ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2003バックナンバー >【39通目】

【39通目】部下を褒めるのは自分のため。褒めていれば自分が楽しくなる!

**************************************************

『リーダーへ贈る108通の手紙』
 http://www.earthship-c.com

              03.09.05
              39通目
*************************************************

 リーダー様へ  

  拝啓 朝顔まだまだ長月の道    
 
  如何お過ごしでしょうか?
  
  さて、昨日お約束しました通り、本日も「褒める」というテーマを軸
  に論を進めてまいりたいと思います。

  「急に何がなんでも褒めだしたら薄気味悪いじゃないか!」
  「そんなわざとらしいこと言えるか!」
  「最近の若い奴は、褒めたって駄目よ!変わらないよ!」    

  といった考え方がございましたら、それまでの見方を変える一つの材
  料となるようがんばりたいと思います。

  さて、まずは、ちょっとしたわたくしの体験談を

  【怒りが怒りをよぶ】
 
 わたくし、小学生から中学生まで剣道をしておりました。初段をとる
 までいきましたが、その後はぷつりと止めてしまいました。しかし、
 心・技・体の教えは、今でも素晴らしき教訓であったと心にとめています。

  さてさて、その時の先生は、剣道7段、8段などがずらりとおりまし
  て、もう恐いのなんの鬼のような人がたくさんいました。怒鳴るなど
  は当たり前で、真剣の実演なんかもみせられますから、ひどく叱られ
  ると、幼な心に、あの刀が本当にでてくるんじゃないかなんて思ってました。(笑)
 
  さて、その中でも比較的優しい先生がいましたが、あくまで比較的で
  す。その先生の特徴というのは、説教がはじまりますと、最初は、
  優しい語り口なのですが、だんだんと口調が荒くなりまして、最後に
  は、明らかに感情の抑制を失ってしまうくらいに、わたし達を叱るのです。
   何かこう“やかん”のお湯が段々と沸騰していく様子によく似ています。
  
  この先生は、明らかに、自分で怒っていきながら、さらに怒りを増幅
  させてしまう典型的な方でした。ですから、後でよく後悔の表情をみ
  せたりしていました。子供はそういったことをしっかりと見ています。

  さて、これは何かと言いますと、“あなた様”も何度か聞いたことが
  あると思うセリフにヒントがあります。

   「無理にでも笑うのだ!笑えば自然と楽しくなるもんだ!」
   「悲しいから泣くのではない、泣くから悲しいのだ」

  これは、ある意味で真実です。
  感情を司るのは、脳です。簡単にいってしまいますが、脳は、喜怒哀
  楽を表現する箇所がわかれていて、その働きが結構単純だったりする
  のです。仕組みはとんでもなく複雑です。
  その喜怒哀楽のボタンが脳にあると思って下さい。
  
  親しき人との別れなど、外的な要因があってそのボタンが押され悲し
  くなります。これは、ボタンを“押される”という感じです。
  受動的です。それに“泣かされる”と言うとわかりやすでしょうか。
 
  しかし、これは、内側からも押せるのです。つまり、例えば、自分で
  悲しいと思い、泣き出せば、そのボタンが入って余計に悲しくなると
  いうわけです。「哀」ボタンを“押す”という感じです。能動的です。
  
 ■外的要因-外から-押される-泣かされる-受動的
 ■内的要因-内から-押  す-泣   く-能動的

  これを職業にしている人達がいます。そうです、女優さんなど俳優人
  達です。名優と言われる人は、つまり、このボタンのオン、オフがう
  まいわけです。そして、よく駆け出しのアイドルなどが、初めて泣く
  演技を経験し、なかなか泣けなくて
   「亡くなったおばあちゃんのことをずっと考えてたら、
    涙がでてきて、止まらなくなっちゃいました。」
  なんという話しは、よくお聞きになりませんでしょうか。
  これは、内側からボタン押しているわけです。
  あくまで分かりやすく言うとですが・・・・ 

  ちなみに、わたくしは、泣いたりはしませんが、疲れた時などは、
  敢えて、笑ってみるというのはよくやっています。
  人から見られるとちょっと気持ち悪いですが、これは、はっきりいっ
  て効果があります。(笑)
  家でやっていると妻が目を細めています・・・.(笑)
  
  で、何か言いたいんだ!と怒られそうなので、進めますと

   「人を褒めていれば、自分が楽しくなる」という事です。

  人を褒めるという事は、少なくともプラスの感情を生むものです。
  つまり、内側からボタンを押すことになるのです。もちろん、それは
  喜怒哀楽でいえば、「喜」や「楽」のボタンです。
  
  よき発想は、常にリラックスした状態、脳波でいえばアルファ波の時
  に生まれると言われます。その状態を作り出すのに「喜」や「楽」の
  感情は、大切な要素の一つです。
  
  ある実験で、“コメディーを見せたチーム”と“そうでないチーム”
  にわけてテストをしたところ、“コメディーを見せたチーム”の方が
  発想力が高まり成績がよかったというものがあります。

  さらに、医学の世界でも笑いの効用は、よくいわれます。
  ガン患者に喜劇などを定期的に見せたらその進行がおさまったという
  話しを本で読んだことがあります。
  
  『「なぜか人に好かれる人」の共通点』などの著書で有名な精神科医
  の斉藤茂太さんなどは、「一笑一若」をモットーにし、その笑いの効
  用をはばかりなく公言しています。
  「一笑一若」とは、「一つ笑えば一つ若くなる」という事です。
 
 ★笑う門に福来たる

  わたくしの大好きな言葉ですが、これは真実です。
 
  ですから、しかめっ面してアイディア会議するのはもう止めて、
  “ワイワイガヤ楽しく”がいいのです。明るく、元気にです。  

  といいうことで、
  
  「褒めながら、楽しい気持ちになる」
  
  そんな御経験ありませんでしょうか?
 
  リーダーが楽しい気持ちになるとどうなるのでしょう?
  
  「気分は伝染するのだ」という話しを22-23通目(8/6-7)以前しました。
  
   【バックナンバー】
   http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000112707   
 
  リーダーは皆から注目される存在。特に、その気分はあたりに大きな
  影響を及ぼします。“あなた様”が良き気分でいれば、それはあたり
  を明るく照らすのです。
  いつも、眉間にしわをよせてる人間集団、組織が良いなんてリーダー
  はそういないと思います。
  繰り返しですが、それでは、良き発想、創造は成し難いわけです。
  
  であれば、「人を褒め楽しい気分になる」これは、良い事ではないで
  しょうか?
  
  しかし、中には、褒めてもなんの反応も示さない人がいて、それに腹
  が立つ、だから褒めない。
  これは、相手の反応をひっくるめてを言っているのであって、
 
    褒める+相手の無反応=「怒」「哀」

  といった感じです。
 
  本来は
  
    褒める=「喜」「楽」

  です。いやいや、そうあるべきだと思いませんでしょうか?  
   
  ここで、結論を言ってしまいますが、

   ★「褒めるとは、自分のためなのです。」

  といいますと、見返りを求めているようで嫌なのですが、因果応報と
  いった考え方があるではありませんか。少なくともこれまでの人生経
  験の中で、実感されたことがありませんでしょうか?

  【その感情は自分に返ってくる】

  しかし、因果応報に何も科学的な根拠などありません。経験則です。
  褒めるのが苦手な方だと、むしろ、そんなものは信じられんといった
  感じでしょうか。

  しかし、これを間違いなく、信じで実践している人達がいます。
  松下幸之助さんの著書などは、この連続ですが、人達と言いました。
  それは、トップアスリート達です。オリンピック選手や世界レベルで
  活躍するトップレベルの人達は、確実にこれを実践しています。
  これを、スポーツ心理学の用語でいいますと、「ミラーイメージの法
  則」と言います。

  
  ★「ミラーイメージの法則」

  相手に向けた感情や思考がそのまま自分に跳ね返ってきて自らの思考や行動に影響するといった意味です。まさに因果応報です。

  といったとこで、この先事例などを出しながら説明したいのですが、
  また長くなります。
  週越しになってしまいますが、40通目に譲るということでお許し願
  えればと思います。
  大変申し訳ございませんが、どうぞ宜しく御願いします。
           
  本日も、大変恐縮ながら、言葉を重ねてきました。
  何か参考になる事がありましたら、小生、幸せです。
 

  さて、1962年の本日は、国鉄スワローズに在籍していた金田正一
  選手が、通算奪三振の世界記録を樹立した日です。
  わたくし少年野球をしてました。怪我をした時に、金田氏が経営する
  スポーツマッサージに父に連れられ行った事があり、そこでばたりと
  金田氏と会いました。話しかけられたのですが、緊張してしまい、何
  を話したかは覚えていません。とにかく体も声も大きな人でした。
  通算400勝。日本球界で破る人はでてくるのでしょうか?  

    
   最後になりましたが、本日、今日、この日。
   あなた様がリーダーシップを発揮され、褒めることでまわりの人を
   明るくしビジネス(商売)の場面で、必ずや成功されますことを心
   よりお祈り申し上げます。
     
 
   本日は、これにて失礼します。

                               敬具

   平成十五年九月四日

                           松山 淳より

==========================

 ◆自問◆

 1)私は、“褒める”ことをしているだろうか?

 2)私は、相手の立場にたって考えているだろうか?

 3)私は、自分の“気分”をコントーロールできているだろうか?

※今すぐ、目をとじて30秒だけ考えて下さい。今すぐ!席をたたないで!
 答えは、でなくていいのです。それについて、考えるだけでいいんです。
 目を開けたら、一番下までスクロールして、その言葉を読んで下さい!

========================

 ◆102℃ WORD◆

 「世のため、人のため、自分のため」

========================

 ◆追伸◆

   朝顔の花というのは、まだ咲くのですね。知りませんでした。
   近所ではまだまだたくさん、元気に咲いてます。
   ただ、空は、随分と高くなっている気がします。
   「志」も高く!よき週末になりますようお祈りします。  

  
   〜最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございます〜

********************************************

■発 行 者:アースシップ・コンサルティング  松山 淳
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■疲れた方:『そこにある優しさ』
       http://www010.upp.so-net.ne.jp/SOKOYASA/
■発  行:まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
      melma! (http://www.melma.com/)
      Maky! (http://macky.nifty.com/)
      Pubzine(http://www.pubzine.com/)

■部  数:1506部(03.9.4時点)

 ※本メルマガの著作権は松山にあります。文面について、社内資料、アル
 バイトへの配付資料などに対して許可なく使用した場合、私は喜びます!
 ですので、どんどん使って下さい!みんなで明るくがんばりんましょう!

*****************************************

【ことば】 

「人間の本質を評価することこそがほめることなるのである」

 (PHP研究所副社長 江口克彦) 
 
 うわべだけの言葉は見抜かれる!
 それを見抜いてきたからこそリーダになったとも言えます。 
 ならば・・・
     
 今日も一日ぜひともがんばって下さい!!!


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com