職務特性モデル(ハックマン=オルダム・モデル)
Job Characteristics Model

  HOME >リーダーシップ・コラム>15.職務特性モデル(ハックマン=オルダム・モデル)
リーダーシップ・コラムのイメージ画像


 リーダーの役割に、フォロワー(部下)やチーム・メンバーのやる気(モチベーション)をマネジメントすることがあります。モチベーションが何によって左右されるのか、その答えは多様です。

 心理学者J・リチャード・ハックマン(J. Richard Hackman)と経営学者グレッグ・R・オルダム(Greg R. Oldham)は、モチベーションを考察する上で、仕事の特性に着目し「職務特性モデル」(Job-Characteristics-Model)として理論化しました。

 「職務特性モデル」では、職務における「5つの特性」が、モチベーションを左右する要因として考えています。

1)技能多様性(Skill Variety)    4)自律性(Autonomy)
2)タスク完結性(Task identity)  5)フィードバック(Feedback)
3)タスク重要性(Task siginificance) 

 以上の「5つの特性」を満たすことによって、「有意味感」「責任感」など、ある特定の心理状態が発生し、モチベーションや仕事の成果につながっていくと考えます。ハックマン=オルダムは、この流れを数式化しました。

MPS「Motivating Potential Score」の数式

 MPSとは「Motivating Potential Score」の頭文字をとったものであり、「モチベーションが引き出されるスコア 」のことです。5つの特性がどのように組み合わさるかによって、人のやる気の度合いに差が出てきます。

 では、「5つの特性」について説明していきます。

 ここでは、「ハガキに切手を貼る」という仕事内容と比べながら、職務特性モデルの「5つの特性」について理解を深めたいと思います。

1)技能多様性(Skill Variety)

 就業時間中、ハガキに切手を貼る続ける作業は、極めて「単調」「単純」です。単純な作業を反復することは、仕事の面白みを劣化させてモチベーションをダウンさせます。技能多様性(Skill Variety)とは、自分の持つ多様な能力が発揮される特性が仕事に内在していることです。切手を貼るだけでなく、企画を考えたり、プレゼンしたり、交渉したり。多様な力を活用している時、人はやる気を維持できます。


2)タスク完結性(Task identity)

 ハガキに切手を貼るのは仕事の一部です。何かの目的があって切手を貼ります。例えば、顧客へDMを発送するとします。自分が企画をたて上司に承認され、DMデザインを考え、デザインが決定されハガキができあがります。そのハガキを郵送するために切手を貼ります。その後、顧客からレスポンスがあり成果となって現れます。こうして仕事の「始まり」から「完結」までの流れ全てに関わる形になれば、プロセスの一部に過ぎないあまりに単純な切手貼り作業も意味が違ってきて、仕事の意味を感じられるようになります。この「意味がある」という感覚は、モチベーター(やる気の要因)のひとつなのです。

     

3)タスク重要性(Task siginificance)

 切手を貼る作業はとても大切なことです。それなくして顧客にDMは届きません。しかし、所属する職場で「切手貼りは、誰にでもできる単純な作業だ」と見下されていたらどうでしょうか。「あんな仕事なんて、誰にだってできる」と・・。反対に、「切手貼りは大切な仕事だ!」と職場で重要視されていたらどうでしょう。自分が、「重要な仕事をしている」と思えた時に「自己重要感」が満たされて、「モチベーション」は維持されます。

 

4)自律性(Autonomy)

 自分がする仕事に意思決定権があると「自律性」が確保され、モチベーションに好影響を与えます。自分のやり方で仕事を進められ、上司から「あーだ、こーだ」と細かいことを指図されない状態です上司から仕事を任せられている、ゆだねられている状態です。自分のすることは自分で決める「自己決定権」は、やる気を引き出す要因です。


5)フィードバック(Feedback)

 自分が行った仕事に対してフィードバックがあり、「手ごたえ」を確認できるか否かはモチベーションを左右します。上司の評価、お客様からの感謝の言葉、営業成績など、自分が行った仕事に対して、何らかの結論、評価、反響を知ることが大切です。上司に提出した書類や企画が、「どういった使われ方をして、どう役に立ったのか?」について結果がわからないと、人は不安や虚しさが募りモチベーションをダウンさせます。反対に、上司から報告があり、それが成功であれば達成感が生まれますし、失敗とわかれば反省し次の行動につなげようとします。フィードバックはやる気の重要な要素です。

 MPS(Motivating Potential Score)の数式が現実的であるか否かは別にして、「5つの特性」を自分の仕事にあてはめて考えてみれば、「5つの特性」がモチベーションに関連していることは理解できます。

  リーダーが微に入り細に入り指示命令をするマイクロマネジメント型だと、部下がリーダーに依存するようになります。リーダーの指示がなければ行動できない人材になってしまいます。短期的に仕事の精度を維持できるかもしれませんが、モチベーションは凍結状態となり、長期的な視野から見れば、部下の自立心が劣化し組織力は低下します。

 リーダーシップとは組織の目標を達成するための良好な対人影響力のことです。リーダーがよりよい影響力を与えている状態とは、つまり、部下のモチベーションが維持できている時です。よりよいリーダーシップの発揮のために「5つの特性」をチェックリストとして活用することができます。 セルフチェックをしてみて、スコアが低いと感じられる特性を改善すればリーダーシップの強化につながります。ぜひ、ご活用ください。

(著者:松山 淳)

『人事マネジメント』連載原稿(No.1〜No.6)プレゼント中!
   〜人事で大切なことはすべてアニメ・映画が教えてくれた〜

Google+

MBTI®のリーダー研修

国際的な人材開発メソッドMBTI®による自己分析を活用し、リーダー層のリーダーシップを強化するプログラムです。

リーダーシップの講演

経営学、心理学、歴史など様々な角度からリーダーシップを解説し、リーダー・マインドを育成する講演です。

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com