リーダーの言霊
From Leader to Leader

HOME > リーダの言霊>第5回 リーダーの言霊 (株)プラウド 石山光博社長(1)
(株)プラウド 石山光博社長「数字は嘘をつかない」画像

(株)プラウドのホームページ画像(株)プラウドは、「ドライバー派遣」のパイオニアとして様々な業態を展開してきた。
 

 経営理念は、「株式会社プラウドは総ての人々の働く喜びと、感動と、感謝、そして、物心ともに豊かな生活を追及します」。

 「ドライバー派遣」という新たな業態を確立し、その道を切り開いてきた石山社長は、どのようなキャリアを経て現在に至っているのか。経営者として大切にしていることや、そのキャリアの軌跡に耳を傾けた。


 


松山 (株)プラウドを創業されたのは2000年とのことですが、それまでどのようなキャリアを歩まれてきたのでしょうか?

石山 私は22歳まで、バンドマンとして活動していました。音楽で食べていけたらと思っていたのですが、残念ながらその夢は叶うことなく、仕事を探すことになりました。

 何の仕事に就こうかと迷いましたが、就職情報誌をみると佐川急便が社員を募集していて、これなら自分でもできると思いまして、面接を受けました。そうしたら無事に受かり、佐川急便で働くことになったのです。それが今から28年前のことです。

 

松山 28年前というと1984年のことになります。佐川急便は今ではテレビCMも洗練されていて、いいイメージをもっている人も多いと思いますが、当時はどうだったのでしょうか?

石山 私が入った頃、ちょうど佐川急便は近代化を図ろうと必死になっている頃でした。正直いって、行儀のいい人ばかりだったとはいえないですね。

 夜の12時頃に仕事が終わって上司と飲みに行くと、夜中の3時頃になるのは当たり前で、それで次の日、朝の6時には出社して仕事をしていました。睡眠時間は長くて5時間で、3時間ぐらいは普通のことでした。まだ20代で体力がありましたから、それでもったといえるでしょう。

 

松山 佐川ではドライバーとして働いていたのでしょうか?

石山 そうです。20代の頃はドライバーとして自分の担当エリアをひたすら回っていました。30代になって係長という30名ぐらいのチームを率いるリーダーになりました。

 佐川の支店の組織構成は、支店の規模にもよるのですが、店長がいて課長がいて、その下に数人の係長がいるという形です。この中で実質的にチームに対して責任を負い、最前線にたっているのが係長ということになります。

 係長は管理職という立場でメンバーをマネジメントしつつ、ドライバーの仕事もします。いわばプレイングマネジャーとして、なんでもできるスーパーマンみたいな存在であることを求められます。

 

松山 スーパーマンとは、さぞ激務だったと思いますが、リーダーとしてその頃、どんなことを学んだのでしょうか?

石山社長(1)石山 体力的に非常に厳しい仕事でしたが、今、私が会社を経営するにあたっての全てを学んだといえるのではないでしょうか。請求管理票は当時まだ手書きでしたし、銀行振込よりも、コースによっては集金のほうが多かったですね。

 すると請求に対しての回収率がどうなのかがわかります。回収率は係長として評価の対象になっていましたから、平日の休みに出社して回収業務だけするということもしました。

 社内のいろいろなことが、今みたいにIT化されシステマティックになっていない時代でしたので、汗をかき、からだを使ってお金の流れを学べたことがとてもよかったですね。

 他には、ドライバーの使い込みをチェックしたり、やくざが絡んでくるような部下の私的なトラブルを解決したりと、ほんとにいろいろなことに対処したのです。

 佐川を辞めて学んだことは、経理ぐらいですかね。佐川で係長というポジションを務め、リーダーシップを発揮しながら悪戦苦闘した経験があるからこそ、今、経営者としてやっていけているのだと思います。

 

 実は、物流業界で起業する人は佐川急便出身者がとても多いのです。「石を投げれば佐川にあたる」といわれるぐらいです。仕事が厳しい反面、それだけ学びは大きいということでしょうね。佐川には37歳まで勤めましたが、12年区切りで考えると、いろいろと学ぶにはいい時期だったのだと思います

 

松山 12年区切りといいますと?。

石山 12歳までは「子ども」で、24歳までは「小僧」で、36歳までが「仕込み」の時期で、36歳以降は、「一人前」として世の中に恩返しをしていくという考え方です。

 佐川には15年間勤めまして、後半は支店の立ち上げ業務に携わったり、新人研修の講師を務めたりしました。この12年区切りの考え方でいくと、ちょうど36歳頃までに「一人前」として育ててもらったなという感じです。まあいろいろと厳しいこともあったので、愛憎半ばという面もありますが(笑)〈next page



MBTI®のリーダー研修

国際的な人材開発メソッドMBTI®による自己分析を活用し、リーダー層のリーダーシップを強化するプログラムです。

リーダーシップの講演

経営学、心理学、歴史など様々な角度からリーダーシップを解説し、リーダー・マインドを育成する講演です。

アースシップ・コンサルティング・ロゴ

アースシップ・コンサルティング
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-6-4 TEL&FAX(03)3725-4277

e-mail:j@earthship-c.com