ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2003バックナンバー >【51通目】

【51通目】森田療法の目的本位に行動する!

**************************************************

『リーダーへ贈る108通の手紙』
 http://www.earthship-c.com

              03.09.25
              51通目
*************************************************

 リーダー様へ  

 拝啓  傘よせて 秋雨 長月 道一つ
 
  如何お過ごしでしょうか?
   
  さて、昨日の終わり
  
   〜〜〜 

  リーダーとして、恐れるべきは、嫉妬心や好きか嫌いかという短絡的
  個人的感情によって人を判断してしまうことではないでしょうか?   
  わたくしは、その感情を、人間ですので致し方ない部分もあるかと思
  っています。ただ、それが、顔にあらわれ、行動にあらわれてしまう
  と、あまりよろしくないかと思います。

   〜〜〜
 
  このような事を申しました。少し根拠が薄く、説得力不足であったと
  反省しております。そこで、補足させて頂きます。

  只今、勉強しております森田療法という精神療法の講議にて、
  昨日(9/24)こんなことを聞いてきました。

  以下は、肉体的にも精神的にも労多い、看護婦へのアドバイスの一例
  です。 
   
 【看護婦へのアドバイス】
  
  「看護婦というのは、非常に大変です。病などで寝たきりになった
   りした人の汚物も処理しなくてはなりません。
   以前ですと、そういったことを嫌がるナースに対しては、
   汚物といえども嫌がってはいけませんよ、それも立派な仕事の内
   なんですからと、そんな指導がなされがちでした。

   ですが、「嫌だな〜」と思う気持ちは、なかなか消せるものでは
   ありません。すると、そう思うことがいけないと、罪悪感を感じ
   てしまい、こころが疲れてしまうのです。

   そこで、最近は、少し変わってきていまして、汚物を嫌がるとい
   う気持ちは、普通の人間であれば誰もが感じることです。ですか
   ら、その気持ちはそのままにしていいんですね。それよりも大事
   なことには何か?そこに意識を向けましょう。大事なことは、
   一日も早く病気で苦しんでいる人を助けることです。
    
   と、そんな風に自分の気持ち、つまりは、汚物が「嫌だな〜」と
   思う気持ち、それは自然の心なので、受け入れて、仕事に励みま
   しょう!行動を優先させましょう!といった指導に変わってきているのです。

   嫌だな〜」という気持ちをそのままにといっても、それが顔に
   出たり、行動にあらわれたりする。それは、いけませんよ。」

 
    
  とのことでした。これを森田療法でよく使われる言葉で

   ★目的本位に行動する

  と言いいます。
  「なんのためにその仕事をしているのか?」
  「なんのために働いているのか?」
  そのことを深く考えてみて、そこに照準を定めて動くということです。

  こういったことがベースにあり、また、この目的本位の行動に関しま
  しては、ちょっとした悩みごとのアドバイスとして、これまでの経験
  上、有効なことが多かったので紹介しております。
  ただ、これが全能ではありませんので、そこのところは、くれぐれも
  ご了承下さい。

  44通目(9/12)でも少しこのことについて触れました。
  
  【バックナンバー】
   http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000112707
  
  すると、「とても気が楽になりました!ありがとうございます」とい
  うお便りをいくつか頂きました。
  これは、決してオーバーなことではありません。
  
  森田療法は、神経症の方への治療に有効とされています。神経症とは
  「一日に手を何度も洗わないと気がすまない」
  「お茶を出すときに、どうしても手がふるえてしまう。それが気にな
  って気になって仕方ない!」
  などなど、神経の細やかな方がなりがちなものです。

  そういった方は、なんとかそれを直そうと自分でも本をなどを読み、
  偶然に森田療法の考え方を知り、来院されることがあるらしいのです。
  すると、教わっている先生の話しですと、もう直ってしまっていると
  いうケースがあるそうです。何で来たの?と聞くと、一応確認のため
  ということらしいのです。

  ですので、この「あるがままの自分を受け入れ、目的本位に行動する」
  という考え方を知り、その人に感じるところがあれば、何らかの形で
  こころを癒している可能性は十分に考えられるのです。

   〜〜〜

  と、そういったことをベースとしてまして、昨日の弁です。

  嫉妬心や個人的にどうしてももたげてきてしまう、悪感情。これは、
  人間ですから、誰もがあるものだと思うのも、一つの考え方です。
  感情は、人を強く動かします。ですので、それをうまく、良い方向へ
  良いエネルギーに変換して使えばいいわけです。

  ガスやガソリンもそれ自体は、人間に決してよくないものですが、
  火をつけたり様々な燃料となりわたくし達の生活を豊かなものにして
  います。もちろん、デメリットもあります。それは、話しが長くなり
  ますので、止めまして、とにもかくにも、“良い使い方”です。
  部下から見える行動となったときには良いものとすればいいわけです。

   〜〜〜

  悪感情のままですと、わたくしが目にしてきたもので一番多いのは、

  「部下に仕事を教えない」
 
  これでございます。自分の仕事を奪われ存在意義が薄れるからという
  悪感情が行動に出ると、どうしても、これが出てきます。
 
  しかし、教えないと入ってこないものもあります。
  悪感情のままの方の話しを聞くと、教えるということは、何か、自分
  の仕事や知識が、流れ出てていってしまい、返ってこないという感覚
  をもたれるようなのですが、そんなことはないかと思います。

  教えれば、その方が、リーダーとしてさらに重要な役職につかれる時
  に必要な「教える」という経験知がみにつきます。それは、一つの
  リーダーにとって重要な能力です。
  
  「教える」ことを「教わる」一番の近道は、「教える」こと。

  未熟者ながらそんなふうに思います。     

  ここにも一つ、目的本位に行動するという考え方が適用できるようで
  す。リーダーとして、「なんのために教えるのか」それが、自身のこ
  れから必要とされる素養の一つのためということであっても、もちろ
  んいいわけです。「部下のため」と思って下されば、もちろん、一番
  ですが、部下は同時に競争相手であるということは多いです。

  「いやいや今の時代は、教えるんじゃない、気づかせるんだ!」

  で、あれば、それでも結構です。
  「どのように」はとても大事だと思います。ですので、同時に
  「何のめにそれをしているのか」という問いを常に発し、その答えを
  確認して頂きたいと思います。
 
  すると、「目的本位の行動」となり、感情へのとらわれが少なくなります。
  行動が先になります。
   
  さすれば、特定の部下に対してのみの悪感情が、顔にあらわれるとい
  うこともないかと思います。“えこひいき”と部下から風評がたつと
  いうこもな少なくなるかと思います。

  実話です。

  「突然、部下の女性が、私の机に来て言うんです
   『どうして、同期なのに、Aは、“Aさん”で、私は、“B”って呼び捨てなんですか?』
   ってね!もう大きな声でね、びっくりしましたよ!」

  リーダーである“あなた様”であれば、もうお分かりかと思います。
  これは、別に“さんづけ”したからとか、呼び捨てにしたからと言っ
  て怒っているわけではないです。

  突然!来たということは、それまでは、それでよかったわけで、
  もっと、根本にある、その上司の方が、それまでBさんにもっていた
  感情を彼女は、見抜いていて、それがたまって、爆発したわけです。
  “呼び捨て”かどうかは、単なる、怒りをぶつける口実にすぎないわ
  けです。
  ずばり言えば、Bさんは、“えこひいき”をただしたかったわけです。
  そこが、本音の部分です。

  とそんなことで、なんだかリーダーは、大変です。

  ですが、それも、ここまで申してきました通り、

   ★目的本位に行動する。

  このことを意識して頂ければ、道は常に開けるかと思います。

  「なんのためにその仕事をしているのか?」
  「なんのために働いているのか?」

  そこに照準を定め、本日もがんばって下さい!
  
  必ずや“あなた様”の未来は、明るいはずです!  

  〜〜〜
  
  といったところで、終了とさせて頂きます。
  若輩者の弁でございます。大変恐縮ながら、リーダーである
  “あなた様”にとって、何か参考になる事がありましたら、
  小生、幸せでございます。
 
 
  さて、1936年、昭和11年の今日(9/25)は、あの沢村栄治選手が
  初のノーヒット・ノーランを達成した日です。沢村選手は、これも含
  めて通算3回それを記録しています。
  球速は、160キロを越えていたと言われますが、その真偽のほどは
  わかりません。当時は、スピードガンはありませんので・・・
  しかし、天才はなんとかといいますが、この時代ですので、沢村選手
  も戦争に行く事になります、1944年、3度目の出征で帰らぬ人と
  なります。享年27歳でした。
  しかし、数々の記録もさることながあら、わたくしも写真でよく目に
  する、足を高々と上げたその投球フォームの独特さは、何やら野茂選
  手を彷佛させます。すごいピッチャーがいたものです。
    
   最後になりましたが、本日、今日、この日。
   あなた様がリーダーシップを発揮され、本来の目的をにらみ行動し
   ビジネス(商売)が、ますます発展されますことを心よりお祈り申
   し上げます。

   お体くれぐれもご自愛下さい。     
    
   本日は、これにて失礼します。

                               敬具

   平成十五年九月二十四日

                           松山 淳より

==========================

 ◆自問◆

 1)私は、常に目的を意識しているだろうか?

 2)私は、部下に目的意識の大切さを伝えているだろうか?

 3)私は、個人的感情にとらわれていないだろうか?

※今すぐ、目をとじて30秒だけ考えて下さい。今すぐ!席をたたないで!
 答えは、でなくていいのです。それについて、考えるだけでいいんです。
 目を開けたら、一番下までスクロールして、その言葉を読んで下さい!

=========================

 ◆102℃ WORD◆

 「苦闘の中からしか掴めないものがある」

=========================

 ◆追伸◆
   
   東京は、朝晩かなり冷えるようになりました。
   朝起きますと、枯葉が家のまわりにちらばり始めました。
   また、掃除が大変ですが、子供の教育には ちょうどいい材料です。
   と、プラス思考でいきたいと思います。
   枯葉の掃除一つ。季節のうつりかわりを感じることもできますし。  
   
   〜最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございます〜

**********************************************

■発 行 者:アースシップ・コンサルティング  松山 淳(35)
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■疲れた方:『そこにある優しさ』
       http://www010.upp.so-net.ne.jp/SOKOYASA/
■発  行:まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
      melma! (http://www.melma.com/)
      Maky! (http://macky.nifty.com/)
      Pubzine(http://www.pubzine.com/)

■部  数:3377部(03.9.24時点)

 ※本メルマガの著作権は松山にあります。文面について、社内資料、アル
 バイトへの配付資料などに対して許可なく使用した場合、私は喜びます!
 ですので、どんどん使って下さい!みんなで明るくがんばりましょう!

*********************************************

【ことば】

「良い精神をもっているだけでは十分ではなく 大切なのはそれを良く用いること・・・」
                    
 (デカルト『方法序説』より) 
 
  
 良く用いるとは、良き目的にそって用いること!  

 今日も一日ぜひともがんばって下さい!!!


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com