ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2003バックナンバー >【92通目】

【92通目】リースキー・シフトとコーシャス・シフト!

**************************************************

『リーダーへ贈る108通の手紙』
 http://www.earthship-c.com

              03.11.26
              92通目
*************************************************

リーダー様へ

拝啓 霜月の 雨を歩きて 恵みあり
 
  如何お過ごしでしょうか?

  さて、昨日の話は「集団思考の罠」に関連する話しでした。
  そこで、少し補足をしていきたいと思います。
  
  「集団思考」についてこれまでも何度か取り上げていますが、
  今回の話と関連深いものに19通目(8/1)のアッシュ実験がございます。
  もし、お時間ございましたら、さっとお読み頂きますと、以下の話、
  より理解が深まるかと思います。どうぞ宜しく御願い致します。

  【バックナンバー】
  http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000112707
   
  では、本論に入ります。

  〜〜〜
  
  まず「集団思考」と何気なく使ってしまってますが、この言葉を確認
  したいと思います。

  社会心理学では、単なる人の集まりを「集団」とは言いません。
  いくつかの条件がありますが、簡単なものは以下のものです。
 
    
    1)メンバーが互いに影響を受け合う
    2)メンバーの関係が一定期間継続する
    3)メンバーは共通の目的を持つ
    4)メンバー間に地位や役割がはっきりしている
    5)メンバーたちが集団に属していることを自覚している

  
  これらの条件のうちいくつか満たし2人以上の人集まりを「集団」と
  しています。
  こうみてきますと、会社組織というのは、まさに「集団」であり、
  上記5つの条件を全て満たしています。

  さて、この条件下において何かを一緒に考えていくことを「集団思考」
  とします。「会議」を思い起こして頂ければイメージしやすいと思い
  ます。

  この「集団」においては、メリット、デメリット双方ある、一つの
  特性が生み出されます。それが、デメリットとして表出するのが「罠」
  にあたる部分です。
  では、その特性とは何かと言いますと、
  
   ◆「凝集性(ぎょしゅうせい)」
  
  と呼ばれるものす。
  
  これは、集団の中に、中にと留まるように働く力のようなものです。
 
  友達同士の集まりを考えてみます。そこでは、互いが互いに好意を持
  ち、その気持を影響しあいながら一つの集団としての魅力を作り出し
  ています。そのメンバーといると「楽しい」「おもしろい」などが
  それです。すると、その魅力によってそのメンバーは結束力を強めて
  いきます。個人には、そのグループに所属していたいという欲求が生
  まれてきます。「村八分」は嫌だということです。

  「凝集」を辞書でひくと「一ケ所に凝り固まること」とあります。
  要は、人間の“つながり”が強固になっていくことです。
  
  サッカー、バレー、バスケット、などなどチームプレーを要するスポ
  ーツでは、「凝集性」が高いほど成果が高いと言われています。
  もちろん、それだけでは勝利することはできませんが、必要条件では
  あります。
  「チームワーク」といわれているものです。
  「チームワークがいい」と言った時には、「凝集性」が良い方向に働
  いているケースです。メリットです。

  「うちの課に比べて、“あの課”は本当ににみんな仲がいいな」
  
  という時、“あの課”の集団は「凝集性」が高いということです。

  〜〜〜

  では、デメリットは何かと言いますと、これです。

   ■集団極性化(group poilarization)

   これは、簡単にいってしまえば極端に偏った考え方ということです。
   そして、この代表格としてよく言われるのが

  
   □リスキーシフト(risky shift)    ※risky:危険な 大胆な
   
  □コーシャスシフト(cautious shift) ※cautious:慎重な 


  です。 

   □「リスキーシフト」(risky shift)

  とは、集団で思考すると、より危険度の高い案を
  選択してしまいがちだということ。

  危険度の高い案とは、ハイリスクハイリターンの案、一発狙い、大穴
  狙いの案、などと表現するとわかりやすいでしょうか。
  集団が根拠のない自信を深めていった時に起りやすくなります。

  例えばです。会社で横断的プロジェクトチームなどが結成されます。
  各部の優秀な社員が選ばれたりします。さらにはその集団が一流大学
  出の集団だったりします。すると、その危険度は高まる傾向にあると
  考えられます。
  なぜなら、メンバー間で、皆が優秀だという共通認識が生まれてくる
  と、そこに極端な楽観がうまれるからです。

   「私一人くらいが間違っても皆優秀だから大丈夫だろう!
    最後はうまくいくよ!前年対比200%で行こうよ!」
  
  といったものです。これを「責任の拡散」といったりしますが、
  「社会的手抜き」とも言えます。
  「社会的手抜き」については、57通目(10/3)58通目(10/6)で多少
  説明しております。
  
  「自分一人が責任をとることはない」という意識です。

  すると、この辺に「集団思考の罠」の一つの根っこが見出せてきます。
  
  〜〜〜
  
   □「コーシャスシフト」(cautious shift)

  とは、「決定案が慎重になりすぎる」「安定志向に陥る」「チャレン
  ジ精神の欠如」といったものです。
  この意識もまた責任回避の現れと考えられます。
  つまり、リスクテイキングしていかない、リスクを回避しようとする。
  集団で何かを考えると、そんな傾向が強まることがあります。

   「無難に。何事もなく。そんな波風たてなくてもいいだろ!」

  と言ったセリフが会議の席で出てくると、その傾向に流されはじめて
  いるのではないでしょうか?

  リーダーとしてチェックすべき項目です。
 
  〜〜〜

  さてさて、補足のつもりが長くなってしまいました。
  まだ続きます。恐縮ながら明日へのつづきとさせて頂きます。    
 
  本日も“あなた様”がリーダーとして、大勢に流されず、曇りなき眼
  (まなこ)で情勢を見極め、ますます活躍されますことお祈りしてい
  ます。  

  どうぞ風邪など召されません様お体御自愛下さい。

  本日はこれにて失礼します。

                               敬具

   平成十五年十一月二十五日

                           松山 淳より

※参考文献『図解雑学 社会心理学』(井上隆二/山下登美代 ナツメ社)
====================================

 ◆自問◆

 1)私は、自分の意見を殺してないだろうか?

 2)私は、異質を受け入れているだろうか?

 3)私は、耳の痛い話を受け入れているだろうか?

※今すぐ、目をとじて30秒だけ考えて下さい。今すぐ!席をたたないで!
 答えは、でなくていいのです。それについて、考えるだけでいいんです。
 目を開けたら、一番下までスクロールして、その言葉を読んで下さい!

==================================

 ◆102℃ WORD◆
          
 「雨は止む」

==================================

 ◆追伸◆
    
   東京は、昨日(11/25)久しぶりに本格的な雨がふりました。
   わたくしは、雨はあまり好きではないのですが、
   傘をさしながら、我が子はニコニコと楽しそうに歩いていました。
   眉間にしわをよせ、雨を恨めしく思っていたわたくしは、
   少し心を改めました。
   笑顔は忘れていたものを気づかせてくれます。
      
   〜最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございます〜

*************************************************

■発 行 者:アースシップ・コンサルティング  松山 淳(35)
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■疲れた方:『そこにある優しさ』
       http://www010.upp.so-net.ne.jp/SOKOYASA/
■発  行:まぐまぐ(http://www.mag2.com/) 
      melma! (http://www.melma.com/)
      Maky! (http://macky.nifty.com/)
      Pubzine(http://www.pubzine.com/)
      
■部  数:3950部(03.11.25時点)

 ※本メルマガの著作権は松山にあります。文面について、社内資料、アル
 バイトへの配付資料などに対して許可なく使用した場合、私は喜びます!
 ですので、どんどん使って下さい!みんなで明るくがんばりましょう!

*************************************************

【ことば】
「自分自身を信頼すれば、他の多くの事柄に対する信頼が生まれる」        
(ラ・ロシュフコー)

〈1613〜1680 フランスのモラリスト〉           
                   
どうぞ自分への悪口をやめ、自分の力を信じて! 
今日も一日是非ともがんばって下さい!!


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com