AKB48高橋みなみのリーダーシップを考える

  HOME >リーダーシップ・コラム>10.AKB48高橋みなみのリーダーシップ
リーダーシップ・コラムのイメージ画像

 子どもからお年寄りまでAKB48の存在を知らない人はいないであろう。まさに国民的アイドル・グループとしてテレビ、ラジオ、雑誌に欠かせなさい存在となっている。

 プロデュースは秋元康氏であるが、総監督としてグループを率いているのは、「高橋みなみ」というリーダーである。

 筆者は、AKB48をよく知らなかった。自己の盲点に意識を向けるアンビデクストラス・シンキング「二刀流思考」の一環として、ある時、AKB48のドキュメンタリー映画を観賞した(2012年)。

 『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』と『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会)の2作品である。

 そのDVDで「高橋みなみ」というリーダーの存在を初めて知り、リーダーとしての才覚に、驚いた。まさに「リーダーらしいリーダー」がそこにいた。

 仲間とともに笑い、泣き、そして時に厳しい言葉を口にできる高橋みなみは、優れたリーダーのお手本であろう。

 高橋みなみは映画のなかで、かつての自分が「リーダータイプではなかった」ことを告白している。

 リーダーシップは、先天的? or 後天的?

 この問いによく巡り合う。私は「リーダーシップ後天論」をとる。

 個別相談やリーダー研修を行い、リーダーシップが後天的に開発されていく様を実際に見ているので、尚、そう考える。 

 AKB48のドキュメンタリー映画でみせる高橋みなみのリーダーシップは、「リーダーシップ後天論」の証左として貴重なものだと思う。

 拙著『バカと笑われるリーダーが最後に勝つ』(ソフトバンク新書)にて、坂本龍馬やスティーブ・ジョブズとならべAKB48高橋みなみのリーダーシップについて述べた。本には記していないが、映画でみた高橋みなみのリーダーの姿から強く感じるのは次のことである。 

 リーダーシップは「信念」と「覚悟」に左右される

 
 「信念」と「覚悟」。
 
 いずれもリーダー論としては定番のキーワードである。

 高橋みなみは優しい。時に、厳しく人にあたることができる。それは「嫌われる覚悟」をもっているからだ。

 また「嫌われる覚悟」を支える強い「信念」をもっているからであろう。

 周りのメンバーたちは尊敬の念をもってリーダー高橋みなみを認めている。

 「『たかみな』(高橋みなみの愛称)は、すごい」
 「真似できない」

と、AKB48の大島優子や篠田麻理子や小島陽菜が、ため息まじりにインタビューに答えていた。

 リーダーシップを考えていく時に、その人を支える「信念」は今後ますます重要な概念としてクローズアップされていくと思う。

 高橋みなみは、AKB48の枠を超えたリーダーとして今後、活躍していくことだろう。期待したい!

 

【参考文献】
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』
『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』
(C)「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会)

(著者:松山 淳)

MBTI®のリーダー研修

国際的な人材開発メソッドMBTI®による自己分析を活用し、リーダー層のリーダーシップを強化するプログラムです。

リーダーシップの講演

経営学、心理学、歴史など様々な角度からリーダーシップを解説し、リーダー・マインドを育成する講演です。

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com