヨタ、ホンダなど含めて、人口知能を持ったロボットの開発は
  今の日本では、常識にすらなりつつあります。

  まさに・・・

 

  そして最後に『そんなことは誰でも知っている』と言われる。
   
   〜ウィリアム・ジェームズ〜 

 

  この最後の一行が、なんともリアルです。

  批判や非難に耐えることの大切さを説くものは多いですが、
  このオチがある故に、胸に響きます。 

  〜〜〜 
  
  新たな何かをみごとに成し遂げたものの、
  数年もたたず、それが、会社の「普通のこと」になっている・・・
  そんなことを、体験されている方も多いかと思います。

  ですが、とにかく最初は大変!

  「新たなことは、罪!」
  
  と、まではいきませんが、そんな組織風土の中で、
  孤軍奮闘していると、やはり、疲れてしまうものです!

  しかし、本日は、以下の言葉で、ほんの少しでも元気になってください!  

    
  

     何かしさえすれば、他人は必ずあれこれいうものである。
    うまくゆけばいったでいうし、うまくゆかなければなおさらいう。
    
     どちらにしても「批判」されるならば、
    批判される人は何かをした人であり、
    批判されない人は何もしなかった人、ということになる。
     
     何もしなければ、失敗もしない。
     失敗とは何かをしたことの証拠なのである。

     しかし、わたしたちの生きる目的は、失敗しないことではなく、 
    
    何かをすることなのだ。

        『「考える力」をつける本2』(著 轡田隆史 三笠書房)
  

 

    ★失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れよ!

 

  そんな言葉を、様々な本の中に発見します。

  失敗の後、部下を守ろうと、批判の矢面(やおもて)に立つことも、また
  リーダーの仕事ならば、それは、やはり、辛いものです。

  どれだけ歳を重ねても、社内での批判は身にこたえます!
  飛んでくる言葉の弓矢で、心は傷つく。
  「批判をものともせず」という表現がありますが、
  なかなかそうはいかない。

  しかし、批判は、まさに「何かをしている」ことの確かな証であり
  いずれ、その傷は、大いなる勲章の数々へ・・・。

  その勲章とは、「自己の成長」であり、
  無言でも部下をひっぱっていける「豊かな人格」のこと。

  ですので・・・
  
   どうぞ、新たなことへの挑戦を忘れないでください!

  
   心よりご健闘をお祈りしています。

   
  〜〜〜

   
   本日も、何かご参考になることがあれば、幸いです。
   
   六月も残りわずか。
  
   入道雲といっしょに、夏がやってきます! 
 
   くれぐれも、体調を崩されませんようお体ご自愛ください!
  
   それでは、失礼します。
              

  
               (^人^)
 

 

                               敬具

   平成十八年六月二十二日

                           松山 淳より

===========================

 ◆自問◆

 1)私は、挑戦する心を忘れていなだろうか?

 2)私は、批判を恐れて立ち止まっていないだろうか?

 3)私は、批判が嫌で素直に聴くことを忘れていないだろうか?

※目をとじて30秒だけでも考えて頂けたら幸いです。
 答えを出そうとするのではなく、そのことを意識しようと
 胸にきざむような感じで・・・
 目を開けたら、一番下までスクロールして、言葉を読んで下さい!

=========================

 ◆102℃ WORD◆

  「道を拓く人になる」

========================

 ◆追伸◆
  
  私と個人的にお会いするプログラム「PERSONAL SESSION 2006」
  http://www.earthship-c.com/BUSINESS/personal.html
  に参加された方から、こんな身に余る推薦のコメントを頂きました。

               *****

  【総合病院勤務の50代管理職】

  「横浜で学会があった折、偶然に日が重なったので、
  かねてからお話してみたいと思っていた松山氏とパーソナルセッション
  の機会を得ることができました。
  どんなことを話そうかと最初から決めていたわけでもなく、
  とにかく「何か新しい変化・刺激」を求めて、成り行き任せの言葉の
  化学変化を楽しみたいと思ってセッションに参加しました。

  いつしか沢山しゃべっている自分に気がつきました。

  松山氏は大きな瞳を輝かせ、目線をそらさずに私の言葉をしっかりと
  受け止めてくれました。松山氏の言葉を聞いたり、自分の話を続けるうちに、
  いつしか自分の中に求めていた答がおぼろげながら浮かんできました。

  おそらく、同僚や上司と話していたのでは浮かんでこなかったようなことです。
  それが真の答かどうかは分かりませんが、その気づきによって、
  これからの仕事や人生に対するモチベーションが高まるのを感じました。

  松山氏は、ご自分を謙遜してアナログな人間とおっしゃいますが、
  実に正確なロジックにもとづいて優しく人間的なパフォーマンスができる方です。
  会って話せば、きっと忘れていた大切なものに気づくでしょう。
  思い切って、パーソナルセッションのドアをノックしてみましょう。」
      

               *****   

  なんとも冷や汗が出てきます!
  7月開催分は、以下、残り3枠です。   

   ■開催日時:7月25日(火)【A】18:30〜20:00(90分) 
                 【B】20:30〜22:00(90分)

         7月27日(木)【A】18:30〜20:00(90分) 
                
          お申し込みは、こちらをお読みのうえ!
             ↓   ↓  ↓
     http://www.earthship-c.com/BUSINESS/personal.html

            どうぞ宜しくお願いします!

  
         「それでは、良い週末をお過ごしください!」

  〜最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました!〜

**********************************************************************
■発 行 者:アースシップ・コンサルティング  松山 淳(37才)
      〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1−6−4
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■発  行:まぐまぐ,melma!,メルマガ天国,カプライト,めろんぱん,E-Magazine
■バックナンバー:http://blog.mag2.com/m/log/0000112707
※本メルマガの著作権は松山に帰属します。が、どうぞ自由にご活用下さい!
 「元氣、勇氣、やる氣」の輪を広げ下さい!「笑顔の輪」も・・・!
**********************************************************************

【ことば】

『「批判」は、形を変えた「応援」だ!』
                            
(轡田隆史)『「考える力」をつける本2』(三笠書房)より

    


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com