ビジネスリーダーへ元気・勇気・やる気を贈るメールマガジン

『リーダーへ贈る108通の手紙』

HOME > メルマガ > 2003バックナンバー >【9通目】

【9通目】喫茶店で勉強する子から学んだ孫子の兵法!

**************************************************

『リーダーへ贈る108通の手紙』
 http://www.earthship-c.com

              03.07.17
              9通目
*************************************************

 リーダー様へ

 拝啓 雲多き文月
 
  如何お過ごしでしょうか?
  
  昨日、都庁の周辺を歩いていました。
  都庁を間近でみると、それを手掛けた建築家である丹下氏とそのメン
  バーの方々には本当に頭の下がる思いがします。
  人間のイマジネーションといういものは、すごい!さらに、この建築
  物を完成させる情報の整理・管理というのは、わたくしなどの門外漢
  からすると、一体どうやっているんだろうと不思議でなりません。  

  さて、その帰りに家の近くで喫茶店に入りました。
  おもしろい、場面に出くわしました。
  ビジネス(商売)における“情報”というもののとらえ方を考えさせ
  られる出来事でした。
  
  御参考になると思い、以下、述べさせて頂きます。
 
  数分、お時間下さい。

  
 ■7月16日 目黒区某所 とある喫茶店■

  わたくし。大好きなアイスカフェラテをオーダーし、席につく。
  わたくしの斜前の席、女子大生らしき人が、二人ならんでいる。
  
  一人は、下を向き、もくもくとペンを走らせている。
  一人は、携帯電話で、何やら興奮気味に話している。

  二人とも、教科書やノートをひろげている。どうやら、夏休み前の
  試験勉強をしているようである。
  
  わたくし。まわりを見渡す。すると、そこかしこで、学生らしき人が
  ノートをひろげている。私の推測、ほぼ間違いない。

  携帯電話の子。ニコニコ顔。嬉しそう。o(^o^)o
  電話の相手は、試験に関する情報を提供しているようである。
  
  その子
  「えーうっそー」「えーそこ出るの」「えーそこも」「なんで、そん
  なこと知ってるの」「えっ教授が言ってた?」「何ページから?」
  「すごい!すごい!」\(^o^)/

  などのセリフを連発し、必死に何やら、書き留めている。
  察するに、予想される試験範囲の情報をたくさんもらったようである。

  電話が終わる。ニコニコ顔。隣の子に話しかける。聞いた情報を提供
  しようとする。
  しかし、隣の子は、あまり相手にしない。「へー」「ふーん」などの
  生返事で、もくもくとペンを走らせている。

  なのでと、携帯の子。勉強を始める。書き留めた情報をながめ、
  あっちの教科書、こっちの教科書をひっくり返す。
  手が止らない。あっちをみて、こっちをみて。あっちのノート、こっ
  ちのノート。忙しい。

  隣の子。黒い服。もくもくとペンを走らせる。
  携帯の子、ときどき、話しかける。生返事しか、返ってこない。

  だから、また、ペンを握る。書き留めたメモみて、あっち、こっち、
  手の体操。大変だ。
  
  だんだん、イライラしだす。眉間にしわがよる。(>_<)

  「なんかさ〜むかつくのよね〜」愚痴りだす。独り言がではじめる。
  「こんなの勉強したって無駄よ」あきらめモードになる。

  そして、
  
  「わたし、帰るわ!(-_-#)」

  ■チャンチャン■

 
  
  この間、約1時間。私は、時間がきたので、この後どうなったかは、
  知りません。
  隣の子が、なだめ、勉強を再開したかもしれません。
  ただ、みていた限り、その可能性はかなり低そうでした。

  さてさて、もう、あなた様であれば、おわかりだと思います。

  携帯の子。
  
  孫子の兵法
  
   ★「彼を知りて、己を知れば、百戦危うからず」★
  
  にのっとり、敵のことを知ろうとしたわけで、それは素晴らしい戦略
  だったわけです。

  この言葉は、もう、あまりに有名で、何をと思われてしまうのですが、
  今一度、この言葉をよく見て下さい。

  そうです!★「己を知る」がちゃんとくっついているのです。
  
  とかく、この格言を聞くと、すぐに、情報戦における敵状視察的な意
  味を想像してしまい、どれだけ、敵を知る事ができるのかに腐心して
  しまいがちです。が、それだけでは、不十分なわけです。
  
  孫子は、ちゃんと情報を得るにあたっての、自分というものを、その
  兵力(能力)をよく知っておきなさないよ!それも大事ですよ!と言
  っているのです。

  その二つが噛み合ってこそ、「百戦危うからず」だ!
  と言っているのです。
 
  携帯の子が、陥ってしまった罠は、そこです。

  この子は、自分がこれまでの経験から、そういった情報を手にした時
  どうだったのか?それまでの、自分自身を把握していないのでは!と
  疑問をもたざろうえませんでした。
   
  ゆえに

 ■完全なる情報過多■

  これに陥りました。

  インターネットが普及し、その情報収集力たるや、もう、10年前と
  は、比べものになりません。

  判断を下すにあたって、情報がないのは、困りますが、情報が多いの
  は、混乱を招くだけです。情報が少ない時のほうが、むしろ、いろい
  ろ工夫を凝らす。人間とはそういったもの。
  
  これ!「もう、朝からそんな事言われなくても!」なので、手短に。
  
  携帯電話という情報端末により、彼女は、極めて簡便に、そして、
  速報性の高い情報を手にしました。しかし、自分自身のキャパシティ  
  をこえる情報を手にし、混乱し、結局、勉強は、手につかず、貴重な
  試験前の1時間を無駄にしました。

 ■完全なる情報過多■

  私自身、未熟ゆえよく陥っております。
  ぜひともお気をつけ下さい!

   そして、失礼ながらの言ですが、

   「己を知ること」も!

   恐縮です。      
    
  しかし、彼女も、日本の21世紀を担う、貴重な存在です。たまたま
  その時は、パニックを起こしてしまったのかもしれません。
  
  そして、思いました。

   ★この子に優秀なリーダーがついていればと・・★

  彼女の健闘を祈ります  

  さて、1987年の今日、あの石原裕次郎さんが亡くなった日です。
  あるコーヒーメーカーのCMに登場したりと、今もって、その存在た
  るや大きいものです。
  私は、幼い頃にみた『太陽に吠えろ』のイメージしかないのですが、
  わたくしにとっての、“ボス”というものの一つの型は、あれが原点
  になっている気がします。

  “決して多弁ではないが、いつも、部下のことを気づかっている。”

  そんなイメージがあります。

  最後になりましたが、本日、今日、この日。
  あなた様がリーダーシップを発揮され、情報過多におちいり、混乱し
  ている部下を救い、ますます躍進されることことを心よりお祈り申し
  上げます。
  
  本日は、これにて失礼します。

                               敬具
               
   平成十五年七月十七日                
                           
                           松山 淳より

===================      
 ◆自問◆

 1)私は、安易に情報を集めてすぎてないだろうか?

 2)私は、情報を“切り捨てる”という意識があるだろうか?

 3)私は、部下を気づかっているだろうか?

※今すぐ、目をとじて30秒だけ考えて下さい。今すぐ!席をたたないで!
 答えは、でなくていいのです。それについて、考えるだけでいいんです。
 目を開けたら、一番下までスクロールして、その言葉を読んで下さい!

======================

 ◆102℃ WORD◆

 「人生悔いなく!であれば、今の自分に悔いはないか!」

======================

 ◆追伸◆
    
   枝廣淳子様から、広告掲載ありがとうとのメッセージを頂きました。
   そして、昨日、何人かの方が、早速、購読を開始されたそうです。
   もし、こちらから、登録された方がいましたら、心より御礼申し
   上げます。ありがとうございました。

   〜最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございます〜

*******************************

■発 行 者:アースシップ・コンサルティング  松山 淳
■U R L: http://www.earthship-c.com/
■叱咤激励: j@earthship-c.com
■疲れた方:『そこにある優しさ』
       http://www010.upp.so-net.ne.jp/SOKOYASA/
■発  行:まぐまぐ(http://www.mag2.com/)
      melma! (http://www.melma.com/)
      Maky! (http://macky.nifty.com/)
      Pubzine(http://www.pubzine.com/)

■部  数:673部(03.7.17時点)
 
 ※本メルマガの著作権は松山にあります。文面について、社内資料、アル
 バイトへの配付資料などに対して許可なく使用した場合、私は喜びます!
 ですので、どんどん使って下さい!みんなで明るくがんばりんましょう!

*******************************

【ことば】「他に選択がないとき、心は驚くほど、明晰になるものだ」
 (ヘンリー・キッシジャー)


 我が子4才。おもちゃがないと、
 ボールペンをロケットにして、延々と遊んでいます。
 情報に、情をいだくのはいかがなものか?
 日本を元気にするのは、間違いなく、リダーであるあなた様です!
 さー今日も1日。がんばりましょう!!!


松山 淳 JUN MATSUYAMA松山淳顔写真

世界の企業がリーダー研修で使うMBTI自己分析メソッドを用いて、その人らしいリーダーシップを発揮できるようサポートしている。リーダーシップ研修、個人セッション、講演を行い幅広く活躍中 >>>プロフィール

MBTIのリーダーシップ研修

リーダー層のマインドセットをチェンジする。世界50ヵ国以上の企業が導入するMBTI自己分析メソッドを活用したリーダー研修。資料(PDF)をメールいたします!

サーンバントリーダーシップ研修

「強さ」「有能さ」を全面に押し出すのはなく、「支える」ことでフォロワーたちを導くリーダーシップ・スタイルがあります!女性管理職、次世代リーダーに向いたリーダーシップとして好評!

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com